2007/5/26

アムリタ  

吉本ばなな作「アムリタ」を読み終えた。上、下2巻の文庫本だが、ばななさんの持つ独特の世界観に引き込まれた。アムリタとは、神様が飲む水のことだそうだ、甘露な、毎日ゴクゴク飲む水のように、人生は過ぎてゆくと作者は言っている。「ハネムーン」や「ツグミ」も読んだが、不思議な人が多く出てくるのに、さらっと日常を書いているところに魅力を感じる。
0



2007/5/27  5:43

投稿者:ひろぴん

richt様
コメントありがとうございます。
スピリッツに溢れすぎている傾向がありますが、ばななさんの作品は、読むと、心が解放されたようになりますね。

2007/5/26  20:55

投稿者:richt

はじめまして。
めっちさんのお友達のrichtです。
わたしもよしもとばななさん好きです。
スピリチュアル系の内容がいやされますよね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ