2012/1/23

ゆっくり新年会・・・・  月曜:ちょっと舞台裏


小雪も舞う週末は新年会でした。
我がマレット族の弟子、弟子OB達と今年の予見を(いや、“も”か・・・/笑)語りながら過ごす年に一度の時間。
都合のつく人だけが集まり、僕と家人が料理を仕込んで翌朝まで振舞うのだ。
言わば、弟子達の交流会の意味合いを持つ。
師が一年で一日だけみんなのシモベとなる日でもあるんだな、これが(笑)。
ただし、一つだけお約束。みんなで楽しく飲めるお酒を一つだけ持参する事。美味しい、珍しい、ウケ狙い、なんでもござれ。以前は「干支にちなんだ銘柄」とか具体的な「お題」を発令した時もあるのだけど、今年の干支で探すのは・・・・難し過ぎるので撤廃。

自分でも経験があるのだけど、ビブラフォンやマリンバのレッスンの前後に顔を合わすだけだった人と何かの機会にじっくり話してみると妙に盛り上がって意気投合したり、それぞれが発表するライブに出掛けてみたり。同じ楽器だからわかる事や、同じ境遇の中でしかわからない不安や期待など、いろいろ。
特に我がマレット族は年齢層も高校生からベテランまで様々だから。(もちろん未成年は参加出来ない)

今年は日程をチョイスするとこの日が一番集まれそうだったので、珍しくゆったり新年会になった。
迎え撃つ(?)こちらも準備万端だ。

午後8時から翌朝始発の時刻まで。

さぁ、まずは最初の第一陣での乾杯から始まった!
ライブやコンサート、レコーディングなどがハネてからの参加もいるので「五月雨式」です。

クリックすると元のサイズで表示します
混声合唱団よろしく、少数精鋭で今年の新年会はスタート!

スタート組には特権がある。
なぜなら、手料理だから後半には出ないメニューが多いからだ。
本日のピークは午後10時台。

(1)ウェルカムメニュー/フレッシュレタスの紹興酒・オイスターソース蒸し
クリックすると元のサイズで表示します
僕作。刻みニンニクでガーリックオイルを作り、サッとレタスを炒め紹興酒のオイスターソースで蒸したシンプルなもの。我が家のウェルカム定番。

(2)ウェルカムメニュー/手造りディップ各種とスティックパン
クリックすると元のサイズで表示します
家人作。手造りマヨネーズも加えた家人の自信作。僕はめんたいマッシュポテトディップにハマりまくり・・・

(3)ウェルカムメニュー/手造りテリーヌ二種と自家製チャーシュー
クリックすると元のサイズで表示します
家人作。数日前から家人が仕込んでいたのはこれだった! このテリーヌ凄いよ!

さあ、テーブルに料理が並び始めると・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

まるで椅子取りゲームのようにテーブルの至近距離に待機して誰もテーブルから離れない(笑)
椅子に座ってドリンクを飲みながら歓談していてもいいんだよ・・・・

じゃ、

よ〜い!

ドン!

クリックすると元のサイズで表示します

早ッ!(笑)

いいんです、その活き、その活き。

(4)自家製酵母のハム&チーズ入りパケットと、全粒分いりパケット、リュスティック二種(ノーマル&ホワイトチョコとドライペリー)
クリックすると元のサイズで表示します
家人作。これらはサイドテーブルに並べてあるのですが、只今全員メインテーブルに殺到中(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
セメント袋のような特大サイズのコストコ・ポテトチップス

これと家人作のディップがまた相乗効果に旨味を増すからイケません、イケません。

徐々に新着組が加わり、あちこちで「ごあいさつ」の光景。
ここで初めて会う人もいるからね。

クリックすると元のサイズで表示します

 正しく正しい日本の会席光景・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
「ささっ、どうぞ、どうぞ」 「これは、これは」

(5)和風肉団子
(6)豆腐の味噌漬け
クリックすると元のサイズで表示します
あちこちの写真を撮っている隙にペロリと平らげられたテーブルの残像・・・・!?
(5)僕作、和風肉団子と(6)家人作、豆腐の味噌漬け。

我が家の肉団子は揚げない。牛肉と玉ねぎ、醤油やお酒、調味料を合わせてこねて煮るのだ。出汁に生姜を刻んで入れて最後に青ネギと七味唐辛子をふりかける。柔らかであっさり味だから・・・・・確かにあっと言う間に箸が進んだようだ・・・・

続々と到着組がいるので、この辺りで第二部突入の乾杯に


クリックすると元のサイズで表示します
午後10時第二部突入・・・・・かんぱ〜い!

クリックすると元のサイズで表示します

乾杯後の歓談に入ると僕も家人もキッチンに急行
調理が佳境に入っているからだ。

(7)牛肉白ネギのせりとじ鍋
クリックすると元のサイズで表示します

僕作。鍋の周囲に牛肉を敷き詰め、真ん中に白ネギを並べて日本酒を鍋の半分まで入れ、醤油と少量の砂糖、少量の鷹の爪に塩で味を調えるだけ。

最後の最後に・・・
クリックすると元のサイズで表示します
大量にせりを入れて蓋をし、せりに軽く火が通ったら出来上がり

最初に“すき焼き”の要領で牛肉に砂糖と醤油を加えて焼き、白ネギを均等の長さに切って鍋の真ん中に建てて並べて焼くのがコツ。少し焦げた白ネギからは風味と甘みが出るのでこれを十分に活用するといい。せりは生でも食べられるので火の通し過ぎに注意。

(8)烏賊墨パエリア
クリックすると元のサイズで表示します
家人作。ちゃんとジャスミン米(上級タイ米)を使って作られている!! さすがだ。烏賊スミの具合がまたよろしい。
全員お歯黒を狙ったがペロリと食べられて、ゴックンとアルコールに流されて集団お歯黒ショットは実現せず・・・・・残念!

(9)タンドリーチキン
クリックすると元のサイズで表示します
家人作。前々日から漬けこんだ自家調合スパイスがしっかりチキンに滲みこんでGood!
今回はかなりスパイシーでそれもGood!

(10)もやしの香草サラダ
クリックすると元のサイズで表示します
僕作。新鮮なもやしを素早く茹でて水にさらして冷やす。ボウルに醤油、お酒、調味料、ごま油、少量のおろし生姜、はちみつに刻んだ香草を和え、さらに水切りしたもやしを加えて混ぜ合わせる。
取りだす時に、もやしは一旦水気を切って盛り付け、残ったソースを塩とレモン(汁)で味を調えてかける。

香草が苦手という人でも少量ならきっと食べられると思うメニュー。
「香草が苦手な人には薦めませんよ」と前置きして並べたが・・・・・
あっという間に消えた。。。

ここで音大の後期実技試験間近のマリンバのaimi嬢が帰路に。

(11)肉ごぼううどん鍋
クリックすると元のサイズで表示します
僕作。さっきの“牛肉白ネギのせりとじ鍋”の残ったスープを使って仕上げたリサイクル鍋。
残りのスープ(この日はかなり減っていた)を水で薄め、薄口醤油少々(塩分が強いから注意)、だし昆布(うま味調味料で可)、日本酒と砂糖少々を加えて鍋にうどん出汁を作る。
水にさらしてあく抜きしたごぼうやちくわなどを入れ、沸騰したらうどん玉を入れ、最後は春菊で表面に蓋をして出来上がり。
あつあつをあつあつと言いながらいただく。
春菊でなくても白ネギでも青ネギでもセリでもなんでも葉物ならいい。
なるべく関西風のツユにするのがコツ。

クリックすると元のサイズで表示します

料理は出した瞬間からあっと言う間に摂取されて行きます・・・

と、その時・・・

ピンポ〜ン!

っぬ。

宴もたけなわ。

この絶妙のタイミングにベルを鳴らすのは・・・・・・

っや、奴しかいな〜い。

みなさま、お待たせいたしました。

日本マリンバ界の王子こと、
クリックすると元のサイズで表示します
シンスケ登場!

皆のもの、待・た・せ・た・なぁ〜

(一同)あれ〜エ!
クリックすると元のサイズで表示します
※約一名新人の為この場の寸劇の意味がわからず・・・・(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
「今宵はこのダーク系ワインにてたっぷりと深い味わいを楽しみましょう」

了解!

ピンポ〜ン!

あらら、随分と可愛いベルの音ですこと。

シンスケの数十秒後に到着したのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
「ゆりで〜す!」

一同から歓迎の拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手

「あれ〜? 僕が来た時は誰も拍手してなかったのに」とシンスケ。
まぁまぁ、それはそれ、人の反応はそれぞれだよ。(笑)

8時9時10時11時

さて。

そろそろ第三部に突入。午後11時過ぎ。
終電組がそろそろ出なければならない時間なので。

では、恒例の新年のご挨拶withセレクション。

クリックすると元のサイズで表示します
今夜命名「いくみん」ことIkumi嬢。栃木出身にちなんで「いちごワイン」で登場!

いちご(とちおとめ)の香りが口いっぱいに広がるさわやかな味です。

さあ、恒例の乾杯ショットと準備していると・・・

ピンポーン!

ちょうど「いくみん」の国立音大での直属の先輩でもあるヨシトモ嬢が到着。
一同から歓迎の拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手

「あれ? やっぱり拍手が・・・」と某(笑)
さぁ、「いくみん」の終電に間に合うように整列整列。

クリックすると元のサイズで表示します
「いくみん」に乾杯〜! ちょっと右寄りになっちゃったけど・・・

「いくみん」がダッシュで駅に向かうのと入れ違いにAsuka嬢登場!

続いては・・・


クリックすると元のサイズで表示します
ホリヲ青年は「限定300本の梅酒」で登場

限定300本は凄いなぁ・・とみんなが話題にしているたと「っあ、限定3000本って書いてましたぁ、あはははぁ、、、」と。そのロットの違い、全然有難味が違うぞ! と全員からのツッコミ
しかしお酒はトロ〜リとした濃厚でそれでいて嫌味のない素晴らしいものでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ホリヲ青年に乾杯〜! ロット数間違えてたけど・・・

ホリヲ青年が駅に向かうのと同時に日付が変り第四部に突入!

日付跨ぎはこのメニューで。

(12)お馴染み白菜と豚肉の日本酒煮込み鍋
クリックすると元のサイズで表示します
僕作。深夜のこの時間にこの鍋はイケません、イケません。沸騰させて十分にアルコール分を飛ばした日本酒なのに、なぜこんなに絶妙な味になるのでしょう。イケません、イケません。

さあ、続いては・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ラッキィー・レディーMari嬢が完全にウケ狙いといいながら取り出したるは松竹梅なりぃ。

クリックすると元のサイズで表示します
Mariちゃんに乾杯〜! 彼女のくじ運の強さにお顔をみんなで拝顔。「ごりやく、ごりやくぅ〜!」

その間に先ほどの「白菜と豚肉の日本酒煮込み鍋」はすっからかんに空きつつあったので、じゃこれも変身させてみるぞ! とばかりにキッチンへ。

(12)クリーミィ・ちゃんぽん鍋
クリックすると元のサイズで表示します
僕作。あまりにも美味しい出汁がでる白菜と豚肉の日本酒煮込み鍋の残りにホワイトソース、香辛料、白菜、玉ねぎ、などを入れてシチュー風に変身。そこへちゃんぽんめんを入れるという快挙。これがバカ受けで、写真を頃にはご覧の通り・・・・・。
寒い深夜にお腹と身体はホッカホカです。

さぁ、続いては・・・

クリックすると元のサイズで表示します
Hitomi嬢も「いちご」のお酒で登場。こちらは山田錦を使った日本酒にいちごの酵母をつかったもの。一口ではわからないが、杯を重ねる毎にほのかな苺の香りがした。

クリックすると元のサイズで表示します
Hitomi嬢に乾杯〜! 今年は懺悔無しに頑張ろうぜ!(業務連絡)

続いては・・・

クリックすると元のサイズで表示します
Yuri嬢は赤ワインで登場。実は彼女とMari嬢は一昨年ココで十数年ぶりの再会を果たした仲。世間は回り回って狭いもんです。

クリックすると元のサイズで表示します
Yuriちゃんに乾杯〜! 夜型友の会のメンバーです。今年もギンギンに夜型で行きましょう!

おやおや、偶然にも宮城県出身が続きま〜す。

クリックすると元のサイズで表示します
Asuka嬢はド〜ンきましたシングルモルトの宮城峡。東北頑張れ! なんとマレットシンセのマレットカット(KAT)を新兵器として手中に納め今年は攻めの態勢に。シングルモルトバンザイ!

クリックすると元のサイズで表示します
Asuka嬢に乾杯〜! マレットカットの威力は如何に!

(13)深夜の金笛減塩醤油と片栗粉だけによる唐揚げ
クリックすると元のサイズで表示します
僕作。お馴染みの川越の醤油メーカー金笛の減塩醤油に30秒だけ浸して素早く片栗粉にまぶしサッと揚げるだけのシンプル唐揚げ。
これがまたあっと言う間に消えてしまって、アップの写真すら無い。。。

さあさあ、今度は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
「しろえり」こと新人eriko嬢の登場。このヨーグルト梅酒が実に飲み口がデザートのようでするすると入ってしまってイケません、イケません。

クリックすると元のサイズで表示します
しろえりちゃんに乾杯〜! 東京はおかしな街でしょ〜! あれ? 誰か足りないぞ? 誰だ?

この時間(只今午前2時)に一人電話連絡中。眠らない街トーキョー。

続いては・・・

クリックすると元のサイズで表示します
Yoshitomo嬢の登場! もうすぐ国立音大のアドヴァンスドコースを卒業し社会へと羽ばたく期待の新人。ナイスなセーターがシンスケに好評。頑張ろう!

クリックすると元のサイズで表示します
Yoshitomo嬢に乾杯〜! ヴァイブ道はこれから山場に入るゾ〜! 覚悟されたし!

さて、時刻は午前3時の手前。
さすがに乾杯の連続 = チャンポン飲み、という事でだんだん写真に写っている顔からも酔いの度合いがわかるようになってきました。

12時1時2時3時この辺りでようやく全員着席して第五部、深夜の大ディベート・タイム。

まぁ、王子の話しに始まり、最近のマレット界、音楽界の話しに移り、今後のマレット界の展望や夢を語る、、という一見真面目で真剣な座談会のように見えるが、段々酔いで呂律も怪しいディベート。

いろんな意見や最近聴いたり見たりした音楽の感想や意見、将来に対する問題提議などを挟みながら、結局はこっくり、こっくりと船をこぎ始めるモノも。。。

まぁ、コンサートの後に駆けつけてくれたのだから、そっと寝かせてあげよう、と隣りの部屋に搬送。
無事に御迎えされました。。。

この間(14)僕作、鶏肉とキャベツのひるぜん焼きそば(ディベートに夢中で写真撮り忘れ)と、恒例の「夜明けのパスタ」が登場。

(15)トラウトサーモンのクリームソース・パスタ
クリックすると元のサイズで表示します
僕作。トラウトサーモンは別の料理を考えていたのだけど、もはやこの時間ではと急きょパスタのソースに変更。生のサーモンはそんなに臭みも無く何にでも使えるので重宝。念のための臭み消しに少量のレモンを刻みこんでいる。

午前8時前の夜明けのパスタ。
飲みも飲んだり、食べも食べたり。
話すも話したりで、覚えているだけで15種酒、17種食。

これだけタフなら、きっとライブやコンサートに来たみなさんを、見た事も無い世界へと連れて行けるパワーが宿っているでしょう。

迷走続きのニッポンですが・・・

どうか私達マレット族の演奏や音楽を見掛けたら、
是非楽しんで行ってください。
私達は、何があっても
最善の音楽を提供する事に尽くします!


クリックすると元のサイズで表示します
今年もどうか宜しく!!
+約一名隣りの部屋で熟睡中も含め

夜が明けて今回の乾杯にこぼれてしまったお酒達。。。

クリックすると元のサイズで表示します
Midoriちゃんが持って来てくれた「みかんのお酒」

クリックすると元のサイズで表示します
こんな可愛いボトル。今度賞味して味を報告しよう。

そして・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
某・シンスケ王子持参のダーク系ワイン「the Prisoner」

the Prisonerは監獄とかって意味なので是非深夜帯にディープに飲みましょう、、、と語っていた本人は隣りの部屋で熟睡中。the Prisonerって逃亡って意味もあるんだったよなぁ。。。。
王子、今度改めてプリズナーしようぜ!

今年もヨロシク〜!




『2011年ベスト・ライブ(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ