復興かわら版56号  いいおか津波復興かわら版
    復興かわら版56号を発行しました。
 第3回文芸賞の報告などやっと終えて56号を発行しました。「私の3,11」では近くに住む鈴木博さんから話を聞くことができました。時化でない限り私の前を通り波止先で釣りを楽しんでいましたが最近は歳のせいか少なくなりました。
 飯岡歴史民俗資料館が先々廃止する予定もありそこに展示されている「飯岡助五郎」の資料について何とか保存出来ないか!と考え、3月3日には「幕末の飯岡を学ぶ会」を開催したり「天保水滸伝外伝 助五郎と飯岡大漁節」の紙芝居を作り劇団「ふく」として上演して来ました。 
 7月の初めには「天保水滸伝の史跡めぐり」のバスツアーを計画しています。関係者との協議が整い次第お知らせします。
 記事には「天皇陛下在位30年記念式典、宮中茶会への招待」を掲載しました。これは東日本大震災の復興分野で特に貢献のあった物としてNPO光と風の活動が復興庁、宮内庁から評価され特別参列者に招待されたものと思っています。これに代表の渡邉が出席し3月3日に関係者に報告
させて頂きました。

          かわら版56号表面
       クリックすると元のサイズで表示します
          かわら版56号裏面
       クリックすると元のサイズで表示します

          在位30年記念式典・宮中茶会の記念品
       クリックすると元のサイズで表示します
7

2019/4/23  21:48

 金平糖へのコメント
宮中茶器に招かれ記念品に茶器に入った金平糖を頂戴しました。帰って関係者にお土産だと配りました。後になってからテレビで「たけし」が一個800円で売ったということが伝わりその価値が評価されたようです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ