震災から5年目を向かえて復興かわら版の展示  震災後のまちづくり NPO光と風
    震災から5年目を迎えて「いいおか津波復興かわら版」の展示 

 平成23年5月、被災を受け心の傷が癒せぬ被災者の皆さんに分け入り聞き取り調査を始めました。その後、旭・いいおかの被災を後世に伝え、復興を目指す人達を紹介するかわら版を発行する目的で委員会を作りました。
 9月20日「復興かわら版―いいおか津波―」を発行することが出来ました。その後、月1回3000部の発行、平成24年2月(6号)からは6000部発行し、旭市・区長会のご協力により飯岡地区の全家庭に配布しています。
現在、被災者の聞き取り・復興の現状だけでなく旭市内の市民活動を取材して2か月に1回、7000部発行、飯岡地区には全戸配布し旭・海上・干潟地区には回覧されています。
 この編集・印刷費用については支援・協力しながら元気を生み出す「復興丼ぶり」の取り組みを行なった「銚子・旭・神栖を元気にする実行委員会」より売上金の10%を支援金として受け取り賄って参りました。丼を食べて頂いた皆さん、関係者のみなさんにお礼を申し上げます。
 震災から5年目を迎え、1号から42号(但し42号は3月1日発行)まで展示によりその歩みを辿りたいと思っています。これまでの取材した皆さん160名(個人)、その他170名で約330名となります。発行部数は25、000部です。
かわら版はこれまで写真等を使わず、似顔絵・イラストについて次の方のボランティアで掲載しています。
 1号から20号まで加瀬かおりさん(旧姓宮内)
 21号から36号まで山口加奈子さん
 37号からは南 隆一さん

 なお、1号は事情があり印刷したが配付は見送りました。今回、関係者の諒承を得て展示していますのでご覧下さい。

展示会場 刑部岬展望館2階
 期 間 2月13日から3月13日
 問い合わせ先 npo光と風 事務局 0479−57−5769

 展示会場
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 かわら版1号
 
 クリックすると元のサイズで表示します
7

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ