2013/4/30

山と言えば・・・・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


連休はいかがお過ごしですか。
前半は比較的天候が安定、後半はやや崩れ気味のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

連休直前の移動寸景。

浅間山です。

クリックすると元のサイズで表示します

途中の小布施PAで休憩中のショット。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ桜が咲いていました。
僕にとっては今年最後の桜でしょうね、たぶん。

クリックすると元のサイズで表示します

翌日からは大混雑が予想されるこの道の駅周辺ですが、平日とはこういうものです。
こののんびりした光景が好きです。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても桜が見事。
遠くには飯綱山、そして黒姫山でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

妙高山も見えています。

日本列島の屋根ですね。
山を眺めるのはいいですね。

よく深夜のNHKで空撮による全国の山脈の風景が流れているのですが、あれを見ていると自分が幽体離脱して空中をさまよっているような錯覚を起こしますが、気持ちいい。
もしも自分が死んだら、こんな風に空気中を意識が自由に飛びまわれたら・・・な〜んて思ってしまいますね。
っえ? ヘンですか?

山と言えば・・・・!

クリックすると元のサイズで表示します

ソフトクリーム。

もう定番です。

何処の山を見てもソフトクリームが食べたくなります。

そして、山とコラボするのです。

クリックすると元のサイズで表示します

ど〜よ!

それにしてもこの日はおだやかな陽射し。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてエアーリッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します

たぶん、今日とかは、この画が信じられないくらいの人出でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

僕らは昔から休日よりも平日の移動や旅行が多いですから、渋滞や混雑が大嫌いなのですが、驚く事に昔ファンのOLの人達と話していたら、その渋滞や混雑が無ければ「出掛けている気がしないので気持ちが盛り上がれないかも・・・」と!

みんなが同じ方向にドパーッと雪崩れて行く様がみんな一緒で楽しい、となるのだそうで、僕なんかはにわかに信じられませんが、その話しをすると「わからなくもない」という人もいます。

どんだけ寂しがり屋なんだろ?
僕は街っ子ですが、確かに小学校の頃は週末とか街に集まる人の喧騒が大好きでしたが、中学くらいから人混みは遠くから眺めるものだ、と思うようになりました。

っあ、でも、街ブラ好きなのは、やはり人混みが好きなのかもしれません。
そう言えば、小学校の頃、夏休みに郊外のお爺ちゃんちに泊りに行ったら、夜中にずーっとカエルの鳴き声がしていて眠れませんでした。いえいえ、カエルが気持ち悪いとかそういうんじゃないんです。僕の実家の周りは明け方まで酔っ払いとパトカーのサイレンが連日鳴りやみませんから。
カエルが鳴きやむ瞬間に辺りが“シーン”とするのです。
するとその“シーン”という無音に耳が行ってしまい、再びカエルが一匹鳴き出すとあちこちで鳴き始めるというのの繰り返しで、結局一睡も出来ませんでした(笑)

ただ、今はそれとこれとは別になっちゃったんですね。

千差万別。

クリックすると元のサイズで表示します

と、言うか、誰もいないその景色を“知っちゃった”んです。

学校とかある時期は毎日朝になると学校に行くのが当たり前で、その間の街の様子など知る由もありませんでしたね。夏休みとか、休日とかとは違う、まったく未知の空気感とでも言いましょうか。

すると、この道路に車や人が溢れているのを「基」とするなら、この景色は「ありえない」光景。

クリックすると元のサイズで表示します

たぶん、そうやって学校から会社に入った人は、そんな感覚のままなんでしょう。

僕らは、言わば、学校を風邪かなんかで休んで病院に行く時に見掛けた普段知らない街の表情の中で生きる事になったようなものなので、その感覚を“知ってしまった”わけです。

山です。

クリックすると元のサイズで表示します

たぶん黒姫山。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりね。
黒姫高原だもの。

クリックすると元のサイズで表示します

ここを通るのはちょうど二年振りですね。
あの東日本大震災の年のなんとも言えない気持ちの中で観た黒姫山と自分の中では何か心境的に変っただろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

なんか全然変わってないような気がするなぁ。こうやって、ちっぽけな人間と山とが向かい合うと。

クリックすると元のサイズで表示します

山は何かを与えてくれますね。

クリックすると元のサイズで表示します

妙高山付近はまだ白い頂が連なっています。

クリックすると元のサイズで表示します

二年振りの妙高高原ですが、登山愛好者でもないのに、山を眺めて感慨深いものがありました。

人間の営みなんて、ホント、小さいものですね。

連休でお出かけの方は安全運転で!






★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ