2011/10/19

午前2時めし、となれば・・・・  水曜:これは好物!


昨日のブログでも出て来ましたが、働く女子の比率が上がっていますね。
昨夜の目黒のスタジオでも・・・

クリックすると元のサイズで表示します
働く女子1号・・・何よりも機械が大好きなAzusa嬢。レコーディングミキサーのフェーダーを見つめて思わずうっとりしてこの世界に入った

クリックすると元のサイズで表示します
働く女子2号・・・元祖!働く女子と呼ばせていただきましょう。Nonoちゃん。アイドルから出発してシンガーソングライター、さらに作家と働く女子の鏡

働く女子。
それに対して・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
本日はビブラフォンとピアノのみ。いたってシンプル、いたって簡単なセッティング

まったりとセッティング、まったりと休憩中の男子。
午後8時から音出しを始めて、始まってしまえば密度が濃くて一通り終わったのは午後10時半過ぎ。
予定よりも早く終わったのでビブラフォンを片づけて、スタジオのロビーで僕、河野氏、スタジオオーナーの三者男子が揃い、早速近況報告から始まり、業界情報裏話談義に花が咲く。
昔は女三人で“かしましい”と言われたものだけど、既に女子は本日の仕事を終えて帰宅。
こちら男子三人は妙に盛り上がる。
ううん、、、、男女逆転か!?
男三人を女子の“かしましい”のように表現する言葉が無い。
ううん、、、
形容するとしたら・・・・・
せいぜい“てんぷくトリオ”くらいか。(笑)

取りあえず、社会的、未来的、将来的な話題に乏しくも有意義な時間が過ぎて、スタジオを後にしたのは午前0時45分。

。。。

予定ではそのまま山手トンネルを経て首都高新宿線経由で20分くらいで帰宅するはずだった。

が・・・・

山手トンネルに入って新宿線に合流する付近から何やら様子がおかしい。。。。
え??

ピンポンピンポ〜ン

只今この先永福ランプ付近で事故発生の一報が入りました。
只今事故の確認中です。
詳しい情報が入り次第お知らせします。


とな、、、

首都高に入ったばかりでこの先どのくらい渋滞で待たされるかわからない、となると出る(降りる)しかない。
やっとの思いで新宿線本線に合流したもののピクリとも動かない。

すぐ先にある幡ヶ谷ランプで降りる事を考えるが、同じ事を考えているのは、この周りの車全てだ。

クリックすると元のサイズで表示します

中にはこのまま渋滞明けを待つ、という人もいるかもしれないが、この幡ヶ谷ランプをやり過ごすと、その先は事故発生の永福ランプまで降り口は無い。
とてもじゃないけど付き合い切れないので出口へと亀の歩み。。。

クリックすると元のサイズで表示します

外気温は18℃。目黒を出た時は16℃だったから、この渋滞の排気ガスで2℃は周囲の気温が上がっている。電気自動車しかないな、もはや。

クリックすると元のサイズで表示します
首都高を捨て、一路甲州街道は笹塚の手前へ出るのだが・・・

やっと幡ヶ谷で下の甲州街道に出られたのが午前1時20分過ぎ。
これで万々歳かと思いきや・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

下は下で大渋滞。
深夜バスがまだこんな所で埋もれている。

理由は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そう。
察しの通り、このコーンが並ぶ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
路面舗装工事・・・by 車線規制中

この時期多いと思いませんか?
とにかくどこもかしこも道路工事。
まぁ、メンテナンスだから仕方ないとは思いますが、去年綺麗に舗装した所をまた掘るかーって箇所、まだまだ多いです。はい。今年は復興雇用問題もありますから、これも間接的な復興支援と思ってブレーキペダルを踏みましょう。

で・・・

もう午前1時半超え。
今日は遅くなるので外食予定で出て来たのだけど、まさか午前様とは予測していなかったので、どーしよう、と。。

ふと、信号待ちで目に入った道路情報板。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、25分で行けるなら、、と、急に思い立った。

国立ICは随分先まで行く事になるのだけど、深夜のこの時間帯で、駐車場完備、でもファミレスは避けたい、と考えると、意外とチョイスは少ない。
しかも、ガッツリ食べたいけど、なるべく「こてこて」は避けたい。
どんどん矛盾の選択でボロボロ候補が消えて行く。

午前2時頃の食事情。
昔なら環七でギトギトの背脂振りかけの「土佐っ子ラーメン」とか平気だったなぁ。
午前3時前に行ってもピークで、20人くらいずつ一列に並ばされて列ごとに「白箸」と「赤箸」を渡される。
「つぎは赤のお客様、どうぞ」とか言って、カウンターに一斉に並んでギトギトラーメンを喰らう。
帰り道で午前5時頃に行く事もあったなぁ。

もうラーメンは卒業。

「オレンジ色の看板」がなぜか午前3時頃になると素通り出来ない時期もあった。
きっと入れば平気なのだろうけど、今だと25分先まで我慢出来るな。
うん、大人になった。(笑)

。。。

なんでこんな時間に国立まで行くのかは別としても、25分よりも遥かに早く到着した。
この時間帯、工事現場さえ過ぎればスイスイと流れる。

到着したのは・・・・

ココ!

クリックすると元のサイズで表示します
『南京亭』http://www.nankintei.com/index.html

えー? 中華? さっき「こてこて」はパスと言ってたじゃないかーって?
ラーメンも卒業って言ってたじゃないかー。

はい。そうですよ。
大丈夫。

午前2時だと言うのに、店内は30人くらいの客と、4人の料理人、3人の店員が動き回り慌ただしい。

クリックすると元のサイズで表示します
カウンター席の中はオープンキッチン。常に4人の料理人が手分けして調理しているのが丸見え

24時間営業で、駐車場完備、すべて手作りの料理、という深夜族の心強い味方「南京亭」。

最初に入ったのは随分昔で、まだ東京に出て来て間もない頃、東京の郊外を走る国道16号線の瑞穂町付近を走っていると、深夜に大勢のトラックが停まって店内に人が溢れかえっている中華料理店の前を何度も通過した。

店の名前は「東京亭」。とうきょうていかと思ったらトンキン亭だった。
最近知ったのだけど、南京亭も東京亭も同じお店。
立地の場所が最初の店の南側か東側か、、、そんな理由らしい。

周りは何にもない田んぼか畑の真ん中。まだ国道16号線も片側一車線のローカルな道だった。
いつ通ってもその盛況が変わる事無く、そうなると、やはり気になる。
そうすると入るよね。

で、

入ってみたものの、個人的にはさっぱりこの店の「売り」がわからなかった。
不思議だよね。

こんな深夜にどうしても食べたいほどの味付けに全然感じなかったんだ。
そんな店が街の中では成立するほずもなく、これは郊外だから繁盛しているんだな、と心にしまいこんだ。

何度も入る機会があって、いろんなメニューを試したが、どれも「コレ!」って言う決定打が見えなかった。

ただ、、、、

ココで食べた翌日は、そんなに胃が重く無かった。中華なのに。。深夜メシだよ。

僕はココに来るとコレを注文する。

クリックすると元のサイズで表示します

全国津々浦々、名物と言われるもの多数。
美味しい名物もあれば、ちょっと口に合わないものもあったりする。
たまたま、高校時代に鉄道ふらり一人旅をしていた事もあって、食事情にはそんなに予算が裂けないから、どこの街でも標準の食べ物に限定して食べる内に、同じものでも地域によって全然味付けが異なる事に気が付いた。

最初は駅の「うどん」「そば」から始まり、駅前食堂の和の部なら「親子丼」「かつ丼」、洋の部なら「カレーライス」「ハンバーグ」時々「オムライス」、中の部なら「チャーハン」「中華丼」、と言った具合に安くて早くてどこにでもあるファストフードでそれぞれの土地の味を楽しんでいた。

だから、知らない土地で困った時の中華となれば「チャーハン」(実は焼き飯と掲げる店のほうがローカル色豊かで美味かったりする)か「中華丼」。

チャーハンは炒め具合や塩などのバランスで味がわかる。しかし油まみれ(じゃないと本当に美味くない)なので夜中にはちょっとヘヴィー。
そこで中華丼が和の部の親子丼の如くの地位にあるのだ。

で、

この南京亭の中華丼。

クリックすると元のサイズで表示します

言ってしまえば、中華丼の具には定義が無い。
店や地方によってなんでも入れている。
そもそも「中華丼」という品名も適当なもので、もう少し本格的な店の「五目旨煮あんかけご飯」の亜種と言うかサービスメニューと言うか廉価版と言うか。。。。

だからある所では、餡の中に半熟玉子がからめてあったり(これ実に美味いアイデアでした)、餡が結構お酢で酸っぱいのやら、濃いタレ味だったり、無色透明の透き通った餡だったりと・・・ホントバラエティーに富んでいます。

そんなですから、その店の味を探るには格好の品目。
で、この南京亭、いろいろ食べたが最後に回帰したのがこの「中華丼」。

味付けは見た目よりもあっさり。
だから午前2時ご飯でも大丈夫。
野菜たっぷり。
特に美味いのがこの「ぶよぶよ」の烏賊。
どんな下処理をしているのかわからないが、この「ぶよぶよ」感がちょっと癖になる。
まるで「烏賊こんにゃく」。
肉は豚肉の薄切りだ。
キクラゲにうずら、一通り標準的な「中華丼」の具は全て揃っている。

クリックすると元のサイズで表示します

濃い味を期待する人には、パンチの無い肩すかしのような感じだろうが、僕はこの味付けがとても気に入っている。淡いのだ。
最近のグルメと呼ばれる味の最大の欠点は、「これみよがし」な目の前の味しか凝ってない事。
奥行きと言うと、こういうファストメニューでは大げさすぎる。
淡さだ。
口の中で淡く広がる味。
中華なのに? って思うよね。
でも、コレ、僕が初めて国道16号沿いの東京亭に入った時から変わらない。

しかも、目の前で料理人が24時間いつでも中華鍋を振って作ってくれる。
作り置きが無いのだ。

レンジでチン、外で出されたら味気無いよ〜。
ファミレスとかチンだらけだもの。だから合成保存料で胃が重くなるんだよね。

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、見た目のデリカシーは目を瞑るとして、いいんですよ、このくらいガッツリで。
久しぶりに渋滞のおかげでこの好物を思い出したのでした。

ただ、不思議な事に、これ以外のメニューにはあんまりソソラレないんだよねぇ。
偶然、この中華丼だけが、僕との相性を司っているような感じ。
されど、四半世紀以上変わらないのだから、やっぱりこれは好物だよ。

。。。

そんなこんなで目黒から渋滞経由大迂回で帰宅したら午前2時半。
家人を南京亭の「お土産夜食」でペッドルームから誘い出してリビングは深夜のプチ晩餐。
食べてすぐ寝ると身体に良くないからね。起きましょ、起きましょ!!


★いよいよ今週末!!!

クリックすると元のサイズで表示します

2011年 10 月 21日 (金) 〜  22 日 (土)

東京・新宿
『西新宿三井ビル・サロンコンサート2Days』

西新宿三井ビルロビー(テラス側)特設会場で行われるサロンコンサートをお見逃しなく

開演:21日(金)午後5時30分 (60分1ステージ)
出演:赤松敏弘(vib) & 河野啓三(p) Duo
■03年から始まったサロンコンサート“秋JAZZ”のラストは、ヴィブラフォンとピアノによるブリリアントなデュオで締めくくります。

開演:22日(土)午後3時 (60分1ステージ)
出演:松島美紀(marimba) 林由香里(marimba) ゲスト:赤松敏弘(vib)
■マリンバ奏者・松島美紀率いるユニットとのコラボレーション。三人合計12本のマレットが宙を舞う!乞うご期待!。

クリックすると元のサイズで表示します

○出演会場: 新宿・西新宿三井ビル特設会場
       東京都新宿区西新宿6-24-1

      ■アクセス:東京メトロ丸の内線「西新宿」駅徒歩4分
            都営大江戸線「都庁前」駅徒歩8分
            JR、小田急、京王線「新宿」駅徒歩15分

○料金:フリー(椅子席は先着順)
    他にロビー内のスターバックス等飲食店のテラス席もご利用いただけます。
    但しこちらは要オーダー

○主催:三井不動産株式会社 ★Produced by Toshihiro Akamatsu



ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■LOWSONネット
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ