2013/6/26

ターゲットは二番目のトップ!  水曜:これは好物!


正午前、車に飛び乗り一路中央道へ。

。。。

クリックすると元のサイズで表示します

車の外気温計では30℃。
陽射しは緩いが少し蒸し蒸しする。

クリックすると元のサイズで表示します

国立・府中インターで降りる頃には急激に天候が悪化。ポツリポツリと雨まで降り出した。
雨のせいか、やたらとエアコンが効くなぁ、と思って外気温計に目をやると・・・・

ナント!

クリックすると元のサイズで表示します

22℃!@@;

つい五分前まで30℃を示していたのに。。。

本日はゴゴイチから国立音楽大学ジャズ・コースのヴィブラフォン・レッスン。
それで学校のある玉川上水を目指していたのだけど・・・

あと数百メートルというところで土砂降り

運よく校内のパーキングに停めた時に小振りとなったので一目散に校舎へ。

本日は前半が教育実習から戻ったばかりのT松嬢。なんか実習大変だったみたい。試験も近いので選曲とアナライズ。
後半はお馴染み“いくみん”こと横田郁美嬢のヴィブラフォン・トリオ実習。
こちらの実習はそんなに大変ではない(笑)

リズム・サポートは国音OBで“スター”こと三浦景星(b)と今回がお初の同じく国音OBの“サイダー”こと三矢真之(ds)。

クリックすると元のサイズで表示します
左から:三浦景星(b)横田郁美(vib)赤松(vib)三矢真之(ds)@国立音大新一号館

トリオでのインプロのやり方や、発想の転換のヒントやアドバイスなどを実践を交えながら指導。
なかなかみんな“目からウロコ”のようでした。(謎)
基本はいつも頭を柔らかく。定石にとらわれない事、ですね!

国音の帰りと言うと、とてもキケンなコース。
本日はこの後は午後五時からの予定なので時間はある。
ちょうどいつもブログを読んで興味津々の“いくみん”に「キケンな場所」を伝授する事に。
最近免許を取得したからちょっと行動範囲が広がっているようなのだ。

キケンなコースの親玉に接近。。。

ありゃりゃ?

なんか白旗ならぬ、白い看板が見えるんですケド・・・

“本日臨時休業”

ううぬ。。敵前逃亡よろしく“いくみん”の上陸を憚っているようだ。

ならば、第二のターゲットに変更。

約5分後・・・

国立駅前に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

目指す第二のターゲットは国立の洋菓子の老舗“マロニエ”。

「ここでは、この“小さいの”は絶対に外せないよ!」

まず最初に、ちょうど店頭に並んでいた“小さいの”六個を占領、もとい、購入し、2:4に分割。
要するに“いくみん”2個、僕4個。言っときますけど僕のには家人の分が入ってるからね。

この、第二の店の一番人気の商品は、僕らで終了。完売。

ギリギリ・セーフだった。

あとは任意の品物をゲットし、駅前で“いくみん”と別れた。

これで彼女もキケンなコースを日々車で流す事になるだろう・・・(笑)

本日はコレ!

クリックすると元のサイズで表示します
『洋菓子・マロニエ』国立駅前 http://www.marronnier.co.jp/

先週は浅草のオーソドックスなスイーツだったが、今週もオーソドックスなスイーツ。
いや、たまたま続いているだけですから。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今回はどんな布陣になったでしょうか?

はい、御開帳!

クリックすると元のサイズで表示します

国立はスイーツの宝庫。
その中でもこの「マロニエ」と「白十字」の老舗二軒が有名。
奇をてらわず、オーソドックスながら互いに魅力的な店だ。

その他にも本日は休みだった「Ichirin」や「レ・アントルメ国立」「菓子の木」「ポコ」など、新旧様々なスタイルのケーキ屋さんがあるキケン地帯だ。

でも、やっぱり「ココで一番」がある老舗は今日のような臨時休業の時のピンチヒッターにはうってつけ。

本日、初チャレンジは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ロールケーキ(七種のフルーツ)

クリックすると元のサイズで表示します

しっかりと七種類のフルーツを挟んでローリング。

クリックすると元のサイズで表示します

なんかこの重量感がいいんだよねー。
「こんだけ巻いてるの!」みたいなー。

老舗なら、

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりショートケーキなんてオーソドックスなものも食べてみたくなりますね。

クリックすると元のサイズで表示します

「我が店の味」的な、昔から変らないこの見た目から想像出来るそのままの味。
スポンジはロールケーキよりも粗めと、ちゃんと個別に造られているようです。
生クリームがいいねぇ。

でも、

やっぱり、

「マロニエ」と言えば!!

コレ!

クリックすると元のサイズで表示します

ミニ・シュークリーム。
これ、小さいんです。
たぶん一つじゃ足りません。

でもなぜ小さいのに人気があるか?

実は、シューに対してクリームの量が多いわけです。
だから、クリームは普通の一個分超あるのにシューが小さいから、

ついつい二個目に手が伸びるのです。

もちろん、三つ目、四つ目と進む手もあります。

まぁ、なんと言っても、このクリームが美味しい。

クリーム好きにはたまらない比率。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、それをさらに“煽る”のが、この小さなシュー生地。
こんがりと焼かれて香ばしく、その風味とクリームのコントラストが絶妙。

「マロニエ」と言えば、絶対的にこのシュークリーム。

食べて損はさせませんよ〜!

キケンですケド。





★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ