2010/5/4

ルパン・ザ・ヴァイブ・・・追悼・松石和宏さん・・・  Final Cadence/追悼


ヴィブラフォン、又はビブラフォンに触れる機会があった人の中で、この人のあの演奏を聴いてvibraphoneを触った、という人は多いんじゃないだろうか。

いくら頑張って僕らがチマチマとジャズでヴィブラフォンをやっていても、この人のあの演奏ほど日本人の心にヴィブラフォンを焼き付けたものはないだろう。

それはヴィブラフォンが世界的に認知されたといわれるライオネル・ハンプトンの演奏する“スターダスト”にも匹敵するほど、日本人に愛された音だ。

ヴィブラフォンは松石和宏さん。
松石さんの名前はジャズや音楽業界の中では知られているが、一般には殆ど知られていないかもしれない。
その松石さんが4月30日早朝、病気の為永眠された。
享年62。
あまりにも早すぎる。
一昨日の夜、帰ったらピアノの市川秀男さんから留守電が入っていて、その訃報を知った。

松石さん最後の演奏の様子はコチラでサックスの清水さんという方が追悼で「新小岩チッピー」での演奏写真をアップされていました。
http://star.ap.teacup.com/verysaxy/319.html

その松石さんが演奏した曲こそが、、、、

テレビアニメ『ルパン三世のテーマ』に出てくる、あのヴィブラフォンだ。

ジャズピアニストの大野雄二さん作曲による同曲はいろんな人がカバーしているし、後年御本人もリメイク版をいくつか出されている。
しかし、決定的にみんなの記憶に残っている、あの、テレビ放映時代の「ルパン」と言えば、松石さんのヴィブラフォンだ。

中学くらいで吹奏楽部に入った人なら、きっと一度は演奏しただろうニッポンの大スタンダード。
ひょっとすると、それがジャズというものへの切っ掛けとなった人も多いかもしれない。

僕は天の邪鬼だったからそういう部活動とは無縁にヴィブラフォンをやっていたのだけど、テレビで毎週のように流れるビブラフォンの音は忘れるはずがない。

東京に出て来て、まだ右も左もよくわからない頃に、地方で知り合っていたギタリストの西脇さんの紹介で新宿にあったジャズクラブ“G7”に顔を出したのが松石さんとの初対面。当時、松石さんが毎日出演していたハコだった。

遊びに来た僕を歓迎してくれて「じゃ、君、演奏しなよ」と1st setからマレットを渡されてドキドキしたものだ。こちらは松石さんの演奏を聴きに行ったつもりだったのに、結局最終ステージまで殆ど僕が演奏するという一風変わった事態になってしまった。
休憩時間にいろいろと話をしてくれたのだけど、肝心の松石さんの演奏は殆ど聴けず終いだった。

松石さんの演奏は高校の頃に買ったベースの福井五十雄さんのアルバムで初めて聴いた。その時のピアノが市川秀男さんだった。
中でも市川さんのオリジナル曲“レディー・T”はお気に入りで、その曲が切っ掛けで市川さんのバンドの門を叩いた。
だから今でも市川さんのバンドで“レディー・T”を演奏する時は、いつもイントロのところであの松石さんの演奏が一瞬頭を過る。

覚えている同アルバムのライナーによれば、これが松石さんのジャズとしての最初のレコーディングとあった。
九州・佐賀の出身で、そのライナーからもわかるように、当時スタジオの仕事で多忙だった松石さん。「ルパン」もそんな中の一つだったのだろうけれど、これほど日本人の耳に慣れ親しんだヴィブラフォンの楽曲は無いだろう。

楽器の中ではマイナーな方のヴィブラフォン。
しかしこの松石さんの「ルパン三世のテーマ」によって、まぎれもなくメイン・インストルメントとして広く認知される事になったのは言うまでもない。

残念ながらスリーブラインドマイスはこのアルバムをCD化する事なくSONYに版権を売却してしまった。
こんな御時勢だから大手がリイシューする事などないだろうな。。

クリックすると元のサイズで表示します
『SUNRISE SUNSET/福井五十雄』(Three Blind Mice/1976年)

実家のライブラリーにあるLPをMDコピーしたものをiPodに記録している。
今夜は追悼の意味を込めて、小さな音量だけどスピーカーから2010年の5月の朝の空気に流そう。

心からのご冥福をお祈りいたします。

告別式は5月5日午前10時30分からとの事。

「ルパン三世のテーマ」をお持ちの方はその時間帯にそっと流して松石さんの御冥福を祈ってください。

さらば、Lupin the Vibes!


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



2013/7/19  16:42

投稿者:あかまつとしひろ

>おりおんさん、
コメントありがとうございました。僕は80年に東京へ出て来てギタリストの紹介で新宿のジャズクラブ「G7」に出演中の松石さんにお会いしたのが最初でした。「演奏して行きなよ」と優しく誘ってくれて1stセットでお礼を述べて帰ろうとしたら「もっとやってきなよ」と言われて、結局最後のセットまで演奏する事になって肝心の松石さんの演奏は少ししか聞けませんでした。
その後はピアニストの市川秀男さんからよくお話を伺っていました。みんな松石さんの事を愛着を持って“●マ”って呼ぶんですよ。
どんどん松石さんの思い出など書き込んでください。
この記事はその為に作ったものですから。

スリーブラインドマイスの一部の音源が再発されているのは知っていますよ。僕も後期のスリーブラインドマイスからアルバムほ出していましたから。
長野、松本方面にお住まいですか? 大好きな土地です。
伊佐津氏とも最近メールやり取りしたところでした。
コアなジャズ喫茶計画を遂行中で、その内に僕も呼んでくれるでしょう。ヨロシクお伝えください。

2013/7/18  14:29

投稿者:おりおん

こんにちは、初めまして。
とある県に住む、”伊佐津さん”の演奏も聴いたことのある
ただのヴィブラフォン好きの者です。

小学生時代にルパン三世にはまり、音楽も格好良いなぁと思いつつ、
「へー大野雄二さんっていうんだ?」となり、
この鉄琴みたいなのの曲が超カッコイイ!!!
以来、自分で演奏はしないのですが、ジャズ(特にヴィブラフォン)に
ずぶずぶっと浸かってしまいました。

赤松さんがこうして紹介してくださらなければ知らなかったであろう、
【ルパン三世'80】のあの演奏者のお名前、松石和宏さん。
一度で良いから生演奏を聴きたかったです。
そのくらい、今でも・・・子供の時でも・・・。

そうした中、このアルバムを知りました。
【SUNRISE SUNSET/福井五十雄】
でも聴けないんですね・・・リイシューされないのですか・・・
と思っていましたら、されるのですね。
2013年09月11日、THINK! RECORDSさんから!?
もう買うしかないです。
こうしてコメントを書き込んでいる間も嬉しくて仕方ありません。

赤松さんの演奏、実は生演奏はまだ聴きに行ったことがなく、
CDで楽しませていただいています。
最低限、一度はやはり行きたいものです。

松石和宏さんとの接点をこの記事で作っていただき感謝です。
ちょこちょこブログ拝見させていただいております。
音楽的なことがよくわからないので、難しいですけれども。

どうもありがとうございます。これからも応援しています。

2010/5/7  4:11

投稿者:あかまつとしひろ

>kinちゃん
松石さんへの言葉ありがとう。
僕には何も出来ませんが、こういう場所を作ってみなさんが松石さんの事を記
憶に留めてくれるように願っています。
デビュー直前の新宿G7訪問の時以来市川さんを通じて松石さんのお話しを聞
いていました。後年はナックファイブ(FM埼玉)でのディレクションなどもされて
いたようです。とてもシャイな人という印象があります。
心からご冥福をお祈り致します。
ツイッターでもたくさんの人がリツイートされて、大きな人を失ったんだなぁ、と
思っています。

2010/5/7  2:19

投稿者:kinちゃん

本当に松石先生の訃報に接した時、言葉を失った。
私事ですが、今月の23日ZAN(南浦和)でのライブをとても楽しみに
していました。
それは、25年ぶりの再会となるはずでした。
先生はミューズ音楽院で理論の先生でした。
「先生」とは呼ばず、「おじさ〜ん、ここわかんない!」なんて生意気な
口きいて、よく「コラ」と怒られてた。
自習だか、練習課題を解いている時かは忘れましたが、Over The Rainbow
の市販曲のコピー譜を教科書の脇に置いていた時、先生がその譜面を取り
上げて、「何かまずいことしたかな?」と不安な気持ちでいると先生は赤
ペンで、なんとコードを訂正してくださっていた。
「ここは・・・う〜ん、あっそう・・・」みたいなこと、つぶやきながら
・・・
とても嬉しかった。
そして、そのコピー譜は僕の温かな宝物になった気がした。

昨年の暮れだったか・・・
何か面白そうなライブは無いものかと、いろいろ探していて、久しぶりに
先生の名前を見つけた。
でも、残念なことに、昨日のライブ。
そのjazzmal(南与野)には、よく出演しているとかで、再会できるのが
とても楽しみだった。
そして、近いうちに、出来れば今年・・・
「一緒にライブやっていただけないですか?」と、お願いするつもりでい
た。
本当に残念でならない。悔しくて仕方がない・・・

でも、先生に最後に教わった気がする。
「やりたいな」「会いたいな」って思ったことは、遠慮せず、後回しにせ
ずドンドン積極的に行動に移していかなければ後悔するってこと・・・
「ピン」と閃いたら躊躇せず行かなきゃいけないんだ・・・ってこと

死は祝福だと思う。
ネクスト・ステージへの祝福だと・・・

ほんの一瞬のお別れだ・・・否、今でも話ができる!はずだ・・・と
でも、泣けて泣けて仕方がない。淋しい気持ちでいっぱいだ。

最後に、先生・・・本当にありがとう! ラブをありがとう!!

すいません。私の先生の思い出を長々と勝手に書いてしまいました。
ゴメンなさい・・・



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ