2017/7/26

タップダンス部  演劇

アスモの4階は熱気にあふれタップシューズの音が響きわたっていた。火曜日の夜、古事語り部座のしゃけさんがはじめた、タップダンス部の練習も5回目になり難度が増してきた。とにかくリズムが早くて、ステップがどんどん遅れてゆく、足が思うように上がらない、跳んでいるつもりなのに音が鳴らない、体重移動とリズムが勝負の分かれ道のタップ、先生のように踊れるのはいつの日やら、汗かき損のくたびれもうけにならないよう練習あるのみ。バニー汗
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ