2011/2/28

スリッパ派? 非スリッパ派?・・・最近の兆候  月曜:ちょっと舞台裏


どこの家でもお馴染み。
玄関先にあるもの。。。。(たぶん)

クリックすると元のサイズで表示します

豪華なのから簡易的なのまで種類はたくさん。

なに?

クリックすると元のサイズで表示します

ほら、

夏用で涼しいのやら、冬用でモサモサしたのやら、洗濯出来るのやら出来ないのやら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

スリッパ。

今はモケットの長いふわふわしたものよりも簡易的なものが揃えてある。
最近のものはだいたい冬〜春と夏〜秋の2シーズンで総取り替えだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

我が家はレッスン生なども来るので履き潰せるものにしている。

昔は、例えば実家などを思い起こすとスリッパはけっこう丈夫で長持ちしていたような気がする。
ある一定期間の記憶の中に、いつも登場する同じスリッパがあったもの。
もちろん造りも質も今よりも丈夫で上質だったような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今や日本は消費社会。
スリッパも高級品よりも使い捨て、履き潰し用としか思えないものばかりが氾濫。
従って安価なスリッパを次々に交換して行く。
そういうのに限って洗濯出来ないから汚れたらそこで終わりなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

欧米人には理解しがたいこのスリッパという風習はいったいどの辺りまで普及しているのだろう?
アメリカ留学時代、ボストンのアパート暮らしの時はずーっと靴で過ごした。
まぁ、補助的に「室内履き」のような“スリッパ”はあるが、日本のように「土足」との境界を結ぶ「履物」としてではない。

ボストン近郊のニュートン・センターという街でハウス・シェアリングした時は掃除の事もあるので玄関から中は「和式」のスリッパ、まぁ、きっと部屋着にジャージを着るような日本的な風習でスリッパを履いていたのだと思う。(でも僕は部屋着でジャージを履く風習はないのだけどね)

海外の友人が来る度に、玄関を入ると「そこで靴をスリッパに履き替えて」と言うと皆最初は面倒臭そうにするのだけど、慣れるとなかなか快適だと裸足でウロウロ。
ある意味「汚れ」と床の傷を軽減する合理的な風習だと解釈されていた。

本当は違うのだけどね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します


で、

ずっと気になっていた事。

スリッパで。

先週末。
レッスン生の中である傾向をカメラに収めた! (←ちょっとオーバー)

それは・・・

ヴィブラフォンのレッスン中・・・・

普段はビブラフォンの前にあるキーボードで伴奏を弾いているのでレッスン生の足元にはあまり目が行かない。
たまたまメロディー・ラインの弾き方とダンプニングによるニアンスの付け方の説明でレッスン生の横に立った時だった。

うん?

クリックすると元のサイズで表示します

あれれ?

「ねぇ、スリッパ履いては演奏しないんだ?」

「はい」とSatoko嬢。

ふーん。

続いてやって来たYoshitomo嬢も・・・・

ありゃりゃ!

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりスリッパ脱いでるし。

「スリッパ脱ぐんだ?」

「はい。なんかスカスカするじゃないですか・・」

へーえ。

僕なんか素足や靴下でヴィブラフォンのペダル踏んだ事ないよー。
スリッパや靴を脱いでペダルを踏むと物凄く違和感がある。

だからスリッパを探す時もなかなか大変なんだ。
底が厚過ぎてもダメだし、ペラペラでもダメ。
そうなるといくら素敵なスリッパでも論外。
いきおい我が家のスリッパはちっとも色気のない「それなりにしっかりした底」と「屈伸運動に強い」スリッパになる。

それが「不要」とはねぇ。。。

あっ!

ひょっとして・・・と思って「非スリッパ組」に質問してみた。

「もしかして、子供の頃にピアノを弾く時は素足だった?」

間違いなくヴィブラフォンを弾く時にスリッパを脱ぐ人の100%が「はい」と答える。

そうかぁ、、そこだ。

「スリッパ組」はピアノを弾く時にスリッパ着用だったもの。
だから、いくら楽器とはいえ、僕は裸足でペダルを踏んだ事がないのだ。
いや、踏もうとしたらきっと気持ち悪くて耐えられない(笑)。
あ、潔癖症という意味ではなく、足が触れる物体として「あり得ん感触」なんだよね。

面白いねー。
風習の違いが、もう身体の隋まで染み込んでるんだねー。
人間って本当に面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

別にどちらでもいいんだけど、じゃ、外で演奏する時に靴を履いたら鍵盤との高さが微妙に違って気にならないかなぁ、、、、と、他人事ながら心配するのでありました。(笑)

あなたはそんな事、気にしませんでしたか?

すると横から・・・

「そんな事、全然気にしてなかったー」と某マリンバ奏者が・・・

うーん、マリンバにはペダルそのものが無いものなぁ。
でも、きっとその内にペダル付きマリンバが必要になる時代が来るゾー!
と、脅しておきました(笑)

今思えば和洋折衷な感じの日本式スリッパ文化。
ひょっとしたら素足生活にどんどん脅かされているのかもしれませんね。
売り場でも昔に比べればあんまり高級感のあるものが無いし、何となく売り場自体どんどん狭くなってる感じがする。
うーーん。
家の中のスリッパと言えばトイレくらい・・・・・そんな時代になったら僕は耐えられないかも。。。



只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)2010年10月28日発売
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)+佐藤浩一(p)+澤田将弘(b)+樋口広大(ds)=The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■LOWSONネット
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

『ジャズライフ2010年11月号』(2010年10月14日発売/ジャズライフ社)
★【AXIS】関連記事
■インタビュー:赤松敏弘(インタビュアー:富澤えいち)
■CDレビュー、他

『ジャズジャパンVol-3』(2010年10月24日発売/ヤマハミュージックメディア)
★【AXIS】関連記事
■CDレビュー、他


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ