2011/12/2

萩を揺らす雨  

「紅雲町珈琲屋こよみ」という副題がついている、吉永南央著「萩を揺らす雨」を読んでいる。オール読物推理小説新人賞に輝いた人気小説、文春文庫から11月に第9刷が刊行されている。小粋なおばあさんが、解き明かす日常の謎、老いの影も主人公の草に描かれているが、気丈に自立して生きてゆく姿に、思わず拍手を送りたくなる。おばあちゃんノート拍手
0
タグ: 吉永南央




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ