満員大盛況の店内ではいつもの面々が演奏中♪ [画像] ピアノ…" /> 謹賀新年2013年末年始日記 | 赤松敏弘Vibraphone Connection・談話室

2013/1/1

謹賀新年2013年末年始日記  ■年末年始日記


2012年の最後は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

実家のある松山で家人と一緒に近所のキーストンへ。

クリックすると元のサイズで表示します

取りあえず“お疲れさん”乾杯カクテル

満員大盛況の店内ではいつもの面々が演奏中♪

クリックすると元のサイズで表示します
ピアノ・渡部さん、ヴォーカル・山之内さん、ベース・吉岡さん、

そして吉岡さんの後方には・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
キーストン先代マスターの櫻井さんの燻し銀のようなドラム!

いろいろありますが、ジャズで一番くつろげる大人な空間で2012年に幕を閉じようとしています。
最高ですね、こういう時のジャズは。

「年末年始休みなしぶっ通しでやりますよ〜」とは、キーストン二代目マスターの石原くん。

クリックすると元のサイズで表示します
どう見ても左側がマスターに見える写真ですが、右側がキーストン二代目の石原マスター(笑)

ジャズドラマー櫻井さんの店から作曲家石原くんの店に代替わりしてもうすぐ二年。
以前のくつろげる大人な雰囲気はそのままに、石原マスターのブレーンが加わって客席も多種多様。

クリックすると元のサイズで表示します

「来年もよろしく!」乾杯カクテルで年を越しました。

12時

門松2013年門松

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しく!

クリックすると元のサイズで表示します

明けて元旦、実家(松山)で過ごすお正月とくれば恒例のこの切符で、まずは“鉄”なお正月門松
昨年秋に創立125周年を迎えたとあって、今年の“初夢きっぷ”は大盤振舞いの様相。

1000円で元旦から6日間電車・パスが乗り放題(通常は正月三ヶ日程度で600円)。
さらに、この街の人気者“坊ちゃん列車”と私鉄ターミナルデパート(高島屋)の大観覧車“くるりん”に乗車出来る上に、ちょうどターミナルデパートで開催中の鉄分多めの“鉄道博”入場料割引の特権付き。
全国で二番目に古い(東京駅が今年開業100年ですから)私鉄の面目躍如と言ったところ。

しかし・・・・・

今年は元旦からもっと鉄分が濃い様相。。。

今年4歳になる甥っ子とデートするんだ。

これで^v^^▽^

クリックすると元のサイズで表示します

人気の“アンパンマン特急”。

せがまれて「仕方がないなぁ、、、」とか言いながら、テキパキと指定席を押さえ、しっかりとパンフレットを握りしめている僕って。。。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

家人たちからは、「絶対自分が乗りたかったんだ(笑)」と。。

いや、そんな事はない。
だって、この指定席のある車両は、シートまでアンパンマンなんだぞ。
いい歳をした大人が喜ぶはずがないじゃないか!

しかもだぞ、一編成の中に16席しかない特別なシートなんだぞ。
いい歳をした大人が喜ぶはずがないじゃないか!

さらに、そのアンパンマンシートのある車両は天井も床も壁もアンパンマンだらけなんだぞ。
いい歳をした大人が喜ぶはずがないじゃないか!

ただ、、、どんな事になっているのか、かなり興味は・・・ある(爆)

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、、、、職業柄、、、
鉄を叩いてナンボの世界にいるから、鉄に興味は・・・・

普通よりもちょっぴり多いかも・・・しれない。。。

そんな、こんなで、今年も鉄分多めに始まりそうです。

どうぞこちらの鉄分多めの仕事振りも宜しくです。

★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
Macで編集してアップすると最大10分という制約が適用されてしまうので途中までです。
反応を見ていづれフルバージョンも。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ
タグ: 小旅行  帰省




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ