2021/2/21

古事語り部座稽古  演劇

天孫降臨されたニニギノミコトとサクヤヒメの間に海幸彦、山幸彦が生まれ、台本の179ページまでの振りが付いた。物語は後半、いよいよ神武天皇が登場して「ふることぶみ」のお芝居は終わる。今までの物語を復習して、3月の終り頃には通し稽古が出来るようにと、松村さんからの指示が出た。頑張らねば。バニー♪x3
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ