2006/6/27

ひょっとして貴女は・・・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

今日は火曜日なので「街ぶら街ネタ」なのに、突然このタイトルって・・いったい
まぁまぁ、そう最初からツッコミしないで。
立派な「街ネタ」に繋がるんですから


横浜!

と書くと、もう、ありとあらゆる所で「街ネタ」を紹介されてますから、今さらアンタが書く事もあるまい
と思うでしょう。


ところが


あるんですね、これが。

中華街? ノー、ノー、ガイドブックにはかないません。みなとみらい?ノー、ノー、これも同じ。じゃ元町? たまに歩いた記憶しかありません、はい。

海です、海。横浜は港町でしょ。そこに僕ネタがあるのです。


ゴ〜ン、ゴンゴンゴン、ゴゴゴゴ〜ン
ドラです↑。船が出る時の。
そう言えば、なぜ日本では船が出る時にドラなんでしょう。今まで幾度となく船に乗りましたが、桟橋で出航の時に必ずドラが鳴り響きますね。汽船会社でもフェリーでも(旧)国鉄連絡船でも。ブザーとかチャイムじゃないんです。
最近電車も発車ベルじゃなくて発車ジングルが増えましたが、昔はその手のミュージックがホームで流れていたのは近鉄特急の専用ホームくらいで、他はプルルルルルル、の電子ブザーと相場が決まっていました。随分変ったものです。

で、話しはドラの鳴り響く、横浜の大さん橋、国際旅客ターミナル


ここで僕は、その憧れの君と会うのです。ううん、ウン十年振りの再会

まだ君はあの頃のままだろうか、、
その美しいシルエットを保ったままだろうか、、、
体調など崩していないだろうか、、、

逸る気持ちを抑えながら、僕の歩みは大さん橋のスロープをものともせず、一気にデッキへと駆け上がった。早く君に会いたい、少しでも早く、、と心拍はアッチェルしたまま胸の中が熱くなっている。もうすぐ、、もうすぐだよ。


そ、そして、ついに


君は僕の前に、その美しい姿を現わしてくれた





クリックすると元のサイズで表示します
   ROYAL WING

はい、ソコ「な〜んだ、タダの船じゃないかよぉー」って言わない!

これは横浜港でレストラン・クルーズ船として就航している「ロイヤル・ウイング」という船。東京湾には様々なレストラン・クルーズ船が就航しているが、このロイヤル・ウイングは破格にデカい。
それもそのはずで、このロイヤル・ウイング、元々は大阪に本社のある「関西汽船」の瀬戸内海航路の花形客船だったのだ。

少しでも船旅に興味のある方は、1960年から関西汽船が海外向けの観光アピールに次々と放った豪華客船シリーズの「むらさき丸」「くれない丸」、「すみれ丸」「こはく丸」、そして客船シリーズ最後となった「あいぼり丸」「こばると丸」を覚えてらっしゃるかと思う。(これらの船名をネット検索すると当時のたくさんの写真が見れます)
その中の第一弾の「くれない丸」こそが、今、目の前にいる「ロイヤル・ウイング」。

ずらりと並んだ上階側面の小窓は一等船室、中階前方の大窓は船内レストラン。整った形をしている。僕は子供の頃に家族でこの関西汽船に乗って九州や京阪神に出掛けた事がある。家族での個室はすこぶる快適だった。子供が多少騒いだって文句言われなかった。レストランも「お子チャマ椅子」で利用した。「こばると丸」ではデッキの上に展望室やパーラーまであったな。だからこれらの船の外見は忘れる事がない。

そして今は「ロイヤル・ウイング」となった「くれない丸」。
船内は大きく改造され、各種フロア毎のレストランに変っている。普通、この種の改造を見ると「うんざり」するものだが、色々と趣向が凝らされているので意外と飽きない。その中でトイレの位置とかが昔のままだったりするので、鮮明に記憶が蘇る(だからと言って船内全てのトイレに入って隅々まで観察してなかなか帰って来ない僕って一体・・・?)。海外に身売りされたりスクラップになってしまった姉妹達よりも幸せかもしれない。
なんせ、毎日乗客を乗せて現役で就航しているのだ。

外見から大きな改造が施されて無い事がわかったので食事の後にデッキに上がってみた。
おお、ココに来ると、まったく「くれない丸」そのものじゃないか

クリックすると元のサイズで表示します

横浜でちょっと時間がある時に食事と一緒に船旅の雰囲気を味わってはいかがでしょう。食事の最中にバンドが演奏して、しかもそれがジャズだったりすると、妙な気持ちにはなりますが(笑)。運営が吉本興業というのも、関西汽船と何らかの繋がりが、、、、あるわけないっか(笑)
横浜散策のついでにお薦め

[先読み情報]
少し先になりますが、横浜では毎年秋に国内最大のジャズストリート・フェスティバル「横浜ジャズプロムナード(YJP)」を行っています。10月7日(土)と8日(日)の二日間、横浜市内のホールとジャズクラブ50超の会場で300超のステージに12万人の観客(昨年度推計)が全国から集まります。
今年は僕も3年振りにこのジャズフェスに出演します。出番は初日の夕方(予定)、出演会場は今日の「街ネタ」で登場した横浜大さん橋の最寄り駅、みなとみらい線「日本大通り」駅上の“横浜情報文化センター・ホール”。ブログでも登場しているピアニスト、ユキ・アリマサとのデュオで。ランチ・クルーズの後や最終のディナークルーズの前にヴィブラフォンとピアノのデュオを是非どうぞ。


おしまい



2006/6/27  12:24

投稿者:YELL

船の写真を観た瞬間「やっぱりな」って思いました
と。
だってこのBLOGに不足しているものは、色気だも
のぉ。(^_^)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ