2011/3/19

東北、関東大震災 飯岡津波  自然災害との付き合い
    飯岡津波ー3 特徴ー2 津波の時間、隣家で中に居た人に聞くと第1波の津波は目の前まで来たので逃げた、続いて第2波の津波は人の背丈まで達したという。この間の時間を聞いたが誰も正確に覚えていなかった。推定では約1時間程度と思われる。第1波の段階で事態を想定し伝え避難が出来れは被害は最小限に留まっていたと考えられる。
 写真は津波が飯岡港の東防波堤を越す瞬間のカメラである。
 予想外の三角波に見舞われた事態、これは屏風浦から九十九里浜の地形と津波予想のシミレーションを検証することが必要と思われる。
 予想外の災害はこれから予想外の社会動向を考える基本枠になると思われるからだ。クリックすると元のサイズで表示します
9

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ