2012/7/27

音楽的読唇術:洗練されたヴァイブやマリンバのインプロを考える-想像力:今度は調号も無い!?  金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック


毎週金曜日はVibraphoneやMarimbaをやっている人向けのお話し。
金曜第二百七十二回目の今日はコード奏法編『音楽的読唇術:洗練されたヴァイブやマリンバのインプロを考える-想像力:今度は調号も無い!?』というお話し。

途中からの人は先週の『音楽的読唇術:洗練されたヴァイブやマリンバのインプロを考える-セカンダリードミナントの整理』( http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20120720/archive )も読んでくださいね。話しの流れが見えないと応用力が身に着きません(笑)

ココまでの金曜クリニックをご覧になりたい人は左のカテゴリー(またはこの記事のタイトル右側にある)「金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック」をクリック。この記事に続いて過去の記事全てを見る事が出来ます。チェキラ!



古典的なスタンダードの例だけでは現在のジャズの現場の事例に適合しないので、今日はコンテンポラリーな事例を。

インスト音楽としての発展が急速に進んだ70年代以降、ミュージシャンが取り上げる曲は専門の作曲家の作ったものから、ミュージシャン自身が自らの音楽を確立する為に作曲するオリジナル曲へと主流が移ってきました。

より面白い音を、よりおもしろい響きを、という方向で様々な周囲の音楽と融合しながら、ジャズがインスト音楽として生き残って行く為に選んだ道は、大きな枠組みのジャズの中のカテゴライズ、つまりピバップだとか、クールジャズだとか、モードだとか、スイングジャズだとか、ジャズロック、フリージャズ等々、、、これまでジャズという枠組みの中で歴史的に区切られていた「流行」的カテゴライズから、より個人のスタイル的カテゴライズへと細分化されて行ったわけです。

「ジャズと言えばナニナニ」
「トランペットと言えばダレソレ」
「新しいジャズと言えばカクカク云々・・・」

こういう大雑把な横並び的な枠組みをこの時にジャズは放棄したわけです。
最初の内は、新しさばかり求めて古きを否定するところから始まりましたが、この細分化された個人的スタイルが成熟すると同時に、ジャズは古典から現代までが共存する一つの成熟したジャンルを形成するようになりました。

このような流れの中で、作曲の面でも大きな意識改革が起こり、新しいサウンドを演出する為に旧来のやり方からより自由なやり方へと進化した面があります。

その代表的な事例が、調号を用いない記譜スタイル。

一時的な転調のスリルや、展開としての衝撃をスコアリングする際に、従来のように一つのキー(調)の中だけではストーリーを負えなくなったのです。

今日は、そんな譜面に出会った時の事例。

ギターリスト、ジョン・スコフィールドのロマンチックなワルツに“Do Tell”という曲があります。
特にこの曲の展開部は、リリカルで何度繰り返して演奏しても心に沁みて大好きです。
しかし、この曲はこんな風な記譜になっているのですね。

“Do Tell”(展開部のみ)
クリックすると元のサイズで表示します
(クリックで拡大/以下同じ)

ラストタイムはこの部分をBISしてソロを演奏しますが、さて、それぞれのコードスケールを探ろうにも、調号がありませんから初見の時は困惑してしまいますね。

もちろん、この曲はCメジャーのキーではありません(笑)

ここで、調号を用いない譜面のある程度の大原則を。

・基本的にコード間の結び付きによる調性が確立されていない部分はノン・キーシグネチャー(調号が無いまま)

つまり、コードとコードの繋がりが示す調性が手掛かりとなるわけです。

これまでのコードスケール・アナライズの順位(1位コードトーン、2位メロディー・ノート、3位コードの連携、4位調号)の選択肢から、形の上では4位が消えてしまうわけですね。

このコード進行をよく見ると、ある事に気付きます。
それは・・・・

||マイナーセブンスコード|→| next ||
マイナーセブンスコードを経て、新しい何か(展開)に進み、再びマイナーセブンスコードを経て新しい何か(展開)、の繰り返し。

この「何か」の部分は、最初はブランクで良いでしょう。

と、言うのも、この「何か」の部分に登場するコードはドミナントコード系が多く見えますね。
ドミナントコード系は、ジャズでは複雑なコードスケールの形が何種類もありますからチョイスに若干時間がかかります。
そこで、初見で演奏を進める場合は、取りあえずブランクとしてコードの流れやバックが出すコードヴォイシングに「聞き耳」を立てるのに集中します。

そこで、比較的チョイスの少ないマイナーセブンスコードのコードスケールを想定しながら演奏を進めましょう。

チョイスが少ないと述べましたが、それはこのようなコンテンポラリーなジャズの場合、一つ一つのコードの連携に最小必要限の「主張」を盛り込む場合が多いのです。
つまり、マイナーセブンスコード一つでも他のコードの助けを借りずに調性を誇示できるコードスケールを有するもの、すなわち、特定の調の影響を強く受けるアヴォイドノートを含まない、サブドミナント系ドリアン・スケールである場合が多いのです。
これは、古典的なジャズのコード進行にみられるIIm7→V7のIIm7と同じスケールでもあるわけですね。

そこで、特に問題が無ければ、この部分のマイナーセブンスコードをドリアン・スケールと仮定して、次のように一定の形を当てはめて演奏し、いろいろな事を探る土台を作ります。

クリックすると元のサイズで表示します

コード進行をみる限り、Bm7-E7(b9)とFm7-Bb7(b9)のところのマイナーセブンスコードは確実にドリアン・スケールでしょう。
また、続くEbm7-A7(#11)のところも変形しながらもドミナントセブンスコードへの進行なのでドリアン・スケールと仮定して問題無さそうです。
この全体の流れからAbm7もドリアンスケールと仮定して問題無さそうです。

では、一つテーマを決めましょう。
各コードの最初に弾く音を決めるのです。

実音で連想するのではなく、コードスケール上の何の音であるのかを。

そこで、ドリアンスケールですから、安心して使える9thを最初に弾く事として、下行するモチーフを描いてみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれのモチーフの最後の音が、次のコードに進行した時、なるべく近くてアヴォイドノートとならない一音として何が聞こえて来ますか?

同じモチーフを二拍めから始めて、次に来る音を想像してみましょう。
これを想像する事で、次のコードのコードスケールも連想出来るはずです。

クリックすると元のサイズで表示します

理論と想像。
この二つのフィルターを通してこの部分の「想像的アナライズ」が始まるのです。

面白いでしょ?

(以下、次回)




『BEST LIVE 2011(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ