2009/6/18

今年のumiは・・?  ★おかんのつぶやき

umiは宮古で生まれ宮古で育った宮古人。
だけど、私達は内地出身。だから、
祖父母は近くに居ない。その上、二人共
自営業だから、労働時間も決まって無い。
まあ、だからこそ、二人だけで子育て
出来てきた所もあるんだけど。

だからumiは、保育園や幼稚園などの学校
以外の時間をtaka's parlorで過ごしてた。
赤ちゃんだった頃は、土日祭日と一日店に
居る日は、手伝いの子が誰か居ないと無理
だった。3,4歳の頃からは、umiが店の
お手伝いをするようになって、お手伝いも
umiの遊びのひとつになった。そしたら、
知らない間にumiがtaka's parlorの看板娘に
なっていた。INOCCHIのツアーのお客さんの
子供達も毎年umiと遊ぶのを楽しみにして
来てくれる子がいる。

私は店から離れられないから、親同士の
付き合いの中で送り送られってお友達と
遊ぶって事がほとんどなかった。かわいそうに
思う事もあったけど、それも各家庭の事情
だからしょうがない。その分、店でいろんな
子供達と遊べたり、おもしろい大人が遊んで
くれて、店に来てるからやれる事も、それは
それでいっぱいあったりしね。

幼稚園に通うようになって、学童に行き始め
新しい遊び場所と、新しいお友達が出来て、
これまた、とっても楽しかったみたい。

そして、小学生になったumiは、学校と学童と
習い事で忙しくなって来た。いろいろもまれ
ながらも、自分でお友達を探し、がんばってる。

小学生になってからは、近所のお友達とも、
自由に遊びたくなって来た。只今umiは思案中。
多分ね。

umiが成長していく中で、私が一番に思ってる
事は、自分で何でも出来る事、自分で考えて
自分で決めて行ける事。だから、学童を
やめるもやめないも、休みの日に店に来るも
来ないも、自分で考えて決めるように言った。

もう小学生だから、親が介入しないで、お友達と
遊べるよう、今年は約束事をいくつかしている。

お友達の家に行く時は、家の電話番号を書いた
紙を持たせ、何時に帰って来るか決めてから
行く。もちろん、遊んでいいか家の人に聞く。

うちで一緒に遊ぶ時は、その子の家の人に
何時まで遊んでいいか聞いて、umiの家の
電話番号を教えて来る。

お休みの日、店で一緒に遊びたい時は、
その子の家までお迎えに行って、一緒に
歩いて店まで来る。店はお母さんの仕事場
だから、店で遊ぶ時はお母さんの邪魔を
しないように、友達同士でちゃんと遊ぶ。
お客さんの子供がいたら、一緒に遊ぶ、etc。

店で遊ぶ時は、面倒くさい決まり事が
いっぱいあるけど、それが嫌な子は来ない
だろうし、umiだって嫌ならよそで遊ぶ
ようになると思う。店が家ではない以上
それはそれで仕方が無い。

そして、そこからは、umiが考えて決めて
いく事だと思ってる。しばらく様子を
見てようと思っております。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ