2007/5/30

乙一  

角川文庫の「さみしさの周波数」乙一(おついち)作を読んでいる。かわいいイラストがついているのだが。内容は心霊写真や未来予報であったり、少々コワイ、1978年生まれの作者の文章は、主語が時々、意図的にかくされていて、読み手を引き込んでゆくようだ。
0



2007/5/31  5:25

投稿者:ひろぴん

めっち様
かなりの読書家ですね。
オススメの本、読んでみます。

2007/5/30  20:07

投稿者:めっち

乙一作品でしたら、他に「暗いところで待ち合わせ」や「失はれる物語」もおすすめです。
興味があったらぜひ読んでみてください。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ