「幕末の飯岡を考える会」の集い  紙芝居
      飯岡助五郎・幕末の飯岡を考える
 3月3日、いいおかユートピアセンターで幕末の飯岡を考える会には予想を超えて100名以上の方が集まった。先ず飯岡歴史民族資料館を見学、紙芝居に移った。題名は「助五郎と飯岡大漁節」、劇団「ふく」のメンバー、そして特別出演として土屋八重子さん、三味線の藤本栄さんに参加した。
 伊藤實先生の講演「飯岡の有名人たち」はこれまでの研究の成果を踏まえ飯岡助五郎を語って頂いた。また、会場には伊藤實先生が集めた資料など展示された。
 最後にアンケートをお願いした。これで「飯岡助五郎」の資料保存・展示に向けて関係者に要望することにしている。

◎2月25日読売新聞房総版取材記事「助五郎の功績紙芝居に」
◎2月27日千葉日報県東版「天保水滸伝江戸の侠客に焦点」
◎3月6日読売新聞房総版「旭の楽習会に100人飯岡助五郎の功績知る」


     紙芝居「助五郎と飯岡大漁節」

    クリックすると元のサイズで表示します


     歌 土屋八重子さん「飯岡助五郎」
    クリックすると元のサイズで表示します

     講演 伊藤實先生「飯岡の有名人たち」
    クリックすると元のサイズで表示します

    展示された資料
   クリックすると元のサイズで表示します
6

2019/3/13  20:14

    飯岡助五郎の資料の保存・展示について
 予てから飯岡助五郎の資料の保存・展示について市の生涯学習課に相談してきたこともあって、3月3日の報告をして来ました。
 各地から96名で予想を上回る参加者であった。アンケートをお願いしたところ大変良かった、飯岡の歴史に興味深く聞くことが出来た、大変感動下、紙芝居も良かった、など多数寄せられた。
 生涯学習課でも歴史民俗資料館の資料を整理しユートピアセンターに展示・保存する方向で考えて行きたいということでした。
 

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ