2010/10/21

黄金の豚  

税金の不正使用を政治家や役人に問いただす、37歳のヒロインが現れた。仮釈放中の元詐欺師、堤芯子(篠原涼子)は、スカウトされて会計検査庁特別調査課に就職する。社会福祉庁長官が、老人施設を舞台に、税金を食い物にしている疑いが浮上。芯子は、大物相手に及び腰の、角松一郎(大泉洋)ら、同僚を鼓舞し、証拠探しに乗り出す。この物語りのモデルは、会計検査院、国家予算の金庫番だ。強制捜査権のない役人が、悪党政治家に、どのように立ち向かっていくのかが見どころ。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ