防災教室ー2  自然災害との付き合い
     葛飾区郷土と天文の博物館「災害教訓バスツアー」
 去る5月16日、葛飾区郷土と天文の博物館主催の「災害教訓バスツアー」が飯岡地区を訪れた。一行は47名が参加、学芸員の橋本さんがガイドを兼ねて企画した。
 これを受けて光と風キャンペーン実行委員会は現地案内、語り部の話、おみやげ品の販売など交流を重ねた。
 博物館とは昨年「低地災害史」でいいおか津波のJA時計を始めとした被災品の展示したことが契機で今回のツアーとなった。
  クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ