2012/2/27

何かヘン・・・・?  月曜:ちょっと舞台裏


先月辺りからやたらと目にする●●●gleの「新しいプライバシー ポリシー」。

今までネットの成長と共に拡大してきた●●●gleのネットワークをこの辺りで一つにまとめておかないと、この先何が起こるかわからないからそれは当たり前の事だと思う。

いろんな「道具」を吸収して来たわけだから、それぞれの「道具」に適したポリシーを唱えていたはずだ。
だからモノによっては同じ●●●gleなのに全然違う言い回しのポリシーなどもあったのだろう。
それを、この時点で「一つ」に統一しようという試みは、利用者からすればむしろ歓迎すぺき事なのだと思う。

そうなのだ。

きっとこれは歓迎すべき事なのだろう。

たぶん。。。

これまで●●●gleの検索機能は他よりも優れていたのでよく利用していた。
その一つにはロボット・ベースの検索システムであるので「厄介な事」が起こりにくかった点が大きい。

今は●●●gleシステムを流用するようになった別の検索システムでは、人手によって構築していた事もあってあまり正確な検索結果が得られなかった。ただ、逆に言えば管理する人の手が加わっていた事によって、人間にしか判断出来ない直感的な事には一理あったのも事実。
しかし、毎日のように膨張して行くネットの中ではとても人が対処出来るほど猶予は無かった。

ほぼ世界独占の形となりつつある●●●gleが、ココで整理整頓しようと言うのはタイミングとしても遅すぎるくらいだ。

ただ、その前段階というか、準備と言うか・・・
ユーザーが視覚的に「わかりやすく」アプローチ出来る反面、知らない間に個人情報が収集されているように思える部分があり、昨年くらいからあんまり気軽には使えないなぁ、と思ったりしていたところだ。

クリックすると元のサイズで表示します

●●●gleがネット上で無料配布している独自のブラウザ、Chromeを使い始めた時も何かヘンな気がした。
ある時、履歴消去ボタンを押しても記録が消えないという症状が発生し、しばらくして回復した。
なんか気味悪くてそれ以降気軽なネットサーフィンなどには使わなくなった。ネット創世記の頃からネットサーフィンをすれば「重くなる」のは日常茶飯事。快適に使おうとすれば些細な履歴も消去するに限る。

ちょっぴり「なんかコレはあるなぁ」と思っていた矢先の「新しいプライバシー ポリシー」だ。

例えば、次の文を読んでいて何か妙に感じないだろうか。。

●●●gle 全体で 1 つのポリシー

これまでは ●●●gle 全体で 60 を超えるプライバシー ポリシーがありましたが、今回、これらをより短くて読みやすい 1 つのポリシーに統一することにいたしました。新しいポリシーは多様なサービスや機能を網羅いたします。これは、シンプルで美しく、直感的なユーザー エクスペリエンスを ●●●gle 全体にわたって実現したいという ●●●gle の願いの表れです。

今回の変更は重要ですので、●●●gle の新しいプライバシー ポリシーと利用規約を是非ご確認ください。これらの変更は 2012 年 3 月 1 日より有効となります。


短くて読みやすい1つのポリシーって何だ・・・・?

よくある質問のところを見ると、、、


新しいプライバシー ポリシーはどのような点が違うのですか?

第 1 に、メインの ●●●gle プライバシー ポリシーを、よりシンプルで読みやすいものになるように全面的に書き直しました。新しいポリシーの発効と同時に、60 以上に及ぶサービスごとの既存のプライバシー文書は失効します。その結果、●●●gle が収集するデータとその使用方法について、ユーザーの皆様により簡単にご理解いただけるようになるはずです。

第 2 に、新しいポリシーは、シンプルで美しく、直感的で統一された操作性を ●●●gle 全体にわたって実現するという ●●●gle の目標を反映したものです。新しいポリシーにより、●●●gle アカウントをお持ちのユーザーがログインしているときに、●●●gle が 1 つのサービスを通じてユーザーから提供された情報と、別のサービスを通じて提供された情報を組み合わせることができることが明確になります。つまり、ユーザーを ●●●gle の各種サービスすべてで共通して 1 人のユーザーとして扱うことができるということです。


何の事だかおわかりになった方はいらっしゃるだろうか?
短くて読みやすい1つのポリシーって掲げてたのに、全然意味不明。

こんな部分もある、、、、

この変更の結果、具体的に何が変わることになるのですか?

時間の経過とともに、●●●gle サービスをご利用の際に表示される検索結果、広告、その他のコンテンツの質が向上することが期待できます。●●●gle の各種サービス間でユーザー エクスペリエンスの一貫性が高まることから、たとえば単語を入力したときに、以前の入力データに基づいてつづりの修正候補がより正確に表示されるようになることが考えられます。あるいは、自分の現在地、カレンダー、自分の住む地域の交通状況から、会議に遅れるというアラートを受け取ることもできるかもしれません。●●●gle では、これからも多くの仕事をこなさなければならない皆様にとって、よりいっそうお役に立てる存在になりたいと考えています。


ますます意味不明な説明文。

何かを伝えようとする場合、自分にとって不利な事は極力遠まわしな表現でわかりにくくする場合があるが、なんかそのものズバリなんだよねぇ。

全ての説明に「主語」が欠けているように思えてならない。
すなわち、「こうする代わりに」「こんなメリットを生む」的な表現をすればわかりやすいのに、その「こうする代わりに」がユーザーにとってとても不快に思われそうな事だったりした場合、それを避けて説明しようとすると・・・・この文章みたいになる。

下衆の勘繰りかもしれないのでこのくらいに留めておくが、何か解せない。

こんな時は、取りあえず●●●gleとはそんなにべったりではないApple社のブラウザに切り替えて、●●●gleが唱える「新しいプライバシー ポリシー」とやらが、どんな環境に導くのかを静観しようと思う。

それが、「なるほど!そーゆーこと!」と合点が行けば、再びChromeも出番があると言うもの。
どちらにしても、せめて説明くらいは自動翻訳機のようなものよりも、もっと直感的に理解出来る文面にしてほしいものだ。





今度はデュオだ!

赤松meetsハクエイが今度はデュオで登場!

只今予約受付中。良いお席のお求めはお早めに!

“赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p) DUO”

昨年(2011年11月)大反響を呼んだ赤松meetsハクエイの初共演から今回はデュオをたっぷりと!
最も斬新なヴィブラフォンとピアノのデュオの誕生。2012年イチオシのステージです。

今回はお互いのオリジナル曲やスタンダードの他、初めての試みとして二人による純粋な即興演奏も予定しています。
即興演奏と言っても、よくありがちな現代音楽風、又はフリージャズ風にドシャメシャやる表現ではないやり方が我々二人なら出来そうなのです。
二人ともそれがどんな音になるのか、当日始めるまでわかりませんが、お互いに予期するところあっての挑戦です。


どうぞお楽しみに。

本公演は要予約です。良い席はお早めにお求めください。

クリックすると元のサイズで表示します
Toshihiro Akamatsu (vib)    Hakuei Kim(piano)

クリックすると元のサイズで表示します

○日時: 2012 年 3 月 18 日(日)、午後2時半開演 午後4時頃終演予定

○会場:東京都大田区鵜の木3-4-15 “アトリエひらり”
    東急多摩川線・鵜の木駅(改札口左へ)線路沿い徒歩8分

○出演者:赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p)

○料金:3.000円・完全予約制(お茶とお菓子のティータイム付き)

○問い・予約:03-5482-2838(アトリエひらり担当:つちや)

お見逃しなく〜〜〜!!!






『2011年ベスト・ライブ(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ