2011/10/24

新宿2days無事終了。たくさんの御来場ありがとうございました! 第一日目の様子  月曜:ちょっと舞台裏


新宿2days、西新宿三井ビル・サロンコンサート“秋JAZZ”に、たくさんの御来場ありがとうございました。

今年は初日から天候がイマイチで、どうなる事かとヒヤヒヤしましたが、いざ始まるといつもの通りの盛り上がりに。お足元の悪い中、御来場いただいて本当に感謝・感激でした。

それでは週末の二日間の様子をダイジェストで。

※ブログでは容量の関係でダイジェスト版ですが詳しい当日の写真などは赤松のFacebookに「アルバム」としてアップしました
http://www.facebook.com/akamatsu.toshihiro (お手数ですが閲覧にはメンバー登録が必要となります)

PS:第一日目終了後に出した「初日の熱演で切れてしまったビブラフォンの鍵盤を結ぶブルー紐を、二日目は何色の紐にチェンジしたでしょう?」というクイズ(?)の答えもしっかりとありますよ〜。チェキラ!!

■第一日目 赤松敏弘(ヴィブラフォン) 河野啓三(ピアノ)デュオ
※第二日目の様子はコチラ→http://sun.ap.teacup.com/vibstation/1656.html

クリックすると元のサイズで表示します

午後3時過ぎの首都高。我が家から会場の西新宿までは空いていれば首都高経由で20分そこそこ。しかしこの日は渋滞一歩手前の混雑で予定された到着時間に遅れる事5分。

クリックすると元のサイズで表示します

一つ手前の信号で前方の西新宿三井ビルを見ると、隣りには新しいオフィスタワーが二棟ニョキニョキと。

クリックすると元のサイズで表示します

西新宿界隈は再開発真っ盛りだ。

地下二階の駐車場で楽器を組み上げて会場のフロアまで転がして到着したのが午後3時45分。
実は駐車スペース待ちで思わぬ時間を費やしてしまった。週末は流動が多いからね。

共演の河野氏、音響の桜井さんと挨拶もそこそこにサウンドチェック。
これまでずっと九年間担当してくれた音響の平井氏が今回来られず、初めての櫻井さんだったので普段よりもちょっぴり長めにサウンドチェック。それでも実質30分くらいで終了。

控室に上がって本番を待つ。



午後5時30分。
某Fマネージャーの「あと1分あります」という仕切(笑)に準じて、きっかりオンタイムの登場。
何事もオンタイムは気持ちがいい(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

外はさっき小雨がパラついていたらしいものの、お客様もオンタイムでスタンバイ。
今日はみんなでオンタイム日和。

お客様が入ると会場の響きはガラリと変わる。
僕はサウンドチェックはとにかく短めの主義。
結局本番が始まると、またそこから耳を慣らすのにしばらくかかるから、アコースティック・ライブの場合は演奏しながらその日の「コツ」を掴んだ方が効果的。

ここは教会のように音が響くのだけど、不思議なもので人間が吸音材の役目をするので客席が埋まると上は響きが残るのに、下は意外とデッドになったりする。
そんな事も、実は演奏にとても大きな影響を及ぼすのがジャズの醍醐味。

だから二人で曲を進める毎に、どんどんその会場の響きを活用した演奏になって行く。

クリックすると元のサイズで表示します

河野氏とは今回が初めてのステージ。
事前にレパートリーを出しあい、構想をまとめての本番。

クリックすると元のサイズで表示します

ある時は良い意味でラフに、

クリックすると元のサイズで表示します

ある時は譜面にシリアスに、

クリックすると元のサイズで表示します

お互いのオリジナル曲は作曲者自身が責任を持って解説し・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あっと言う間の60分。

僕の体内時計でピッタリ60分のところで演奏も終了。
ここで演奏するといろんな方々とお会いできますが、ミュージシャンのファンの方はもちろん、このオフィス棟で働く方や、お子様連れの方など、普段はライブに出掛けられない方や、そういうのから卒業して久しい方々との交流が生れます。
今回は「夜の部」にも関わらず小さなお子様連れで見入っていただいた人が多く、とても嬉しく思いました。

御来場いただいたみなさまに心から感謝です。

さて・・・

ご覧いただいた方ならわかったと思いますが、あまりの熱演の為に、最後の二曲の途中でビブラフォンの鍵盤を結ぶブルーの紐が切れてしまいました。
もちろん「名人慌てず(嘘です)」で涼し顔をして演奏していたのですが、その時、頭の中ではこんな事を考えていしました。

「このまま続行して、この曲と次の曲で切れた音域を使う頻度をコントロール出来るかな?」
「切れた状態で影響がある音は・・・・Ab、Bb、Dbか、、、」
「さて、どーする?」

ステージがまだ始まったばかりだったりすると、切れた曲を短めに終了させて、相手にしゃべってもらったり、ソロ(独奏)演奏してもらったりする内に修復する事も出来ますが、すでにプログラム的にはラストに突入し、ここまで今日の演奏が造り上げてきたボルテージを下げるのも考えモノだなぁ、、と。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、次の曲をザザザッと連想すると何とか問題なさそう、という判断に。
そのまま、続行し終演しました。

観ていてハラハラした人もいたようですが、ぜんぜんこちらは平常心。
演奏がそれらをも埋めるほど勢いづいていたからでしょう。

終演後、明日も同じ会場なので楽器は控室に保管して帰るのですが、鍵盤だけ外して持って帰りました。

で・・・

ワタクシが選んだ紐の色はいったい何色か・・・?

クリックすると元のサイズで表示します

持って帰って別のビブラフォンの上で確認してみました。
結構ザックリと切れてます。

さぁ、では新しい紐に張り替えましょう

鍵盤用の紐のストックを見たら、ブルーの紐はあいにく在庫なし。
そうなると、他の色。
ただ、色だけの問題じゃないんですが・・・・

キレたのが5mm径の紐。
装着後の耐久力は約3ヶ月。
楽器が新しい事もあってキレやすい時期ではありますが、実は以前使っていた3mmの紐のほうが耐久力がありそうなのです。どうも5mmは3mmよりもフワフワした感じなのですね。
そこで3mmのストックから引っ張り出したのは・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

オレンジ!!

クリックすると元のサイズで表示します
3mm径で、このメーカーの紐を随分長く愛用していましたから、こう言う時には心強いのです

クリックすると元のサイズで表示します
一方のフック側は仮結び。こうやっておくと、いざ切れた時に素早く解く事が出来るのです

一晩別の楽器の派生音側を借りてパンパンに張っておきます。
そうしないと紐は伸びるのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

見た目はチグハグで、ピッチも違うので(シルバー鍵盤のピッチはA=440、ゴールド鍵盤はA=442)この状態での演奏は無理ですが、まぁ、珍しいかな、と。

クリックすると元のサイズで表示します

今夜はそのまま御就寝・・・・

●二日目に続く→http://sun.ap.teacup.com/vibstation/1656.html


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■LOWSONネット
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ