2012/1/28

五代目 古今亭志ん生  文化・芸術

昭和36年12月15日、読売巨人軍の優勝祝賀会で脳出血をおこし、生死の堺をさまよいながらも回復した、志ん生の病気以前の「稽古屋」「道灌」、病後の「風呂敷」をCDで聴いた。元気なころの勢いを知らない私には、全盛期の語り口調と、病後の口調にあまり変化を感じない。耳だけで鑑賞している方が、落語の醍醐味が味わえるようだ。CD
0
タグ: 稽古屋 道灌 風呂敷




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ