2012/9/21

音楽的読唇術:洗練されたヴァイブやマリンバのインプロを考える-インターバルの効果とシャコタン計画  金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック


毎週金曜日はVibraphoneやMarimbaをやっている人向けのお話し。
金曜第二百八十回目の今日は先週からの続き、コード奏法編『音楽的読唇術:洗練されたヴァイブやマリンバのインプロを考える-インターバルの効果と深夜のシャコタン(?)計画』というお話し。

途中からの人は前々回『音楽的読唇術:洗練されたヴァイブやマリンバのインプロを考える-非ジャズトレーニングの立体化』( http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20120907/archive )辺りから読んでくださいね。

ココまでの金曜クリニックをご覧になりたい人は左のカテゴリー(またはこの記事のタイトル右側にある)「金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック」をクリック。この記事に続いて過去の記事全てを見る事が出来ます。チェキラ!



Musser vibraphone の新機種、M55GJを導入して1年と三ヶ月が経ちました。
つまりオールシーズンを経たわけです。
長年の悩みの種だった楽器のグラつきは皆無。
操作性は至って上々。
鍵盤もこの一年で響き方が落ち着いてきました。
たぶんこのまま成熟するでしょう。

ハイブリッド版(米国Musser社と日本のメーカーのOEM)の為に、細かい部分での相性がどの程度のものになるのかは使用経過を見る限り良好。

ただ、唯一の問題点はペダルのセッティングの違いにありました。

これまで四半世紀以上、純正Musserのvibraphoneに馴染んで来た身には、どうにもペダルの位置が馴染まないのでした。
ブランドの販売店とは「アダプター」の必要性を意見交換していますが、それはあくまでも暫定的。
最終的にはペダル装着パーの留め位置を手前に改良する事になると思いますが、楽器にはそれぞれ固有のセッティングの良さ、という点もあるのでいろいろと試して来ました。

しかし、演奏中の足の疲れ具合からすると、このセッティングは良いとは言えず、昨日も演奏中に足が攣りそうになりました。
どうやらこのペダルのセッティングでは、背筋をピンと張った状態でないとワークしないポジションで、我々のように縦横無尽に鍵盤上を飛び回る奏法には向かない(予め予測した姿勢で演奏出来ない為)事が判明しました。
なので、吹奏楽やオーケストラなど、譜面に書いてある音を演奏する分には予め予測の立つ姿勢が取れるので問題ないと思えます。
あくまでもジャズなど、少し特殊な奏法を用いる演奏者に起こる問題です。

そこで、留め位置を改修するまでの最後の手段として、鍵盤の位置(アジャスター機能を使って)をあれこれと変えている内に、一番低いセッティングにすると身体のバランスに対する負荷が軽減される事がわかりました。

そこで・・・・

深夜にシャコタン計画を実施!

ほらね。。

クリックすると元のサイズで表示します
左がハイブリッドM55GJ、右がオリジナルの高さの純正米国製M55

こんなに鍵盤を低くしたのは・・・・いや、初めてです。
鍵盤の高さで約4cm。

マリンバの基音側と派生音側くらいの差。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、楽器を低くした事は無かったですが、高校時代にマリンバを練習してヴィブラフォンに移ると物凄く鍵盤の高さが高く感じて(実際にマリンバの基音側よりも高かった)演奏姿勢が狂うのが嫌で、厚底の練習靴を履いていたのです。
大学時代も通してプロになってしばらくの間も、その厚底の靴の高さに身体が馴染んでいたのでなかなか苦労しながらもそのままでした。

今では笑い話になりますが、ラフな厚底靴は見つけやすいのに、フォーマルな服装の時に大弱り。
そこでシークレットシューズにまで手を出そうとしかけて・・・・・これじゃダメだ、と改心。
それからは普通の靴で演奏する事になって、もうすっかり身体もその事を忘れていました。

しかし、この不幸中の幸いで楽器の背丈を低くした状態が、実に懐かしく、それでいて身体の全てが記憶しているポジショニングなわけです。
この秋の一連のステージでちょっと試してみようと思うのです。
若かりし頃の身体の記憶って、物凄く滲みこんでいるみたいですね。

ついでにパーサスペンションコードもオレンジ色に張り替えました。(色はゴールドに合わせてチョイス)

お気に入りのメーカーのストックの残り二つの内の一つ。
また、探さなきゃね・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

フックでの留め方は、以前教えた秘策の通り。

クリックすると元のサイズで表示します

片方は通常の結び目を作ってフックの中で留めるやり方。フックのスプリングを利用して紐の張りを出します。

クリックすると元のサイズで表示します

もう片方はフックの先端に固定して結びます。
もしも紐が切れた場合に素早く解きほぐす事が可能で作業が捗るからです。

クリックすると元のサイズで表示します

深夜のシャコタン計画 & オレンジ張り替え作戦完了!

クリックすると元のサイズで表示します




先週までのアドバイスを少し応用してみましょう。

テンションとトライトーンの間の間隔(インターバル)に注目すると、長三度ないしは短三度となっていますね。
人間の耳には、三度の音程というのは非常に安定して響くわけです。
スケールの中から三度の位置にある音を拾って積み重ねたのが「和音」すなわちコードとなっている事からもおわかりでしょう。

自分のソロ(インプロ)に何となく説得力が欠けるとか、イマイチ割り切れていない感じがしている・・・・などの問題の多くには、このインターバルを利用する事で「解決への兆し」が見えてくる事があります。

曲は様々なので、その中でインターバルを利用する骨組みのいくつかの例を挙げてみましょう。

■ガイドラインに沿って三度のインターバルを使う

クリックすると元のサイズで表示します
(クリックで拡大/以下同じ)

ジョビンの有名曲でチャレンジ。

まずは各コードのコードスケールを割り出して、コードスケール上にあるアヴォイドノート以外の音を一定の向きに繋いでガイドラインを作る。

クリックすると元のサイズで表示します

この場合、1コードに対して1音の動きとなります。

ガイドラインに対して三度下にあるアヴォイドノート以外の音を加える。
この時はトータルして規則性のある動きに集約して音を加える(1コード2音ではない場合もある)

クリックすると元のサイズで表示します


■テンションとトライトーンのインターバルを利用する

クリックすると元のサイズで表示します

ディジー・ガレスピーのリリカルなワルツ。

先週のアドバイスを応用。
各コードのコードスケールを割り出し、アヴォイドノートとならない9th(b9thも含む)を選ぶ。b9thがアヴォイドとなる時(マイナーセブンスコード)は11thを使う。

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれの音に対して7th(b7thを含む)を加えてインターバルを作る。

クリックすると元のサイズで表示します


■ガイドラインに対して任意のインターバルを形成する

クリックすると元のサイズで表示します

ジャズスタンダードとしても親しまれるワルツ。

各コードのコードスケールを割り出してアヴォイドノート以外の音をラインで繋ぐ。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドラインに対して任意の音を選択して加える。

クリックすると元のサイズで表示します

いかがですか?
僕はこのようにイメージ設定を作りました。
みなさんもいろんな曲で試してみてください。

さぁ、インプロの入口がいくつか揃いましたね。
演奏中にこれらの音によるコードのイメージが聞こえるようになればしめたもの。

ではこれらを使ってメロディーラインに発展させてみましょう。

(つづく)



コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体!
本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!
クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【速報】  【横濱ジャズプロムナード2012】

2012年10月6日(土)〜7日(日)
横浜市内各ホール、ライブハウス、ストリート会場など連日100ステージ超、毎年10万人を超える観客で横浜の街がジャズに染まる二日間。

クリックすると元のサイズで表示します
今年は以下のプログラムで出演します。

出演日時 : 2012年10月7日(日)15:40〜16:40
出演会場 : 横浜馬車道・関内ホール(小)
  出演 : 赤松敏弘(vib) meets ハクエイ・キム(p) DUO

クリックすると元のサイズで表示します
    Toshihiro Akamatsu(vib) Hakuei Kim(piano)
昨年秋の初共演以来意気投合のデュオで今年の横濱ジャズプロムナードに登場!!
他では聴けないこの二人によるプログラムに、乞うご期待!
クリックすると元のサイズで表示します

全日程・全会場MAP他詳細情報は公式ホームページで( http://jazzpro.jp/ )

前売り券(フリーパス)
●シングル券 ¥4,000(税込)一日券1名様分
●ダブル券 ¥7,500(税込)一日券2名様分または二日券1名様分

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【速報】 松山『SUGAR VILLAGE 2012』

2012年 10 月 8 日 (祝・月) 
■松山市内各会場で19:00よりスタート。
 各会場50分4回ステージ(最終ステージは22:00〜)。 


出演予定時刻:午後7時00分 - 午後11時00分の間の2set

出演会場:キーストン(松山市三番町1-10-13 トキビル3F)

MATSUYAMA SUGAR VILLAGE 2012(Jazz Festival)
Toshihiro Akamatsu(vib) with Yuki Watanabe(p) Trio + 1

赤松敏弘(vib)
with 渡部由紀(p)トリオ+ 1
(吉岡英雄/b 河北洋平/ds 矢野元/g)

クリックすると元のサイズで表示します

■1 Day Pass提示で各会場出入り自由。 
■チケットには初回の会場で有効の1ドリンクチケット付き。(以降の会場では入場時に要ドリンクオーダー)
■チケットは開催店にて9月上旬より発売

クリックすると元のサイズで表示します

○出演会場: キーストン
 松山市三番町1−10−13, トキビル3F
 アクセス:伊予鉄道市内線「大街道」「勝山町」電停より徒歩5分

○料金:前売り3.000円(1 day pass) 当日3.500円

○問い:089-934-6254 (キーストン・出演会場)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【速報】  『ジャズの処方箋』(ジャズクリニック&セッション)
@ 松山・キーストン

2012年10月9日(火)午後7時30分〜午後9時30分

出演
★インストラクター/赤松敏弘(vib)
★渡部由紀(p)
★吉岡英雄(b)

料金:一般/3000円 学生/2000円
シュガービレッジ2012フリーパスと同時予約で500円引き

日頃からジャズのセッションには参加していたけど、いつもどこか自信が持てないままだった・・・
セッションでソロは演奏しているけど、実は耳コピでお茶を濁していた・・・
ジャズの演奏には興味があるけど、なかなか切っ掛けがなかった・・・

こんな人には心強い処方箋!

ジャズの演奏(アドリブ)はゲームと同じ・・・そう考えてみました。

ゲームは最初にルールを知らなければ楽しめませんね。
それと同じで、基本的なルール(つまり基礎的なコードの仕組み)を確認しながらコードの流れの中で音を出す。そこにはいろんなルールと遊び(応用)が潜んでいます。
感覚だけ磨いても、耳コピだけやっても、まったく自信を持てなかったインプロに、今夜は一つじっくりと腰を据えて、自信を付けて帰る為のお手伝い。

・参加者には課題曲(近日発表)配布
・オリジナルガイダンス“虎の巻”伝授
・早速実践、一緒にセッション!

【問い・予約】
キーストン・バー
http://www.keystonebar1991.com/
愛媛県松山市3番町1丁目10ー13 トキビル3F(八坂通りローソンの路地隣のビル)
営業時間/19:00?27:00
Tel. 089-934-6254
日曜不定休(月曜日が祝祭日の場合は営業)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドゾ、よろしく!




『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ