2012/12/27

ここだけの2012ヒットチャート・ベスト5  木曜:Jazz & Classic Library


今年も発表。
ここだけの2012ベストヒット5!

音楽配信の時代になってアルバム単位の集計以外に楽曲毎の集計を受ける事が出来る時代になりました。
自分の楽曲や演奏を記録したものにはそれぞれに強い想いが込められているので優劣はつけられませんが、御購入いただけた数を見ると、自分の想いも含めて、今、この瞬間にどのような演奏や楽曲をみなさんが好んで聞いてらっしゃるのかを共有する事で、双方向性を持った次の新しいステップが拓けて来るものです。

そんな想いも込めて、ごく少数なエリアではありますが、毎年ベスト5を発表しています。

クリックすると元のサイズで表示します
各データは2012年4クール分期にJASRACから報告された著作(分配)資料に基づいています。


それではまいりましょう!

ここだけのベストヒット5!2012・・・



クール別ベスト5

[2011年10月-12月期ベスト5]2012年3月期集計
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.THE GLEANER (アルバム『NEXT DOOR』2000年ベガより発売)
2.SILENT BUTLER (アルバム『AXIS』2010年ベガより発売)
3.FAIRY OF FOREST (アルバム『SIX INTENTIONS』2002年TBMより発売/2007年ベガより再発)
4.OVER AGAIN (アルバム『AXIS』2010年ベガより発売)
5.NOSTALGIA (アルバム『FOCUS LIGHTS』2005年ベガより発売)

クリックすると元のサイズで表示します
当期配信ベスト1“The Gleaner”収録アルバム『NEXT DOOR』(VMEより発売中)


[2012年1月-3月期ベスト5]2012年6月期集計
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.NOSTALGIA (アルバム『FOCUS LIGHTS』2005年ベガより発売)
2.RING (アルバム『FOCUS LIGHTS』2005年ベガより発売)
3.CHANNEL OCTOBER (アルバム『STREAM OF LIFE』2008年ベガより発売)
.EMPTY PROPHET (アルバム『TIDE GRAPH』2007年ベガより発売)
5.CLOSE ON TAIL (アルバム『NEXT DOOR』2000年ベガより発売)

クリックすると元のサイズで表示します
当期配信ベスト1“Nostalgia”収録アルバム『FOCUS LIGHTS』(VMEより発売中)



[2012年4月-6月期ベスト5]2012年9月期集計
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.FRAME OF CIRCLE (アルバム『FOCUS LIGHTS』2005年ベガより発売)
2.CHANNEL OCTOBER (アルバム『STREAM OF LIFE』2008年ベガより発売)
3.LAST STUDENT (アルバム『SIX INTENTIONS』2002年TBMより発売/2007年ベガより再発)
4.NOSTALGIA (アルバム『FOCUS LIGHTS』2005年ベガより発売)
5.JUMP AHEAD (アルバム『SIX INTENTIONS』2002年TBMより発売/2007年ベガより再発)

クリックすると元のサイズで表示します
当期配信ベスト1“Frame of Circle”収録アルバム『FOCUS LIGHTS』(VMEより発売中)



[2012年7月-9月期ベスト5]2012年12月集計
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.FAIRY OF FOREST (アルバム『SIX INTENTIONS』2002年TBMより発売/2007年ベガより再発)
2.I'VE SEEN YOUR FACE BEFORE IN MY TOUCH (アルバム『SYNERGY』2005年ベガより発売)
3.CHANNEL OCTOBER (アルバム『STREAM OF LIFE』2008年ベガより発売)
 .THE GLEANER (アルバム『NEXT DOOR』2000年ベガより発売)
5.SOUND OF FOCUS (アルバム『AXIS』2010年ベガより発売)

クリックすると元のサイズで表示します
当期配信ベスト1“Fairy of Forest”収録アルバム『SIX INTENTIONS』(VMEより発売中)



それでは、いよいよ

年間配信ベスト5の発表!!
順位は2011年度全4クール(10年10月-11年9月)の売り上げ合計。


2012 MP3's BEST 5 !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

THE GLEANER (アルバム『NEXT DOOR』2000年ベガより発売)
Member:赤松敏弘(vib)ユキ・アリマサ(p)

FAIRY OF FOREST (アルバム『SIX INTENTIONS』2002年TBMより発売/2007年ベガより再発)
Member:赤松敏弘(vib)養父貴(g)村井秀清(p)

CHANNEL OCTOBER (アルバム『STREAM OF LIFE』2008年ベガより発売)
Member:赤松敏弘(vib)養父貴(g)村上聖(b)大坂昌彦(ds)

OVER AGAIN (アルバム『AXIS』2010年ベガより発売)
Member:赤松敏弘(vib)佐藤浩一(p)澤田将弘(b)樋口広大(ds)

NOSTALGIA (アルバム『FOCUS LIGHTS』2005年ベガより発売)
Member:赤松敏弘(vib)ユキ・アリマサ(p)武田圭二(b)小山太郎(ds)


★2012年は軽快なテンポの曲。しかも6/8系強し!

MySpaceでも人気のTHE GLEANERはこの数年販売でも好調を維持。今年も年間ベストワンとなりました。皆さまの御愛顧に心から感謝!
売上的にも二位の「FAIRY OF FOREST」の約4倍強の売り上げ。二位以下は接近戦。

音楽配信全体の売り上げはクール毎の配信数の増減があるので一概には括れないものの2012年3月期と6月期(トータルすると2012年前半)は昨年よりも増加。その代わり9月は配信曲数の減少もあり減少。12月期では元の水準に戻りつつある。

今年は僕の楽曲の場合、6/8拍子傾向が強いのが特徴に。
それも軽快なテンポのイーブン・ワルツを好んで聞いていただけた。
ただ、上位2曲はドラム、ベース、レスの編成。
たぶん他では当たり前の編成とは違うものを求めて来られた方も多いのではないかと思う。
昨年の「癒し」からは少し元気が出る楽曲に好みが動いている感じがする。

もちろん僕の周りの話しだけど、ね。


さて、それでは音楽配信以外(放送使用、演奏使用、録音使用等)も含めた年間の最高殊勲曲は・・・


■2012年曲別総合売上ベスト5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

放送等で使用された楽曲の収益も含めた売上ベスト5です。
どこかで聴いているかもしれませんね。


では年間稼ぎ頭ベスト5発表!!


1『FLIP FLOP』
演奏:赤松敏弘(vib)井上信平(p)松島美紀(mar)
アルバム『SYNERGY』(2005年発売)



2『MYSTICAL INSIGHTS』
演奏:赤松敏弘(vib)市川秀男(p)鈴木良雄(b)大坂昌彦(ds)
アルバム『STREAM OF LIFE』(2008年発売)



3『STILL ON THE AIR』
演奏:赤松敏弘(vib)村井秀清(p)平石カツミ(b)安藤正則(ds)
アルバム『STILL ON THE AIR』(2003年発売)



4『SNOB』
演奏:赤松敏弘(vib)相内勝雪(mp)
アルバム『NEXT DOOR』(2000年発売)



5『MELANCHOLIC GRACE』
演奏:赤松敏弘(vib)有田純弘(banj)今泉正明(p)杉山泰(kb)バカボン鈴木(b)佐藤武美(ds)
アルバム『NOE'S THE TIME WORKSHOP Vol-2』(1991年発売)


クリックすると元のサイズで表示します
2012年曲別総合売上ベストワン“FLIP FLOP”収録アルバム『SYNERGY/赤松敏弘』(2005年発売)
参加ミュージシャン:赤松敏弘(vib)ユキ・アリマサ(p)村井秀清(p)井上信平(fl)松島美紀(mar)
収録曲: 1.Daa Houd (C.Brown) 2.Violet Rays (T.Akamatsu) 3.I've Seen Your Face Before In My Touch (T.Akamatsu) 4.Real Life Hits (C.Bley) 5.Like Someone In Love (V.Heusen/Burke) 6.Bird Song (T.Akamatsu) 7.Sophisticated Lady (D.Ellington/arr,T.Akamatsu) 8.Redial (R.Towner) 9.Looking Back (Y.Arimasa) 10.Dolphin Dance (H.Hancock) 11.Flip Flop (T.Akamatsu)

★“FLIP FLOP”は昨年同様にテレビ(NHK)で使われていたようです。回数もかなり多いようなので決まった番組のBGMではないかと思われます。感謝です・
毎年のように書きますが、ヴィブラフォンとマリンバにピアノやフルートを加えたアンサンブルは放送に合っていると思うし、実際に“FLIP FLOP”は放送関係の人からリクエストされて作った曲の中のストックだったので、とても嬉しい。
同曲を収録したアルバム『SYNERGY』は僕にとっては初めてのベース&ドラム・レスの編成によるチェンバー・ジャズアルバムでした。
今聴いてもこのアルバムの流れ(曲順)はお気に入りで、次々に編成と音楽が変わりつつクライマックスに向かうコンセプトが成功した例だと思います。
その最終楽曲となった“Flip Flop”は「パタパタ」とか「カタカタ」という音を示す言葉なんですが、猫の目のようにコロコロと転調を繰り返す中をヴィブラフォン、フルート、マリンバが駆けまわるものです。全編に渡ってマリンバが奏でるバックグラウンドのリズムと音色がカラッと乾いた木の音で可愛らしい響きなのでフリップ・フロップとタイトルしました。

“MYSTICAL INSIGHTS”も同様2012年4月 - 6月期にテレビ(NHK)に使用されたようです。ちょっとアンニュイな曲調なのですが、軽快なテンポと合わさった感じが映像とマッチングしたのではないかと思います。

“STILL ON THE AIR”は2011年4月 - 6月期に続いて2012年4月 - 6月期に民放テレビで使われているようです。この曲が収録された2003年のアルバム『STILL ON THE AIR』の発売元(株)スリー・ブラインド・マイスはすでにSONYレコードへ統合されてオリジナルレコードの制作や販売は終了しているのですが、このようにテレビで流れてくれると嬉しいですね。現在は海外のサイトでしか購入できないアルバムです。

“SNOB”は音楽配信の時代を見越して1999年にVEGAレコードと契約し音楽ファイル・アルバムとして録音したもので、その後通常のアルバムとしてパッケージング化されました。

驚いたのが“MELANCHOLIC GRACE”。
1991年11月リリースのファンハウス(当時)のアルバムですから実に21年前の楽曲。民放ラジオや民放衛星テレビで使われているようです。
まさに、楽曲は死なず、ですね。

どちらにしても、様々な場所で自分の曲が使われているのは、大変幸せな事です。

ご購入いただいたみなさんに心から感謝!!
そして共演者、その他スタッフに感謝!な2012年のベストの発表でした。

みなさんがお好みの曲はライクインしていましたか?

来年もよろしくー!

赤松音源は以下の携帯電話着うたダウンロード・サービスで購入出来ます。
どうぞご利用くださいませー!


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ


タグ: Jazz ジャズ CD




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ