2011/7/18

地デジ化はテレビ離れを加速させる・・・・  月曜:ちょっと舞台裏


もうすぐ終了。

アナログ放送。

政府機関の発表によると、地デジの普及率は97%を超えたのだそうだ。

へぇ〜、凄いなぁ、。。。

でも、この率だと、単純に自分の周りにいる10人に聞けば、ほぼみんな地デジ化しているはずなんだけど、どうもそうじゃない。
原発事故以来、政府の言う事をまともに鵜呑みに出来ないのは誰しも、だ。
実際に10人に聞いて97%つまり0.7%の人間はいないから10人が「はい」と答えない現実を見れば明らか。

地デジ化という言葉の意味が曖昧なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
ちでじか

そもそも地デジ化という言葉通りの状況とは?

地デジ放送対応のテレビを導入したか、地デジ受信チューナーを設置したか、もしくは地デジに対応したケーブルテレビやプロバイダーと契約したか、だ。

しかし正確に地デジ化したと言えるのは、地デジテレビを導入した場合のみで、後は全て「対応」だから「鹿(しか)じゃなくて「鯛(たい)」だ。

地デジ鯛!

又は、地デ鯛!


我が家はアナログテレビが中途半端に早く昇天してしまった関係から随分早く地デジ化したけれども、もしもアナログテレビが元気だったら地デジチューナーにして地デ鯛にしたかった。

と、言うのも、年々テレビの視聴時間は激減。
僕はニュースと天気くらいになりつつあるし、家人は妙な朝の時間にやってる「韓国ドラマ」と映画くらい。

我が家だけの傾向かと思ったらそうでもなく、2011年6月にはかつてテレビのゴールデンアワー(午後7時から午後10時の間)と呼ばれた中の、午後7時台全ての番組の視聴率が1桁台という低調ぶり。

理由は定かではないが、震災で日本が一変した事によるところは大きい。
テレビの前に座っていても、辛いニュースや腹の立つ、学級委員以下のレベルの国会茶番劇ばかりが聞こえてくるのでスイッチを切ってしまうケースが増えたのは間違いないだろう。

震災直後の原発事故の政府発表や措置が殆どデタラメで、結局今や肉牛汚染によって日本の3/4が放射能の影響を受けるという、海外から見れば危機的な状況に。生産者も消費者もみんな被害者になってしまった。

そんな状況の中でも、被災地を除いて地デジ化は延期する事なく遂行されようとしているのだけど、そこまでして何のメリットがあるのか疑問に思えてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

一足先に昨年地デジ化移行を実施したアメリカでは200万世帯以上が非対応のまま移行し、移行と同時に30万件を超える問い合わせやクレームが殺到している。

日本でもこの災害で混乱しているところで同じ事が起こるのは当たり前だろう。

地デジの電波は従来のVHFと比べると受信障害を招きやすい。
これは僕も身をもって体験した。
我が家ではなく、実家のある松山で地デジテレビを導入したら、画面がフリーズしたり、音声がドロップしたり、と大変だった。
街の真ん中に実家があるので周りのビルによる電波障害だ。
実家もビルなのだけどその屋上のアンテナを強力なものに替えたり、ブースターを導入したりと、ありとあらゆる手段を講じたが、なかなか安定しなかった。

不思議だったのが、午前中は比較的安定している電波が、夕方以降、テレビの視聴率の上がる時間帯になるとバシバシ飛び始め、ニュースショーの時間帯が最大のピーク。
深夜帯に徐々に快方に向かい、再びこれの繰り返し、というもの。
その間にテレビそのものも交換してもらったけどダメ。
出入りの業者さんも「お手上げ」状態で、こうなったら長年の勘で・・・・結局屋上のアンテナを何度も移設して最終的には妥協点を見出した感じ。

つまり、とっても迷惑な地デジ化でした。

しかもこれらのコストはテレビ代の他に上乗せだから出費は笑える金額ではない。
こう言う余計な出費の分は請求書を国に送ったら支払ってほしいね。エコポイント発行するみたいに。
なぜなら・・・
「国民がお願して」地デジ化されるんじゃないのを忘れるな!!

そう言えば、我が家もこの地デジテレビを導入した日にトラブっている。
このブログに書いたな・・・・あった!

2006/6/10ブログ『地デジ対応テレビの「B-CASカード」エラーでエライ迷惑(怒)』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20060610/archive

この時は、地デジテレビ本体は異常が無いのに、NHKが受信登録用にテレビ本体に付属させているカードリーダーの調子が悪く、結局カードリーダーの部分を交換するには日数が掛かるのでメーカーの人がテレビごと交換してくれたのだった。
カードリーダーの部分はメーカーはノータッチで、何処かの国の工場から運ばれてくるカードリーダーを装着するだけだったらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、地デジ化98%とは、どうやら怪しい数字らしい。

以下の『NEWSポストセブン』の記事をご覧いただければ納得だと思う。

『「地デジ普及率95%」総務省発表は80歳以上の高齢世帯を除外』http://www.news-postseven.com/archives/20110606_22364.html

他にもこの地デジ化98%という数字は怪しいという記事が多数みられる。
実際に10人に聞くと、2〜3人は「まだ」と答える。

「まだ」

それは「地デジ化」が“まだ”という意味だ。

「ワンセグで見るからいい」
「ワンセグで録画して観てるからいい」
「これを機にテレビ卒業。ラジオとネットですよ」

少し大雑把に言えば、UHF電波に移行した時に13のセグメントに区切って地デジ放送には12セグメントを割り当て、残りの1セグメントに携帯端末等への通信サービスを集約したものが1セグメント放送、つまりワンセグ。

他の12セグメントを割り当てられた地デジ放送では画像や音声をそれぞれのセグメントに分散して余裕があるがワンセグは文字通り1つのセグメントで画像も音声も送信するので小さな画面向きのサービスだ。

携帯電話以外にもワンセグ・モニターテレビもあり、いちいちこれらは地デジ化の手順を踏まなくても見れるので地デジ化の仲間には入らない。
固定電話を持たず、携帯電話とその回線を利用したPCユーザーの若年層は殆どこの方式だ。

さらに、もっと現実的なのが、二台目以降のテレビ。

御家庭でメインとなるテレビ以外は地デジ非対応の家庭が実に多く、もしも地デジ化というものをテレビの保有台数でみれば、恐らく半分にも満たないのが現状だろう。
我が家も非対応のアナログテレビがこのまま24日を向かえる。

一番の興味の対象が、実はコチラだ。



最後の、その瞬間は、一体どーなるのか?

きっと24日はブログもツイッターもフェイスプックも、この話題で大盛り上がりだろう。
地デジ化なんて話題にも上らず・・・・

そして、不要となったアナログテレビが大挙して今月末からリサイクルシールを貼られてゴミ捨て場に溢れかえる。

っで、

その代用、つまり二台目以降の地デジテレビはどーするの?

簡単である。

・地デジチューナー内蔵のPCでテレビを見る

・ワンセグ対応機器でテレビを見る

・テレビを卒業し、ネットとラジオで暮らす。特に今年は節電になるし。。。。


た・し・か・に。



やるぞ!ジャズプロ!
出るぞ!スペシャル!
今年は大トリ、応援宜しくデス
GOOD!

今年も開催決定。
日本最大級のジャズフェスティバル、

【横濱ジャズプロムナード2011】

2011年10月8日(土)〜9日(日)
横浜市内各ホール、ライブハウス、ストリート会場など連日100ステージ超、毎年10万人を超える観客で横浜の街がジャズに染まる二日間。

<前売券 発売日:近日発表>

●券種

10月8日券:ひとり券@4,000円,ペア券@7,500円
10月9日券:ひとり券@4,000円,ペア券@7,500円
10月8日・9日両日券:ひとり券@7,500円

チケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)等の各種プレイガイド、横浜市内文化施設等で販売予定です。

全体のタイムスケジュール、チケット情報等は近々の公式ホームページhttp://jazzpro.jp/index.phpでの発表をお待ちください。

♪ 今年のテーマは『 ありがとう 』です。
お客様、出演者、協力各団体、運営ボランティア、
多くの方々から思いが集まり、無事に開催することができることに、
今年は、より一層の感謝の気持ち込めて、お届けします。

今年は以下のプログラムで出演します。

出演日時:10月9日(日)19:20〜20:20
会場:関内ホール(小ホール)
出演:赤松敏弘(vib) vs 道下和彦(g) & ユキ・アリマサ(p)



今年の横濱ジャズプロムナードでは、赤松のデュオ・プロジェクト20周年を記念した、特別な二つのデュオと滅多に聴けないvib+g+pianoによるトリオをプログラムしました。


★赤松・道下デュオ
クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(vib)道下和彦(g) 1991年8月東京・千代田区/一口坂スタジオ

赤松・道下デュオは、日本のジャズ界が活性化していた1991年、当時の新進若手ジャズメン10組をピックアップしたファンハウス(現・Sony Music Entertainment Inc.)のアルバム『NOW'S THE TIME WORKSHOP』(二枚シリーズ)で、当時率いていたバンドA-Projectと共に紹介されてデビュー。
この写真はその収録時に収録現場だった一口坂スタジオで撮った宣材写真。ある意味ココだけのお宝(爆)。それにしても二人とも若い!(笑)
以来、全国津々浦々に出没してから早二十年。
デュオはその後バンドへと発展し、やがてそれぞれの道を進むようになり、今回約十年振りの再会が実現します。横濱ジャズプロムナードへのこのデュオでの出演は94年(第二回)の、はまぎんホール以来17年振り。

試聴赤松・道下デュオ“TRITON”1991年8月録音/同年11月リリース)


★赤松・アリマサDUO
クリックすると元のサイズで表示します
ユキ・アリマサ(p)赤松敏弘(vib) 2007年4月東京・世田谷区/クレッセントスタジオ

赤松・アリマサDUOは2000年の『NEXT DOOR』(Vega)でアルバム・デビューし、その後『Six Intentions』(2002年/Three Blind Mice)、『Still On The Air』(03年/同)、『Synergy』(05年/Vega)、『Tide Graph』(07年/同)と赤松のアルバムの中の要所要所で取り上げてきたマスターズ・デュオです。
横濱ジャズプロムナードへのこのデュオでの出演は、08年の横浜情報文化センターホール以来三年振りになります。

試聴赤松・アリマサDUOサンプル演奏(2005年4月録音/同年6月リリース)


横濱ジャズプロムナード2011の詳細は近々情報がアップされる公式ホームページ http://jazzpro.jp/index.php でゲット!

お見逃しなく!


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)2010年10月28日発売
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■LOWSONネット
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ