旭市総合防災訓練  自然災害との付き合い
   令和元年度 旭市総合防災訓練 
 今年は9月1日午前8時30分頃、千葉県東方沖を震源とする大地震が発生、地震による災害を対応とする訓練想定が市立第一中学校で実施された。NPO光と風、旭市防災士・介助士ネットワークのメンバーが参加した。
 事実、例年同様で議員・関係者の挨拶が主でその目的・訓練内容は例年同様であった。
実際のところ、各地域で災害が発生した場合、少子高齢化が急速に進む中でその対応は高齢者に負担がかかることは明らかである。行政の視点による災害からも防衛も大事と思うが向こう三軒両隣という付き会いの日常から災害への応対をどうするか!震災から8年、現実から目を背けず築いて行けるか!先々を担う若い人たちの考えの醸成を待つか!       

      クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します
4

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ