2010/8/23

HMV渋谷店閉店に思う・・・  月曜:ちょっと舞台裏


メガストアの火付け役でもあるHMVの渋谷店が閉店した。
きっと今日のニュースのあちこちで取り上げられるだろう。
若者文化の発信地と言われる渋谷も大きく変わりつつあるようだ。
年末にはライトミュージック(LM)の先兵でもあったヤマハ渋谷店も閉店する。

渋谷という街から音楽が消えるわけはないが・・・

HMVは今年に入って首都圏の店舗をどんどん閉めている。
1月には新宿タカシマヤ店、つい先週には吉祥寺PARCO店、他にも数寄屋橋店とか閉店が相次ぎ、とうとう本の丸とも言われた渋谷店にまでその波が及んだ。

今年に入ってHMVがTSUTAYAに吸収合併される、というニュースが飛び込んできて、それはそれなりになるのかと思っていたら破談となり、一気にコスト削減=店舗縮小に加速がかかった感じがする。

そんな中での渋谷店の閉店は今の日本の状況下での外資系企業の運営の難しさを感じてしまう。
現実には閉店する理由があるのだけど、いきなり本の丸が陥落するように見えるので、「一つのカルチャーが終焉を向かえた」、とする向きもあるだろうけど、僕はそうは思わない。

CD購入でもそうだ。
現にひと頃よりもCDショップに通う回数が増えた。

クリックすると元のサイズで表示します

今月だけ見ても、なんだかんだと新宿に出掛けた時にはチョコチョコと買っている。
ネットで買うのと違って、わざわざCDショップに出掛けるというのは、自分が「知らない音楽」や「知らないミュージシャン」を見つける楽しみがある限りやめられない。

プロになったら他人の音楽を聴かなくなった・・・・
今思えば、それは聴かなくなったのではなく、現実的に聴く時間が無かった、という事だ。
少しばかり時間が出来れば、また音楽を聴く楽しみが戻って来た。
音楽が好きな人ならみなそうだ。
ほんのちょっとぱかり御無沙汰している内に世の中の様子が変わって「どこから入ればいいのか」わからなくなっているだけだ。

なんの事はない。
昔と同じ事をすればいい。
同じ事をする場所をみつければいい。

新宿だと、駅横にタワーレコード、ちょっぴり昔の新宿っぽさが残る東口から明治通りに抜ける直前にあるディスクユニオン新宿ジャズ館。この二軒を行き来する内に2時間くらいはあっと言う間に過ぎてしまう。
タワーレコード新宿店http://tower.jp/store/Shinjuku
ディスクユニオン新宿ジャズ館http://diskunion.net/shop/ct/shinjuku_jazz

あ、そう言えば今年の初めまでは南口の高島屋の上にはHMV新宿タカシマヤ店があったが、昨日の渋谷店の前に閉店してしまった。車で行った時は便利だったが、なんせ駅からは遠く、しかもエレベーター待ちのストレスではワーストテンに入る(なぜか高島屋のエレベーターほど相性の合わないタイミングで動いているものはない、と思うのは僕だけか・・・?)道のり。おのずと近年は新宿駅周辺に留まってしまった。一度改装する前はなかなかジャズ関係も充実していて店内のレイアウトやBGMの選曲もセンスがあったのだけど、改装されてからは何処か雰囲気が変わった感じがして足が遠のいた。

HMVといえば渋谷。現在(閉店時)の店舗になる前はよく行った記憶がある。新しい店舗になってからは広くなって快適になったのだけど、なぜかCDが探しにくく、元々黒を基調とした店内のせいかうす暗く感じてしまって、黄色基調の賑やかで明るい印象のタワーレコード渋谷店がメガショップ化してからはそちらが贔屓に。品揃えも隅々まで揃うタワレコに対して、HMVの特徴は掴めなかった。

この二大メガショップが揃った街は渋谷と新宿、あと規模は小さいが吉祥寺も。
しかしこの一年でHMVが撤退してしまってタワレコの一人勝ちに。

では完全にHMVが撤退してしまうのだろうか?

実は店舗ではタワレコにかなわなかったが、ネットでは一般の評価が逆転する。
昔からHMVのオンラインは充実していて情報も早く、その安定した運営では他のCDショップを凌駕する。

今でこそダウンロード販売ではiTunesに先行されてはいるものの、通販部門ではAmazonを除けば充実度はかなりのもの。
しかもショップ側がセレクトしたり発信したりするコンテンツ能力を持っているのでネットサーファーからの信頼も厚い。

ネットショッピングの最大の欠点は、道先案内人がいない事だ。

誰でも知っているものを、どこよりも安く買う、とかならネットショッピングを否定する人はいないだろうが、このネットショッピングというのは偏った「ブーム」の温床で、実際にどこの誰だかわからない人が情報を操作する事すら出来てしまう可能性がある。
一度「人気」という情報が広まると、あっと言う間に品切れ状態になる。

で、それがそんなに「凄い」ものか、というと・・・・中にはかなり怪しいものもある。

「凄い」とか「良い」とかと言う基準がどこにもない世界になりつつあるからだ。
あるのは価格の比較で「安い」という現実的な評価のみ。

そんな中で音楽を紹介し、発信する独自のコンテンツ能力を持ったHMVのオンラインは魅力がある。

思うのだけど、電子書籍という点で、CDショップと専門誌がタッグを組めば面白い時代になるのではないかな。
いや、もうその方向に動いているところもあるだろう。

タワレコやディスクユニオンの店舗に通う魅力。
HMVのネットから発信される新しいカルチャー。

必要最低限な音源だけ買って聞いているだけでは得られない「知らないもの」に隠されている音楽の魅力。

今の二十歳以下の世代は自室にCDプレーヤーさえ無い人が多い。
モバイル用MP3プレーヤーとパソコン。これが彼等の標準的な音楽環境。
MP3プレーヤーに慣れた彼等を、どうやってCDや雑誌、はたまた生の音楽の現場へと導きだすかが、HMV渋谷店の閉店と絡んで、次のカルチャーを作り上げるヒントになるような、そんな週明けになった。

でも悲観する事なかれ。
彼等はあまりにも偏った知識しかないから、面白い事をいっぱい取りこぼしているのだ。

音楽をヘッドフォン以外のスピーカーで聴いてごらん。
スピーカーももっといい音のするスピーカーで聴いてごらん。
CDを買ってきて中に入っているライナーノーツを読んでごらん。
ドキドキしながらCDショップで知らないミュージシャンのアルバムを買ってごらん。

そこは未知の宝の宝庫。

世の中にはもっと面白い事がたくさんあるのを知らせてあげるだけでいい。
こちらが強制なんかしちゃいけない。
彼等は今、自らが探索する余裕も資金もない状態なだけ。
僕らがかつて若かりし頃にそうだったのとまったく同じなんだ。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ