2014/11/30

G海峡  演劇

劇団カムカムミニキーナ本公演「G海峡」をABCホールに観に行って来た。古事語り部座のメンバーと福島駅で待ち合わせ、昼食をとり、お茶をしてから、万全の態勢で、劇観賞にのぞんだ。過福はあざなえる縄のごとし、1万年の時を、青森、北海道、千島列島、カムチャッカ半島、ベーリング海峡、アラスカを舞台にエンゾとツキノエが駆け巡る。いろいろなところで、波に火に、海峡に、動物に、舟に、その他多数にみたてられた縄(縄文時代の象徴)が大活躍、縄師のごとく、縄さばきが鮮やか、劇団員の努力と練習の成果が、すごかった。米田弥央さんに、劇を観終わってからお会いした時に、「ひろぴん日記」読んでるよって言われた時には、とびあがるほどうれしかった。今後も精進して書き続ける決意を固めた。虹
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ