2006/7/25


先日の日曜日は住んでる街の花火大会でした。
その日のブログにも書いたとおり、朝からガスってて、本当にあるのかなぁ、と思うような天気

にもメゲずに午後4時過ぎには市の広報放送で「本日の花火大会は決行します」と宣言 気合い入ってマス。

と、言うのもバブリィーな頃に比べると何かと街の財政も苦しいようで、おまけに大きなスタジアムまで作ってしまった(その後某有名企業のスポンサード・スタジアムとなった)り、数年前は開始直前に台風に見舞われ花火の発射台が流されるという不運にも遭い、一時は「今回で花火大会は中止」とまで言われたのでしたが、それには納税者であり有権者である市民が猛反発。奇跡の復活を遂げたのでした。

と、書くと僕は毎年楽しみに見ていたように思われますが、実際に自宅に友達関係を集めてワイワイガヤガヤと花火を見たのは5年くらい前に一度。それ以外のこの時期は殆ど自宅にいない状態でしたからホント今回が初めてのようなものです

午後6時も過ぎて天気は時々小雨という状態。開始までまだ1時間半はあるので天気を最後まで気にしながら待機。
やがて、ドーンドーンと決行の合図の砲弾が響き、じゃ、そろそろ、と家人と一緒に出掛けた。

まずは徒歩数百メートルの多摩川の土手へ。
普段はミニバス程度がゆるり通る程度の道には、家族連れやカップルが皆同じ土手の方向を目指して集まる。

ど〜れ、何処で見ようか、、、、と、通い慣れた土手の中腹にスペースを見つけて一息。よくみると土手はおろか、削波ブロックの先に陣取りバーベキューに興ずる人達も。

ドド〜〜〜ン

午後7時半ちょうど、一発めの花火が打ち上がった。

おおっ・・というどよめきとともに、アリャリャ〜〜という声も。

多摩川の川下に上がると予想していたのだが、川が少し曲がっているせいもあって、ここに集まった皆の予想を遥かに反れた位置に花火が上がる。

「これなら自宅で見た方が大きく見えるね」と家人。
確かにそうだ。ならば、花火の上がる方向に移動しようではないか

そう考えるのは、この河原に集まった殆どの人が同時に思うもの。勢い民族大移動が始まった。

その間にもドドーン、ドバドバドバドバ・・と花火は上がる。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
民族大移動中・・・・

土手を花火大会の規制線が貼られる方向に進む。
雨も時々落ちてくる。

大通りの橋を境に、今までとは全く別の世界が広がる。

思うに、さっきの場所で花火を見ようとしていたのは、僕と同じように殆ど今まで河原で見た事のなかった人間や最近越して来た人達。言わば「花火観覧初心者軍団」。その数数千。これが今、花火大会観覧心得衆や花火大会観覧極意組の待つ「本会場」になだれ込むわけだ

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱ、本会場は迫力が違います

クリックすると元のサイズで表示します
さすが商売のテキ屋さんはプロ。人の集まる所にしっかりビッシリ

そう言えば、さっきの河原にはテキ屋のテの字も無かったなぁ。。

河原一面は人・人・人、、、何十万人いるんだこりゃ
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり、花火大会とかにはテキ屋さんが必須ですね。いろんな匂いが誘惑します、が、これが夏のイベントの醍醐味でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
夜に灯る明かりというのは人間を興奮させるものですね。延々と続くテキ屋の光りの帯びと群衆・・・

そしていよいよクライマックスに突入
クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど打ち上げ会場の真下を京王相模原線が多摩川鉄橋で越えるのですが、連続打ち上げやナイアガラ等の仕掛け花火の時に通過する電車は超スロー運転(中には停まったのまで)大サービス。こちらからも「あ〜、あの電車、サイコーのロケーションじゃん」「いいなぁー、あれ特等席だよー」と皆が口々に。偶然乗り合わせた乗客のみなさん、ラッキーでしたねー。かと思えばスルスルスルーと普通のスピードで通過する電車もあるので、ひょっとしたらこれは運転手と車掌の判断でサービスしていたのかも 
いいゾ、京王電鉄。それくらいの気の利いたところがなきゃ民鉄らしくない。
料金も安いし、特急は早いし、10点差し上げる

どちらにせよ、そんなこんなで、何とか本降りの前に無事、花火大会は終了したのでした。終わった途端に ちょっと出来過ぎデス(笑)

来年も来るなら「今度は本会場で盛り上がろう」がもちろんキーワードだ

おしまい



2006/7/26  2:14

投稿者:あかまつとしひろ

>YELLさん
ケータイからありがとう。あ、花火大会会場にはたく
さんの「おまわりさん」がいましたから(爆)

>ダフネさん
おおッ! 
情報ありがとうございます。絶対“買い”です! クラ
シックに食傷気味になってた頃にフランソワを聴いて
楽しさとワクワク感を復活させたのでした。
これで今まで実家でしか聴けないLPのフランソワが自
宅で聴ける!
話題にしたから、、、ううん。。確かにホムペ時代か
ら取り上げると復活が・・・まぁそれだけ自分が世の
中を一周した時間を過したんだと思ってます、ハイ。

2006/7/26  1:50

投稿者:ダフネ

花火大会楽しそうですね。
わたしもお盆に帰省したら楽しみたいと思います。
ところで以前フランソワのラヴェルピアノ曲全集につ
いて書かれていましたが、8月にサンソン・フランソワ
/ラヴェル:ピアノ曲全集 第1集が東芝EMIより発売さ
れます。2006年08月23日発売。
赤松さんが話題にしたので復刻したのでしょうか?
(笑)
楽しみです。
コメント出来なかったのでこちらに投稿させていただ
きました。
不適切でしたら削除お願い致します。

2006/7/25  9:33

投稿者:YELL

Macが入院しちゃったのでケータイからです。
花火大会 イイですねぇ。
私も行きたいなぁ。
人混みに紛れて手なんかつないじゃったりして…(*⌒▽⌒*)。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ