ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2008/6/3

満15年  ちょっと余談

今日は6月3日です。
1993年の6月3日は大安の金曜日でしたので、それまで繰り返した試運転を経て
その日をタンネの正式オープンと決めました。当時の店は、現在の浜町店の裏にある
製パン工房の約3分の一、道路側の部分を細長く利用したものでした。

当時の店舗と工房はガラス戸一枚で仕切られていたので、大きな体格で元気に
パンを焼くドイツ人マイスターの姿を珍しくご覧になりにいらした方も多かったと
思います。それに加えて、店頭に並ぶパンの数々に、「いったいどんな味のするパン
なんだろう・・・」と頭をかしげるお客様も決して少なくはなかったです。

まずは、パンの扱い方、食べ方、相性のよい素材など、いろいろご説明することから
始まりました。「まぁ召し上がってみてください」といえば済むほど、簡単では
なかったように思います。

1998年には、美味しいドイツ式のコーヒーと、直輸入の有機チーズとパンとを
一緒に召し上がっていただけるカフェを併設した人形町店をオープンさせました。
地下鉄駅に近い(人形町・水天宮前駅から徒歩3分)など、すぐ近くに2店舗あっても
それぞれ別の役割を果たしながら今日までやってこられました。

その後、2006年には、浜町店を旧店舗の隣地へ新築移転し、翌年には工房を
全面改修いたしました。その間、材料費・包材費の連続的な値上がり、ユーロ高の
影響を受け続けながらも、変らない本式のドイツパン作りに工夫を重ねてきた
つもりです。この頃では、「ドイツより美味しいドイツパン」というお褒めを
在日のドイツ人から頂戴することがあり、嬉しい限りです。

簡単に振り返ると、こんな15年間でしたが、もちろん書ききれないほどいろいろな
ことがあり、そうして多くの方のお引立てをいただいて、店の基盤がようやくしっかり
できたように思います。今後は、この基盤をしっかりと守り、一日、一ヶ月、一年、
と、少しずつコツコツやってまいる所存です。

これまでの感謝と、これからもたくさんのドイツパンをお召し上がりいただけるよう
願いをこめて、昨日からサービスウィークを行っております。あいにくのお天気ですが
昨日も予想以上に多くの方にご来店いただき、すでにクジ引きをお楽しみくださった
方もたくさんいらっしゃいました。6日間のうちに商品が品切れになることはありません
ので、ご都合のよろしい時に、是非、ご来店くださるようお待ちしています。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ