2011/12/8

家政婦のミタ  テレビ

衝撃的な過去を告白して、恵一の家を出て行ったミタは、隣家の家政婦となって、一家心中の依頼を受けるが未遂に終わり、自らの命を断とうとした。その時、元雇い主の4人の子供が、ミタの手にすがって、自殺を押し留める。それぞれの名前の力を使い、ユイ=みんなを繋ぎ止める、カケル=助けに駆け付ける、カイト=一番良い答えを見つける、キイ=未来の扉をあける鍵になる、亡き母が付けた名前通りに育っている子供達が魅力的だった。代理でやって来た、家政婦の三田タミもコミカルな雰囲気で、ドラマを明るくしてた。初めて声を荒げて怒りの表情を見せたミタ、一筋の涙を流し、カバンも万能でないことを示してくれた。亡き夫と子供の幻想と、恵一の義妹の告白、来週も見逃せない。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ