2011/12/27

六代目 三遊亭圓生  趣味

昭和30年ごろからの独演会で、芸が目覚ましい勢いで、充実していった六代目 三遊亭圓生は、上に目標とする文楽、志ん生がいて、下から追い上げて来る三木助、古さんに負けまいとする迫力があったと、近頃亡くなった圓楽が語っている。50代半ばでメキメキと実力をつけていった圓生の「文七元結」は、人情にあふれた、絆を感じさせるいい物語だった。ラジオTдT
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ