2009/2/5

飯岡港で獲れたアンコウの紹介  
 1月の中旬から時化が続き港は精彩を欠いています。今頃は「ゴボウイワシ」といって北の海から下りてきた大きいセグロイワシで浜は活気でみなぎっているはずです。
 その他の魚も低調で時化による不漁はしばらく続きそうです。
アンコウはこれからが本番、飯岡港では小型の底引きや刺し網漁のため2月から4月までが水揚げの時期。昨日に水揚げされたアンコウを紹介します。重さが8キロと6キロ。中位の大きさでキロ¥1500円。8キロの場合、料理にすると8人前になります。
 捌き方はいわゆる「吊るし切り」の方法を取っています。食べ方はこのところ好評な「どぶ汁仕立て」です。クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/2/8  21:50

投稿者:海辺里の主
あんこうは春先の産卵に向け浅場に寄ってくる。飯岡の沖ではこれからが本番を迎える。
 近くで獲れるので鮮度が良いときは刺身で食べられるよ。このところ時化が続いて入るが収まれば「あんこうの刺身」や「キモの刺身」など店内で案内する予定だ。
 あんこうのどぶ汁や刺身など提供しているのは今のところ当店のみかな!

2009/2/8  20:55

投稿者:1982
あんこう・・・すごい顔してますね・・・。
鍋の名前もどぶ汁で、あんこうの扱いって ・・・笑

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ