2011/2/24

時空を超えた絶対的演奏印象のトリオジャズ・・・・Chick Corea  木曜:Jazz & Classic Library


チック・コリアほどジャズ界のヒットメーカーはいないだろう。
1970年代以降、世界中でプロのジャズメンを目指す若者が一度は演奏しただろう彼の「スペイン」や「ラ・フィエスタ」、「ハンプティー・ダンプティー」、「フレンズ」など、ちょっと思いつくだけでも数えきれないほどのヒット曲を有する現代最高のジャズ・コンポーザーという顔と、ピアニスト、キーボーディストという二つの顔を自由に行き来する、実にバランスの取れた音楽活動を記録し続けている。

同世代のもう一人の重鎮でもあるキース・ジャレットがピアニストとしては一歩リードするものの、キース・ジャレットの曲となるとチック・コリアほど一般的に浸透した曲があるとは言えないところが面白い。そういう目と耳で言えば、キース・ジャレットは「ケルン・コンサート」や「スタンダーズ」などで、その演奏による印象が圧倒的に記憶に刻まれているわけだ。キース・ジャレットは「演奏」にこそ基準がある。

僕はどちらも好きなのだけど、ちょっぴり“へんくつ”なのかもしれないが、そのキース・ジャレットの「基準」をチック・コリアに当てはめてみると、これが随分と遡ってしまう事に今さらながら戸惑ってしまった。

数々の有名曲が収録された『リターン・トゥ・フォーエバー』や『ライト・アズ・ア・フェザー』、『フレンズ』や『ザ・マッドハッター』、あるいはエレクトリック・バンドなど、ジャズ界では異例なほどヒットしたアルバムがたくさんあるのに、決定的に「コレがチック・コリアの演奏だ」という印象に残るシーンを思い出そうとしてもなかなか出て来ない。全てバランスよくアルバムの曲とサウンドが強烈に印象に残っているからだ。

すると、「これがチック・コリアだ!」という僕なりの「演奏」に心惹かれたアルバムとなると、71年に残したECM初期のソロ・ピアノによる『Piano Improvisations Vol. 1』にまで遡ってしまう。
チック・コリアという個性がピアノに溢れた素晴らしい作品で、同時期にキース・ジャレットが同じECMに残したソロ・ピアノによる『Facing You』(1971年)と共に、「こんなジャズがあるならジャズを一生の生業にするのも悪くはないな」と中学生の僕の後押しをしてくれた。

しかし、ソロ・ピアノは確かに本人だけだし、ある意味個性に溢れるのは当然としてみれば、ありきたりのフォーマットであるピアノ・トリオでの演奏にもう一枚「絶対的演奏印象」のチック・コリアの記憶があった。


クリックすると元のサイズで表示します
『Now He Sings, Now He Sobs』(solid state/1968年)

何かにつけ引き合いに出てしまうキース・ジャレットの初リーダー作『Life Between The Exit Signs』(voltex/1967年)と同じ頃に発売されていた本作。
日本でも注目されていた二人なので当時スイング・ジャーナルが半ば学習書でもあった僕はカラー広告で載っていたこの二つのアルバムを中学に入ってから購入した。

かなりアヴァンギャルドな演奏もあるキース・ジャレットに比べると子供心に「いぶし銀」のような演奏とこのチック・コリアのアルバムは感じていた。

高校時代にLPの盤面は擦り切れるほど聴いてもう再生も困難な状態となって実家の倉庫に眠っているのだけど、最近ソリッド・ステート盤の復刻でCDを手にした。

いやはや、、アナログの音は耳に優しいね、、とか何とか言いながらも、小学生時代から中学生初期に買ったLPは扱いも雑だったので傷も多いから、こうやって「ノイズなし」のCDで改めて聴いてみると、初めて聴こえてくるような「音」もあり、やはりクリアーなCD音はいいね。
ターンテーブルの回転ロスによるピッチのズレもないし。

さて、この「ナウ・ヒー・シングス、ナウ・ヒー・ソブス」。
間違いなくチック・コリアのトリオ最高傑作だと思う。

1968年という時代を知っている人ならわかると思うけど(僕も子供ながらに記憶している)、喧騒の時代の中でこの恐ろしくクールなピアノタッチが記録されている事に改めて驚きだ。

少し後に出た『A・R・C』も素晴らしくシャープなサウンドでココロ惹かれたのだけど、そこでは後の『Circle』への序曲(フリー・ジャズへの接近)が始まっていて、正直なところ僕は一曲目の“ネフェルティティ”以外はあまり聴かなかった。

その点、このアルバムはチック・コリアらしく均整のとれたコンセプトで、しかも曲よりもチック・コリアのピアノに耳が吸い込まれて行く。

一曲目“Steps 〜 What Was”は知的なテーマを持つコンテンポラリー・ブルース。ベースのミロスラフ・ヴィトウスとドラムのロイ・ヘインズとのインタープレイが御機嫌。
この時期のミロスラフ・ヴィトウスはどのアルバムを聞いても信じられないほど冴え渡っていると思う。
また、ロイ・ヘインズのドライヴ感が三位一体のグルーヴに大きく作用しているのも聞きどころ。
メドレーで始まるのは後の「ラ・フィエスタ」を彷彿とさせるスパニッシュな曲。後年『リターン・トゥ・フォーエバー』で「ラ・フィエスタ」を初めて聴いた時、どこかで聴いた事がある曲に聴こえたのはこの曲を先に聴いていたからだった。

初期のチック・コリアの作品では最も有名なのが二曲目の“Matrix”。
僕等も駆けだしの頃のジャムセッションではよく演奏した曲だ。
瑞々しいタッチのチック・コリアのピアノがCD化で一層引き立った。
人によってはこれを「無表情」という人もいるが、この頭の中を高速回転しながら臨界に達するエクスタシーを「クール」と呼ばすして何と呼ぶ!
ヴィトウスの閃きに溢れたソロに加えて、ヘインズの独特のパルス構成によるバースが実に面白い。チャーリー・パーカーと共演していたドラマーとはとても思えない斬新なアイデアだ。

三曲目はタイトル・ソングの“Now He Sings, Now He Sobs”。
タイトル・ソングなのだけど意外と記憶には薄かった。改めて聴くとこんな曲だったんだなって(笑)。

四曲目“Now He Beats The Drum - Now He Stops”はコンテンポラリー・ミュージック的なアプローチから始まる。コロコロとしたチック・コリアのピアノ・タッチはこの頃から確立されていたわけだ。
リズム・インからトリオとなり、ダブルタイム・フィールから徐々にスイングして行く自然な展開がカッコいい。
ひょっとしたら今(当時)最高にカッコいいジャズ、それを描いたのかもしれないね。
それにしてもヴィトウス 〜 ヘインズのリズムセクションは御機嫌。まったく無駄な音がない。

最後の“The Law Of Falling And Catching Up”はさらにコンテンポラリーな出だし。このままフリージャズに突入するか・・・・・という一歩手前で終わる短いエピローグ。この長さなら飽きる事はないちょうどよい長さ。さすが均整の取れたチック・コリアだ。

今から43年も前に、これだけ洗練されたピアノ・スタイルを持ったピアニストが登場したら、そりゃ、誰もが注目するのも当たり前だ。
それを100%記録したチック・コリアのピアノ・トリオ最高作。





只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)2010年10月28日発売
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)+佐藤浩一(p)+澤田将弘(b)+樋口広大(ds)=The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■LOWSONネット
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

『ジャズライフ2010年11月号』(2010年10月14日発売/ジャズライフ社)
★【AXIS】関連記事
■インタビュー:赤松敏弘(インタビュアー:富澤えいち)
■CDレビュー、他

『ジャズジャパンVol-3』(2010年10月24日発売/ヤマハミュージックメディア)
★【AXIS】関連記事
■CDレビュー、他


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ
タグ: Jazz ジャズ CD



2011/2/25  5:34

投稿者:あかまつとしひろ

>たかいくん、
さすが君ですね。僕が「決定的な演奏の印象として記憶に残るチック・コ
リア」としてこのアルバムを紹介している意図を読み取っているし。
今の(と言っても、もう随分前になるかな。バンジョーのべラ・フレックと
のデュオ以降は知らない)チック・コリアは大ベテランとしての音楽をやっ
ているし、それが「時々」あっ、チックだな、と感じさせてくれる部分に
触れられてホッとする感じです。
このアルバムや80年代までは「何処までやれるか」みたいな際限いっぱい
いっぱいな楽曲と演奏の連続で楽しませてくれた。
ただ、ここでも書いたけど、そんな時でもチック・コリアというピアノ演
奏で深く印象に残っているのは「リターン・トゥ・フォーエバー」よりも
前に遡ってしまうところに、この人の不思議さがあると思う。
作曲者の自分と演奏者の自分の葛藤で、いつも作曲者の自分がリードして
いるタイプかもしれないね。
作曲者の自分をポーンと放棄出来るキース・ジャレットと好対照です。

2011/2/24  19:13

投稿者:たかいしゅんすけ

 2週続けてのコメントですが、このアルバムについては言いたいことが。
 わたしは学生時代の終わりがたにLPで買って、本当に愛聴しておりました。で、かなり後に、中古のLPで、同じメンバーの10数年後の再会セッション、というのを見つけて、大喜びで買ってみると、これがどうも、ちっとも面白くない。同じメンバーで、同じように頑張ってるのに。
 そういえば、前も似たような経験をしたことが。やはりチックの「ピアノ・インプロビゼーション」。こんなに風通しのいい音楽が、ジャズだなんて、と大好きなので、チックのソロなら、同じく素晴らしいはずと、「デルファイ」というのを買いました。
 これが音楽のそとづらは、同じようなんですが、どうも面白くない。これはどういうことなのかしら。
 この2作の作られたころ、チックは、マイルススクールを経て、フリーとフュージョンの分かれ道に立っていました。そのときに、自分のやりたい音楽は何なのか、本当に考え込んだと思います。
 その緊張感が、ダイレクトに現れていたのだろうと。
しかし、それを過ぎてしまうと、かつての仲間を集めてみても、ソロをやってみても、何をやっても予定どうり。一流ミュージシャンとして、いつもある程度のアルバムセールスを、会社からは期待される立場になった。
 その期待に答えられる、そこそこのアルバムは作れます。でも昔みたいにゾクゾクするような物は、できてないように思います。
 酷ないい方ですが、ビジネスマンになっちゃったのかな、というのが、わたしの感じです。
 いまのチックのファンは、いま以上の何を要求するんだと、ご不満でしょうが。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ