ORLANDO TAIKO DOJO in Florida




If you would like to know more about the performances of

Japanese Taiko Drumming Group MATSURIZA,

please visit :

www.matsuriza.com




 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lala
たくさんの方から本当に温かい言葉をたくさんいただいてます。
とても感謝をしています。

外出先から帰って来て、玄関を開けるとそこにはまだ、lalaがいるようで...。

lalaはもういないんだと思っても、温もりを感じます。不思議ですね...。
投稿者:Dia
そうだったんですね、、、。びっくりしました。私も17年一緒に過ごしていた家族クロ(犬)を亡くしました。2匹飼っていてシロはクロよりも早く去ってしまいましたが、シロの時は私は沖縄、クロの時は私はアメリカでの仕事だった為どちらも見守ってあげる事は出来ませんでした。でも不思議な事で、ふっと実家に電話してみようと思ったら丁度息を引き取った時だったんです。不思議ですが、きっと私にお別れにきたのかなと思います。ララちゃんは石倉さん家の皆様に見守られ、とても幸せだったと思います。「子供を生んだら犬を飼いなさい。赤ん坊の時は良き守り神となり、幼児期には良い遊び相手となり、物心がつき大人になり始める頃、自分の死をもって命の尊さを教えるでしょう。」とこんな内容の言葉があります。そして私はその後も見守ってくれていると信じています。うちのクロとシロとララちゃんが向うの世界で出会っていれば良いですね
投稿者:YOSHIHIRO
スピリチュアルな言い方をすれば、lalaちゃんの事を忘れてしまうと魂は完全に消滅してまた新しい動物に生まれ変わり、いつまでも忘れなければ天国で再開出来ます。
それまで必ず待っていてくれます。
投稿者:yodobashi
つい先日、ララの夢を見ました。夢の中でも、ララはすでに他界しておりましたが、何故かそこにいて、頭をなでている自分がいました。手には、触った感覚も残っています。不思議です。
まだまだ私は長生きすると思いますが、いずれ向こうへ行くときまで、lalaは待っていてくれるでしょうか。
投稿者:YOSHIHIRO
可愛がったペットは、家族の因縁や災いを
もって天国に行くそうです。そして何時の日か天国で再開するまで待っていてくれる
と言われています。元気をだして心の中で
いつもララに話しかけてあげてください。
投稿者:Sgumi Izumi
ララちゃんは、きっとまた子犬の時みたいに自由に走り回っていますよ。2度くらいしか会う機会がなかったですが、とても優しそうでしたね。うちにも15才と16才になる猫が2匹おります。いつも、後どれくらい一緒にいられるのかなあと思ったりします。一緒にいられる時を大切にしたいですね。
『今死んだ どこにもいかぬ ここにいる 尋ねはするな物は言わぬぞ』
一休禅師 最後の言葉です。
私の大好きな俳句です。父が他界した時にある方から教えていただき、とても救われました。本当にこの一休さんのいう通り、そばにいますからね、ララちゃんも。

http://japaneselesson34747.com
投稿者:焼 肉子
ララは本当に千の風になったのでしょうね。
その曲が流行したとき、ハマったゆうこさんに歌詞を教えてもらいました。
「お墓の前で泣かないでください。
 そこにはいません。風になりました」
みたいな内容でした。
ララは風になって、いつでも石倉家の周りで吹いていることでしょう。
朝、石倉家に行くと玄関で迎えてくれてましたよね、ララ。今度からは姿は見えなくても感じられるでしょう。
ララは天国でも石倉家から受けた愛を絶対忘れないでしょうね。
投稿者:かぶと虫
死んだ時に、泣いてくれる人、いろんな事を思い出してくれる人、そういう人達の中で共に過ごしていたララは、幸せだったんだろうなと思います。
天国に行く途中で我が家にも少し寄り道してくれたような、そんな感じがします。
投稿者:yodobashi
先週の金曜日はとてもたいへんな一日でした。朝早くに家族みんなでララを連れて行き、お別れを言った後、涙が止まらないまま、学校へ行きました。とてもつらかったです。おかげで、私は泣きながら登校しました。こういうときだけは、アメリカに住んでいて良かったなと思いました;泣きながらクラスに入った私をみんな心配してくれて、HUGをしてくれました。ちなみに普段、私はこういう行為を一切好まないタイプです。でも、この日だけは特別でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ