ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2005/4/26

"ベルリン、僕らの革命”  ドイツの話題

前にも書いたドイツの映画、"ベルリン、僕らの革命”がいよいよ封切り間近!です。
タイトルだけでは、ベルリンの街中で若者が繰り広げる騒乱・・・というイメージですが、
試写を見た印象では原題の"THE EDUKATORS”の方がしっくりくる感じでした。

思想を行動に移して社会を変革していこうとする主人公たちの姿には、重苦しさどころか
清々しさが感じられて、映画のテーマそのものを堪能したのはもちろん、個人的には、
彼らの着ているもの、食べるもの、日常の行動範囲、それにお金持ちとされる人たちの
服装や立ち振舞い、私宅のインテリアや高級レストランでの雰囲気など、細かいところが
いちいちリアルで多いに共感しました。日本のドラマに見られがちなうそ臭いシーン
(追いつめられた生活をしているはずなのに美容院帰りのような整った髪形に美しく
マニキュアされた爪の主婦とか、小学校高学年の子どものランドセルが真新しいとか)
もなく・・・・

なかでも、仕事柄印象に強く残ったのは朝食のパン。革命児もパンにはやっぱりジャム
ですか?というくらい、ジャムをつけてむしゃむしゃライ麦系のパンを食べていたのですが
ゼンメルにハムやチーズをのせて食べると金持ちっぽくなりますから、その辺はウマイな
と思いました。そこで、タンネではまさにその朝食シーンをセットにし、「The Edukators'
Set」と名付けました。各種のライ麦パンにバターとジャムを添えて、ドリンク付500円
(税込)という、カフェのメニューです。映画の半券をお持ちになった方へは、ドリンクの
お代わりをサービスいたします。映画公開中の期間限定セットです。

このゴールデンウィークの予定がまだお決まりでない方、是非、Bunkamura ル・シネマ
へお出掛けください(そして半券を持って連休明けにはタンネへ行きましょう)。映画の
ホームページは、 http://www.bokuranokakumei.com
上映スケジュールは、 http://www.bunkamura.co.jp でご確認ください。

最後に、もっと個人的なことを言えば、主演のダニエル・ブリュール、とっても魅力的
でした。彼の「グッバイ、レーニン!」を見逃していたので、なんとしても見たい!
新作も見たい!と思っています。
1



2005/4/27  9:51

投稿者:Schneeさん

「飛ぶ教室」「グッバイ、レーニン」と見たので次はこの映画かしらと思ってました。GW中に見てその後半券持ってうかがいますね♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ