とりあえず、のブログ

正直いろいろありましたが,どうするか不明です。的なブログです。

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
 ふっとさん、コメントありがとうございます。
 確かに、経営上の判断やキセル防止といった問題は
分かりますが、それよりもそれまでの過程で失敗した
箇所はなかったかどうか、といった検証がなされたか
どうか疑問な部分はあると思います(谷汲線しかり、
岐阜市内線しかり、他諸々ですが)。
 これは、現在懇談会が行われている名古屋市交通局
などでも同じ傾向にあると思いますが、資本を有する
上の独占的責任にしては、その使命の重さを十分理解
出来ているかという点で多少疑問があります。(独占
が独断になっている部分もありやなしや)

 名鉄の布土駅の場合はダイアバランスの悪さがその
まま今日まで続いたため、利用者がクルマに流れるか
(既に流れていたかも・・・・・・)隣の急行停車駅
へ利用を変更したと考えた方がいいかもしれません。

http://www.geocities.jp/meglus_stage/
投稿者:ふっと
名鉄は、お客を増やす努力が足りない。駅前を開発したり、魅力ある店を出したり。利用客が少ないから駅を減らしていけば・・・自分で自分の首を絞めている。土地が底値のいま投資・開発するタイミングだったのでは。ふっと駅周辺なんか、住宅候補地かなりあるよ。買いたい人はいるし。空気はいいし、風もさわやかで海も見えて住むには最高です。災害などあまり心配もないし(台風のときちょっと風がきついかな)治安もいいです。ふっと駅まえの名鉄テニスクラブだった土地は今は自治体のものか不明ですが、宅地化すれば良いと思います。なにせ潮干狩り・海水浴・ハイキングできて最高です。蛍が飛ぶし、かぶとむし・くわがたの取れる場所も近くにあるし・・・良いですよ。
投稿者:ふっと
布土駅利用しているものです。はじめまして。まったく りふ(竜)=なごやん管理人さんの見解と同感です。駅集中管理システム1駅2億円つまり276駅で約600億ですよ。次は、従業員削減。さらなる駅廃止という流れは加速することが簡単に予想されます。無人駅はそのまま残して車掌が確認すれば現状と同じコストで終わるのに。公共の使命を果たさない会社は、監督官庁から指導が無いとだめですかね。
 名古屋様、ありがとうございます。
 実は、西枇杷島駅あたりを調べたことが有ります
が、一見すると路面電車あの専用軌道的な雰囲気のと
ころですが、ここを特急が走りますから
ね・・・・・・。
 複々線自体が建設コストのため断念したそうです
が、もう少し先を見て考えれば、名古屋までの複々線
は必要だったのでは?と感じます。

 それよりも、一宮&津島〜県庁方面のアクセスがま
どろっこしいところも問題でしょう。出来れば須ケ口
から名古屋市役所方面への別線アクセス、ということ
を考えた方がいいのだろうと思います
が・・・・・・。

http://www.geocities.jp/meglus_stage/
投稿者:名古屋
名鉄名古屋駅周辺にも、周りは人口密集地帯なのに利用者少ない駅沢山有ります。西枇杷島駅、新川橋駅、丸の内駅、呼続駅、瀬戸線東区内等有ります。これは、ライバルのJR、地下鉄、市バスが影響してます。特にJR枇杷島駅は、次の停車駅が名古屋駅で、名鉄は、カーブ多く通過列車が多すぎみんなJRへ、流れます。人口が多くても普通電車の通過待ちが多く時間が掛かり他社に流れます。昭和40年代に複々線でもしてけば流れが変わっていたかも知れません。
 たべちゃん様、コメントサンクスです。

 バス型のカードリーダーは既に実積がありますか
ら、西尾線南部の中間駅の場合、利用者が多い駅でな
ければ、こちらの方がいいように思えるのですが。

 ただ、このまま廃止に流れていくのでしょうね。
 よほど大きな発言か決意が出ない限り。
 噂では、吉良吉田で系統分け、との話もあります
し、旧三河線ホームを蒲郡線用に転用の上、西尾線寄
り側に改札機を設置し、蒲郡線を均一運賃化との話も
あります(三河新報より)。

 気になるところです。

http://www.geocities.jp/meglus_stage/
投稿者:たべちゃん
 こんばんは。

* ただ、西尾・蒲郡線の場合は、ワンマンタイプの列車で既に実績を挙げているはず。

 そういう考えもありますね。わざわざ全ての駅に自動改札機を置かなくても、バスと同じように、車内にカードリーダーを取り付ければ解決しますね。

http://tabechan.cocolog-nifty.com
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ