2013/9/18

フォークの背にライスを乗せて食べたくなる時・・・  水曜:これは好物!


平日の午後3時半過ぎ。
微妙なタイミングでお昼を食べるのを逃したのだけど、やはり何か食べておかなきゃ、と思ってフラフラと。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのフレンチは女性シェフ。しかし、今は南仏モードじゃない。。。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのカレーは絶品。しかし、どうも今日はカレーじゃないんだなぁ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

午前三時過ぎでもモーニング・サービス中かぁ。。。。

と、スクランブル交差点。

クリックすると元のサイズで表示します

なぁ〜んだ、コンビニかよぅ〜って?

いえいえ、そうじゃないよ。
ここでくるりと百八十度回転!!

はい。

クリックすると元のサイズで表示します

いい感じで昭和してるでしょー。

目指すはココです!

クリックすると元のサイズで表示します
『レストラン野咲』http://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38000792/

実家のある松山に滞在中は殆ど外食なので実家界隈の店に食べ飽きると、ちょっとアウェーなこの「野咲」に出没です。
実家界隈の一番町通りから、二番町通り、三番町通り、と南に下って次の千舟町通り。
このオフィス街に「野咲」はあります。

この手前には前に紹介したカレーの「キッチンライオン」、一本南側の路地には鰻の「天きん」、うどんの「ことり」「あさひ」と、昭和の松山の老舗がたくさん残っているエリア。
オフィス街だったから残っているのでしょうね。
それが証拠にこの界隈には飲み屋街がないので夜になると殆どの店が早じまい。
その代わり、午前11時に開店するとずーっと営業してくれるので、今日のように中途半端な時間帯に食事したくなった時は大変便利。

まぁ、しかし、9月とは言えまだまだ残暑厳しいこの時間帯に、この歩道をウロウロしているのは僕のように昼を食べそびれた輩か、オフィスのビジネスマンかOLさんと相場が決まっています。
大方の人は一本南側のアーケード街の湊町銀天街で避暑ですから(笑)

さぁ、久しぶりの「野咲」。

「いらっしゃいませ〜」

午後4時前でもテーブル席は空きが無く、仕方ないけど奥の座敷へ。
ランチタイムは並んでいるらしいから、老舗として定着している。

だからと言って、あくまでも敷居は低く、とにかく手作りで毎日松山ッ子の胃を満たしている。

そして、嬉しいのがこの値段。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチは480円!
たぶん、僕が高校の頃とそんなに大差ない。

これで毎日手作りで出すのだから、多少店内がボロくても誰も文句は言わない、いや、言えない。

迷う事なく特製ランチをオーダー。
前に来た時はスペシャルだったから、メニューを下から上に移動中なのだ。

ほどなくして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

このナイフとフォークを紙ナプキンで包むという、昭和の洋食屋の基本。
ちょっぴり懐かしい。
もちろん昭和の時代から高級店は左右にナイフ、フォークはセッティングされるもので、この最初の様式からこの店は「大衆指向」「高級指向」というのが判断出来た。

今のファミレスじゃ、そんな事も知らないで育つだろうなぁ。。。

そんな能書きみたいな事を思っている内に・・・

来ましたよ〜!

クリックすると元のサイズで表示します
野咲特製ランチ650円

たまらんっス

クリックすると元のサイズで表示します

さあ、ここで本題。

洋食屋で御飯を食べる時、ナイフ、フォークだと、御飯をどうやって食べますか?

クリックすると元のサイズで表示します

子供の頃、テーブルマナーとしてレストランに行った時に親からフォークの背にライスを乗せて食べる“技”を習った。
今はフォークの背にライスを乗せないで食べるのが主になった。
どちらが正しいか? なんて、ネットでも時々見掛けるが、どっちも正しい。

やっちゃいけないのはテーブルに肘をつく事と、食べる時にクチャクチャ言わさない事くらい。

ただ、僕個人の流儀としては、ジャポニカ米のライスはフォークの背に乗せて食べろ、だ。

元々西洋では米は主食じゃないから、ナイフ、フォークでの米の食べ方なんてないのだ、と親に教わった。
でも、日本の米(ジャポニカ米)は粘り気があるのでフォークの背にナイフでまとめて食べると綺麗に食べられる、というのだ。

フォークの腹にすくって食べると米の粘着質が災いして皿にへばり付いて汚くなる。そこでナイフを使ってフォークの背に乗せるスタイルが日本に定着していたわけだ。

これには納得で、その後海外で生活するに至って正しくそれを実感した。
海外の主流はインディカ米。いわゆる水分の少ない細長い米。
これが普通だからフォークの背になんか乗らない。
腹ですくってもパラパラするんだもの。

だから中華料理のチャーハンはレンゲで食べる。
あれは理に適っている。

で、

ここぞとばかりにフォークの背に御飯を乗せて食べる。
綺麗に四隅を整えて、えいや〜! とばかりに。

クリックすると元のサイズで表示します

っんまい!

おかずを切ってソースを絡めて口に運ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

っんまい!

どーよ、この日本式のナイフ、フォークの使い方。

実はコレ、英国海軍のスタイルが元なんだそうな。
食事の途中でフォークを利き手に持ちかえたりするのは御法度。
そこでこのスタイルが出来上がったとか。

対して仏蘭西流はフォークの腹はモノを載せるもので、背にモノは載せないとある。
ましてや握ったフォークを食事の途中で回転させるなんてもってのほか、とも。

っま、これはどちらも一理あるけれど、ジャポニカ米には触れていない。

だから、日本ではフォークの背にライスを乗せて食べるのがいい。

上手に乗せられるかな?

クリックすると元のサイズで表示します

っま、考えてみなさい。
主食がパンなら・・・・・・

フォークの背にパンは乗せないもの(笑)
海外のライス(インディカ米)はサラダの一部としてドレッシングに浸っているのが関の山。

さあ、フォークの背に御飯でガッツリ食べました。

と、その頃を見計らって・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

冷〜コ。
アイス・コーヒー。

松山の食文化は関西圏なので「冷コー」が主でした。
アイス・コーヒーと言うとアイスクリームの乗ったコーヒーが出て来ます。

コール・コーヒーと呼ぶ店もありました。
呼び出しコーヒーじゃなくてコールドのコール。

ジャズ喫茶もたしか「冷コー」でしたね。

いつからアイス・コーヒーなんてつまらない呼び名になってしまったのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラックなんて聞きませんよ、最初からフレッシュ入ってます。
もちろんガムシロも。

受け取ったら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

我々は、ただかき混ぜて、このコーヒー牛乳色に染めて飲むのです。

っんまい! ケドちょっぴり、っんあまい!

っま、これだけ付いての650円ですから、嬉しいのですけどね。

っもー、満足。

ご。ち。そ。う。さ。ま。で。し。た。

クリックすると元のサイズで表示します

これだけ廉価だとちゃんと紙ナプキンが備わっている店も最近は少なくなりました。
あるとないでは大違いなんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

この「野咲」のビルと隣りの蕎麦屋(そば吉)の並びも四半世紀はとっくに過ぎ半世紀に近いかもね。
僕が高校の頃、この二階はジャズ喫茶だった。
フリージャズ専門の松山一薄暗い店で「アウラ」と言った。
アート・アンサンブル・オブ・シカゴやアルバート・アイラーなんかが大音量のJBLで鳴っていた。
当時松山にはジャズ喫茶が12〜3軒あったが、さすがにフリー・ジャズ専門はココだけだった。

いや、待てよ。
「アウラ」があったのは隣のビル(既に建替えられている)だったかな?
ここには似た背格好のビルが4〜5棟並んでいたからなぁ。
まぁ、その記憶が定かではなくなるほど昔から、
「野咲」はココにある。


で、今夜は!

2013年9月18日(水)19:30〜(2 set 入替え無し)
横浜・関内エアジン
市川秀男(p)trio+赤松敏弘(vib) w/上野哲郎(b)二本柳守(ds)
です。
クリックすると元のサイズで表示します
plays ICHIKAWA's original songs!!
ピアノとヴィブラフォンのデュオやトリオ、クァルテットと変幻自在の編成でお届けします。

Live charge ¥2500+drink(¥500〜)/学割¥1500+drink(¥500〜) /高¥1000/中以下無料
http://yokohama-airegin.com/
電話・予約045-641-9191(エアジン)







【配信追加情報】2013年 9月4日(火)より


ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』の配信が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中


Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

御利用ください!




今年はトップバッターです!

クリックすると元のサイズで表示します
【横濱ジャズプロムナード2013】
2013年10月12日(土)〜13日(日)
横浜市内各ホール、ライブハウス、ストリート会場など連日100ステージ超、毎年10万人を超える観客で横浜の街がジャズに染まる二日間。

今年は以下のプログラムで出演します。
出演日時:2013年10月12日(土)12:00〜13:00
出演会場:横浜馬車道・関内ホール(小ホール)
出演:赤松敏弘(vib) meets ハクエイ・キム(p) DUO

クリックすると元のサイズで表示します
 Toshihiro Akamatsu(vib)    Hakuei Kim(piano)
好評の赤松・ハクエイDUO。今年はナンとトップバッター!
二日間のべ380ステージに及ぶ日本最大のジャズフェスティバルのスタートに是非どうぞ!
クリックすると元のサイズで表示します
横濱ジャズプロムナード2013の詳細は公式ホームページ http://jazzpro.jp/でゲット!

さらに!


今年は赤松・ハクエイDUO連発!

クリックすると元のサイズで表示します
■2013年 10 月 6日 (日)
東京・大田区(鵜の木)『アトリエひらり』
開演・午後2時30分
(開場予定:午後2時)
“赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p) DUO”

クリックすると元のサイズで表示します
○会場:東京都大田区鵜の木3-4-15 “アトリエひらり”
    東急多摩川線・鵜の木駅(改札口左へ)線路沿い徒歩8分
○料金:3.000円・完全予約制(お茶とお菓子のティータイム付き)
○問い・予約:03-5482-2838(アトリエひらり担当:つちや)


良い席はお早めに!






★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム


★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ