第19回ふぐ鍋祭り  震災後のまちづくり NPO光と風
例年12月1日から来年の1月31日までふぐ鍋祭りを開催。飯岡・銚子沖で水揚げされるショウサイフグを刺身・一夜干し・唐揚げ・鍋・雑炊のコースに仕立て地域に人を呼び込む祭りです。今年で19回目、年に一度は鍋・刺身を味わって見たいと訪れて来ます。

お泊りには2月まで「冬の旭宿泊キャンペーン」で一人¥2,000の助成」宿泊予約の際にお申し込みください。

◎昼食コース フグ刺し付き¥4,300 小鉢・前菜・一夜干し・ふぐ刺し・唐揚げ・鍋・雑炊・フルーツ
◎宿泊プラン 1泊2食 ¥11,500円より
ふぐ料理
      クリックすると元のサイズで表示します
           ふぐ刺し
      クリックすると元のサイズで表示します
2

 

 震災から10年目に63号を発行しました。その後、かわら版はいつ頃出るのですか!問い合わせもあって64号となりました。時代も大きく転換する中で外から旭市に移住した方、新しく店をオープンした方、12月の旭市議会選挙などに将来の「あさひ」に注目し取材しました。
発行部数5000部、旭市の協力もあって市内に配布・回覧します。ぜひご覧ください。
          表  面
      クリックすると元のサイズで表示します
          裏  面
      クリックすると元のサイズで表示します
3

 

第12回を迎えた銚子極上さば料理祭  震災後のまちづくり NPO光と風
 12月1日から第12回銚子極上さば料理祭を開催する。
11月16日銚子港でサバが水揚げが始まった。脂がのった大型サバは12月になると思っていたが10K箱で11尾、900から1000グラムのサバを7箱入荷した。早速、3枚に捌いたところ予想以上の脂がのっていた。12月1日から始まる「極上さば料理祭」に備えることが出来た。

極上さば料理とは

銚子港水揚げサバは巻き網漁により大量に漁獲、水揚げされている。時期(秋サバ・寒サバ)は脂が乗った大型のサバの水揚げで有名である。
特徴として
◎大量に水揚げされるが大半は餌料など冷凍に回されている。釣りサバに比べ身が軟らかく味噌煮など適している。
◎回遊魚よりアニサキス症の発生する恐れがあるため刺身として食することが出来なかったが特許熟成タレ製法はこれを解決し、冷凍しても生食感の刺身を提供できるようになった。
◎また、熟成酢タレを用い従来にないさば寿しが出来た。特に朝獲れサバによる「本生造りさば寿し」は時期限定さば寿しとして好評を頂いている。
◎極上さば料理はこうした特徴を活かし「漬けさば」・「刺身」・「味噌煮」・「寿し」・「つみれ汁」等をもって献立しコース料理を提供している。
◎塩タレに漬けた「サバフィーレ」は冷凍保存し、寿し・刺身・味噌煮・漬丼・つみれなどの他,サラダ・スモーク・オイル漬けなどの新しい商品開発の素材に用いることが出来る。
◎また、「サバフィーレ」はイタリアン・フレンチなどの日本料理系以外に素材としての可能性を期待している。
           水揚げされたサバ
        クリックすると元のサイズで表示します
           極上さば料理        
        クリックすると元のサイズで表示します
           本生造り極上さば寿し
        クリックすると元のサイズで表示します
2

 

古民家美術館飯岡の紹介  震災後のまちづくり
       古民家美術館飯岡の紹介
 今年の7月、旭市三川に韓国ソール出身の美術作家YOONSOBEさんが古民家美術館飯岡を開設した。昨日NPO法人光と風が発行する「復興かわら版」に掲載するため伺った。旧家を購入し手作りフォーム(改修)、広々として庭園に美術館が佇まっていた。
 YOONSOBEさんはこの古民家美術館飯岡で国際的な現代美術と個人のコレクションを展示、地域の文化活動に貢献したいという。旭の文化を作って行きたいと思いの方は是非訪ねて下さい。
月曜定休、入場無料で開設している。
 住所 旭市三川3636 電話 0479−74−8758
    初めての方は事前に連絡の上伺ったほうがよい
◎11月2日〜12月4日 IYTALIA SKetch(イタリアスケッチ)展 
                 クリックすると元のサイズで表示します
                館  内 クリックすると元のサイズで表示します
               YOONSOBEさん
 クリックすると元のサイズで表示します           border="0">
2

 

    旭市文化祭に参加 NPO法人光と風「海への会」
 11月6日、7日旭市文化祭がユートピアセンターで開催された。海への会では「旭を文化の盛んなまちへ」と題し1階入り口のロビーで第5回旭いいおか文芸賞の入賞者の写真を展示、飯岡助五郎の資料展示、飯岡石の展示を行った。また飯岡助五郎に関するクイズを作り挑戦者に「錦絵」を差し上げた。
          会    場

     
 クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ