2010/9/21

ファミリアなお祭り  火曜:街ぶら・街ネタ

この春から始めた目覚めのウォーキング。(と言っても夜型なのでお昼前後)
住んで10年になるけど、こうやって歩いてみると近所でも知らない事ってたくさんありますね。

昨日まで世間的にはシルバーウイークの連休。

クリックすると元のサイズで表示します
ウォーキング・コースにある中央高速の高架下から下り方面の道路案内板が見える・・・・「この先渋滞35km。2時間以上」とな!

お疲れ様です。。。

週末千円の施策はどう考えても排気ガスを無駄に撒き散らすばかりで環境によろしくない。
そのせいで最近は連休はなるべく動かない事にしている。去年はこの乱痴気騒ぎと仕事が重なって散々懲りたもの。いいかげん止めてほしいな、この愚策。

高速道路会社が身銭をきって値引きしてるならともかく、国が値引いた分を負担しているのだから、普通に考えたら使えば使うだけ国の負担が増えるだけ。
それが回りまわって税金で納税者から没収される仕組みなのだから、そろそろ利用者も考えた方がいいと思う。自己負担で利用する分には誰も文句は言わない。

そういう物だと思うのだが、、、、。今まで高過ぎたのは問題だけど、それをやるなら日本の物価全体にテコ入れしないと社会全体のバランスが狂ってくる。狂った後の面倒は誰がみると考えているのだろうね。

さて、そんな千円渋滞(実際にはこの付近の中央道は均一料金なので割引きしか適用されないのだけど八王子から先の渋滞がココまで繋がっているので・・・)とは無縁のウォーキングをしておりますと。。

コースの中にある隣街の小さな社に数日前から何やら準備されていたのは、この地域の秋祭りだったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
これは三日ほど前の光景。なにやら見慣れぬ紅白の枠組が建ったので何かあるな・・と

クリックすると元のサイズで表示します
ほらね。お祭りって感じですね。

関東の秋の祭りとなると都心部は神輿、周辺部は山車という感じに分かれているように見えます。
僕は地方とはいえ街の中で育ったので、子供の頃の神輿には秋祭りの思い出があるけど、いわゆる鎮守という社は近所にはなかったので秋祭りの記憶=神輿で完結。子供神輿が殆どだったけど。
だから、こんなに小さな社で、どんなお祭りが始まるのか興味津々。

クリックすると元のサイズで表示します
普段は何もない小さな社

いつもウォーキングで前を通る時に気になっていた社の隣の倉庫を数日前に覗いてみた。

クリックすると元のサイズで表示します
ふむふむ。。。この高さ、この形からすれば、これは祭りの時の山車の車庫だな

それ以外に境内には何も無く・・・・
しいて言えば・・

クリックすると元のサイズで表示します

なぜかユニバーサル・デザインの公衆電話があるぐらい。

クリックすると元のサイズで表示します

ホント静かで小さな社なんです。

で・・

飾り付けで普段とは違った様相のお祭り本番当日。

クリックすると元のサイズで表示します

おお、@@;
幟が建つと様になってますねぇ。凄いすごい。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、やっぱり予想通り、横の倉庫からはお祭りの山車が出てます。
御神輿には慣れているものの山車には馴染みがないので興味津々。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろとセッティング中で、テントの中には出店でしょうか。明らかにプロ(テキヤ)ではない、如何にも町会でやってる感じです。いったいどうなるのでしょうねぇ。

で、

隣街ながら歩いて10分くらいの距離なので暗くなってから出掛けてみました。
家人は「こんな暗くなってからなんてやってないよー」と言うのですが、「いやいや、祭事は夜の篝火の中で行うものだから絶対やってるって」と説き伏せて。

近づくにつれ、童謡の如く笛やら太鼓やらがドンヒャラリンと聞こえてきて「ほらほらほら、やってるじゃないかー。ね」と足早に。いいっすねぇ。

おお・・!

クリックすると元のサイズで表示します
なんかこの規模、ファミリアでいいなぁ。。

提灯には個人名が描かれて如何にも地域密着型。
僕の記憶にある祭りの提灯には町内の商店やデパートなどのいわゆるスポンサー名を掲げたものしかないので新鮮。

クリックすると元のサイズで表示します

境内に入って社にお参りをして、辺りを見回してみる。
半被姿の子供達が境内を駆け巡って賑やか。

なんか僕の子供の頃とは違うパワフルな連中だ(笑)。

時々聞こえて来るランダムなドーンという太鼓の音は子供が適当に打ちならしているし(爆)
ホント、これはファミリアな祭りだな。

クリックすると元のサイズで表示します

うす暗いからいいけど、きっとみんな顔見知りの人達なんだろうな。
山車の周りにも子供達が賑やかに走り回っている。

クリックすると元のサイズで表示します
ドーン、とまた太鼓がランダムに鳴る→子供がはしゃぐ、の繰り返し

大人たちは何をしてるんだろう? と思ったら、午後7時と共に山車からピーヒャラ、ピーヒャラと笛の音が聞こえ、ここからは太鼓と鐘による「お囃子」が始まった。

クリックすると元のサイズで表示します

そう言えば、あのテントの出店はどうなった?

と、覗こうとしたら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

煙もうもう・・・

いや、本当に煙モウモウ・・・

近づこうにも風下がこちら側なので

煙いこと、煙いこと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

流石に素人だけあって・・・

とにかく煙モウモウ・・・

一体何を焼いてるんだかこっちからは確認出来ないほどの

煙モウモウ・・・

ただただ・・・

遠巻きにして・・

その煙モウモウを・・・・

みんな・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

観るだけ・・・

ファミリアなお祭りは、元気よく走り回る子供達の声と、大人たちのお囃子を、素人出店の煙モウモウが包み込む内に、佳境へと入って行くのでありました。。。ゴホッ


■ニューアルバム『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)2010年10月28日発売

アコースティックなサウンド×緊密なグループ・インターアクション
過去と現在がシームレスに融合したジャズがここにある。[児山紀芳/ジャズ・ジャーナリスト]


クリックすると元のサイズで表示します
(VGDBRZ0044/3.000円税込)

赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)
guest:森川奈菜美(ヴォーカル)

発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント 

下記サイトにて先行予約始まりました。
■disk UNION
■amazon.co.jp

同時に全国のCDショップでの予約も開始。
ネットショップはこの後タワレコやHMVなどでも順次予約開始。

世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ