2013/5/29

実にメリハリが利いてバランスの取れた味  水曜:これは好物!


ヴィブラフォンを車に積んで移動する時は仕方が無いとしても、手ぶらで移動できる時はお世話になりっ放し・・・

やっぱりコレですよ。

駅弁!

クリックすると元のサイズで表示します
『キングサーモン弁当』秋田駅・関根屋製http://www.sekineya.jp/

こんなにコンパクトなパッケージながら、その土地の風味がいっぱい詰まってます。

JR秋田駅は駅弁の業者も多く、全国の駅の中でも駅弁のレベルが高い駅だと思っています。
特に業者が複数存在する地方の駅は珍しくなりつつある中で、大手の日本レストランエンタープライズを相手に老舗も切磋琢磨している様子が頼もしい限り。

でも、

あれ?

秋田でサーモン?

日本海のこの地方だと新潟県の村上がサーモン、鮭では昔から有名。

切磋琢磨と誉め湛えているのになんか肩すかしか?

秋田で食べて記憶に残っている味と言えば、僕はきりたんぽやだまっこ鍋が浮かぶが、駅弁だとやっぱり比内地鶏系の駅弁かなぁ。
最近は隣りの岩手県とのコラボで「いわて短角和牛弁当」が記憶に残っているが、サーモンは予想外。

珍しい。
これまでに何度も取り上げた関根屋の駅弁だから・・・・・と信頼して買ってみたら・・・・

はい、こんな感じ!

クリックすると元のサイズで表示します

失礼、

改めて、こんな感じ!

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、予想通りと言うか、キングサーモン弁当でこれ以外のレイアウトがあったら教えてほしいほど定番中の定番といった見た目です。

注目すべきはサイドディッシュ。
なぜなら、ここに地方色が凝縮されるからです。

クリックすると元のサイズで表示します

関根屋の卵焼きは軽く甘めで美味しい。
注目すべきはその下に見える・・・

クリックすると元のサイズで表示します

牛蒡煮と並んで秋田のソウルフードと呼べる“いぶりがっこ”
こんなものがサラリと弁当に入っているところが駅弁の魅力だ。
平たく言えば漬物の燻製と言えばイメージできるだろうか。
これがいろいろあって、ショッパイのやら濃いのやら・・・
でもこの関根屋の人参の“いぶりがっこ”はよそ者の僕らでも美味しいと思う味付け。
時に本物過ぎてギブアップな〜んて名物もあるけど、これは食べやすくてウマイ。

クリックすると元のサイズで表示します

メインの周囲に特徴あるサイドディッシュが配置されていて楽しい。
“しそ若布”“野沢菜ちりめん”・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いくらの醤油漬けも・・・

さて、メインのキングサーモンは如何に?

クリックすると元のサイズで表示します

これが大満足の味と量。

クリックすると元のサイズで表示します

なんと照り焼きに仕上げているんだ。
鮭弁当も含めて、世の中には数え切れないほどの鮭・サーモン系の弁当があるが、こんなにメリハリが利いてメインもサイドも、そしてごはん(もちろんあきたこまち)との相性もバツグンな弁当は珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します

三権分立ではないが、それぞれがお互いを惹き立て合っているのだ。

あの、地味なパッケージからは想像も出来ない、食べる喜びに満ちた世界がここには広がっている。

僕は西日本生れだから東北の味にはそんなに馴染みはないのだけど、このキングサーモン弁当は文句なしにお薦めする。見た目の地味さも味わいの内だと思えばいい。
派手なパッケージに手を出して正解だった確率を思い出せ!だ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

で、

なぜ秋田でキングサーモンなの?

駅弁には時々「おしながき」や「能書き」が入っている場合もあるんだが、この駅弁には何もない。。。

疑問を抱えたままでは夜も寝れない(いや、普段夜更かしだから夜寝れないのは別にいいのだけどね)。
調べてみたら・・・

なんと、秋田を代表する漫画家矢口高雄さんの代表作「釣りキチ三平」をイメージしたシリーズものなんだと。
釣りの漫画である事は知っている。
魚の王様としてキングサーモンなんだそうな。

あれ? 魚の王様って鯛じゃなかったか?

なんかスッキリしたような、あまりピンときていないような・・・・

いいんです、美味しければ!

間違いなくお薦め。

東京駅のコンコース、駅弁屋「祭」で購入出来ますよ!








★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ