2013/10/1

すわ! クーデター・・・・・!?  火曜:街ぶら・街ネタ


すっかり秋の気配に包まれた平穏な金曜日の夕方。

ヴィブラフォンのレッスンで缶づめのこの日、ちょうどI嬢のレッスンが終わり20分のインターバルがあるのでパソコンでメールチェックをしていた時の事。

突然、秋の緩やかな気配を切り裂くような轟音>へ<´Д`

っな、なんだ〜?

窓の外を見ると、信じられない事に数機の戦闘機がまるで東京の空を制圧したかのように、縦横無尽に飛び交っているではないか。

唖然とした、としか表現の仕様がない。

戦争が起こる時って、なにも雲行きが怪しい時と決まっているわけではない。
こんな秋晴れの、一見平和な空の下。
戦闘機が我が物顔で飛び回っている光景が俄かに信じられなかった。

我に返ってすぐさまカメラを取り出して、戦闘機が超高速で抜けて行ったリビングの方に走る。

まだ夢を見ているのではないかと、半分は思いつつカメラを向けた先には・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながらこれは夢では無さそうだ。
明らかに普通の飛行機とは違うジェット機の異様な軌跡。。。

クリックすると元のサイズで表示します

少なくともこんな軌跡を描きながら飛べる飛行機は戦闘機しかない。

よく目を凝らしてみると、隣り街の上空をどうやら編隊を組みながら横田方面へと向かっているのがみえた。

クリックすると元のサイズで表示します

先頭に3機、やや遅れて1機、さらに後方に1機。計5機の戦闘機だ。

クリックすると元のサイズで表示します

しぱらくすると先頭に4機、後方に1機の編隊を組んで飛んで行った。

戦争か? それともクーデターか? 或いは亡命か?

いづれにしても、これは大変な事になってしまった。

事も無げに次のminemiki嬢がレッスンにやって来た。

「ねえ、さっき、物凄い飛行機みなかった?」

「っえ? 気が付きませんでした。。。」

そうか。
そうだよなぁ、まさかこの上を戦闘機が我が物顔に編隊を組んでアクロバットのような飛行をするなんて、想像もしていないもの。

取りあえずヴィブラフォンのレッスンを始めた。
その内に防災無線か何かで警戒情報が流れるだろう。
それまでは落ち着いて、平常通りに。

minemiki嬢のレッスンが終わり、次は某国防関係の弟子の予定。

「おや?」

いつもなら定時ピッタリに到着するはずなのに、まだ着いていない。。。
ううぬ。。

念のためにメールも留守電もチェック。

何もなし。

いや、そりゃそうだ。
有事となれば彼等は既に次のステージへと召集されている頃だろうし、そんな時にノコノコと一般人の僕に情報を漏らすハズがないじゃないか。

ううん、、

そうだ!

取りあえず夕方のニュースショーの時間だ。テレビをつけてみると大騒ぎに、、、、

あれ?

「じねんじょ処 麦とろ童子(わらべ) ユニーク接客と創作自然薯料理!まか不思議な店」

なんじゃそりゃ!? この有事かもしれない時に・・・・

他のチャンネルもチェックしたが平常通り?

おかしいなぁ、、

その内に15分遅れで某国防関係弟子到着。

「おい、大丈夫か!?」

「はい? なにか?」

「さっき、戦闘機が飛んでいたぞ。ヤバくないのか、この事態?」

「戦闘機?」

「編隊だ。しかも5機。クーデターかもしれん」

「あ、」

「どーした!」

「ブルーインパルス」

「ふぇ!?」

「いえ、明日国体の開会式に飛ぶって言ってました。」

「なんじゃ? そりゃ・・・」

「たぶん百里から飛んでウォームアップでしょう」

な〜んだ。

で、

「すいません、甲州街道が激混みで遅れました」

な〜んだ、偶然に偶然が重なっただけかよ〜。。。
っあ〜、びっくりした。

でも、やっぱりびっくりしますよ。
突然アクロバットのように目の前の空で戦闘機が行き交えば。。

さっき慌ててアップしたFACEBOOKに「プルーインパルスだった!」と訂正コメ。

あ〜、びっくりした。@@;

で、

その翌日の午後五時。
今度こそはその機影を写してやろうとスタンバイ。

どのタイミングで飛んでくるのかはわからないが、取りあえず中継のテレビをつけておけばいいだろう、と。

「まもなく開会です」

と、テレビのアナウンサーが告げた途端。

ゴ―ッと轟音が響き、っあ、しまった! と思う内にスタジアム上空。

デジタル放送はタイムラグがあるのを忘れていたのだ。

テレビでゴーッと言った時にはもう通過寸前。

クリックすると元のサイズで表示します

拡大すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

一方向から編隊で飛んで来て一気に広がった軌跡。
何とか機影を追ってシャッターを切るものの、あまりのスピードにズームでは追い切れていない。

クリックすると元のサイズで表示します

これの何処に?
実は左のやや上に黒い点となって・・・

拡大すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

その内の何機かは我が家上空を駆け抜け、あっと言う間に南西の空へ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

軌跡を追うとかすかに機影が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

拡大すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

たしかに5機。昨日と同じコースを辿るようだ。

南西方向から・・・

クリックすると元のサイズで表示します

隣り街上空を経て立川方面へ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ズームすると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

昨日よりも接近した編隊飛行だ。

クリックすると元のサイズで表示します

松島基地に帰るのだろう。

と、、、、、突然2機がこちらに飛んで来るぞ!

クリックすると元のサイズで表示します

別のアトラクション飛行かと思ったら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは鳥でした。たぶん、ジェット機にびっくりして低空を飛んでいたのでしょう。

さて、この日のヴィブラフォンのレッスンも終わる頃になると・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

国体の開会式をやっているスタジアムの周辺が騒がしい。

クリックすると元のサイズで表示します

上空には報道のヘリコプターが数珠つなぎに旋回しながら飛んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

夜の開会式は珍しいとか。

クリックすると元のサイズで表示します

その内にスタジアムのライトが華々しくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやら中ではライトアップしながらオリンピックカラーの仕掛け花火を上げているらしい。

突然それが大音響とともに・・・

クリックすると元のサイズで表示します

炸裂!

クリックすると元のサイズで表示します

凄い、凄い!

クリックすると元のサイズで表示します

物凄いスモーク。

クリックすると元のサイズで表示します

緩やかな秋の夜風にのって・・・

クリックすると元のサイズで表示します

流れて消えて行くのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもこの二日間、賑やかな空でした。

基地の街に比べると足元にも及びませんが、ちょっとした有事と勘違いするほどやはり平常ではない光景です。世界が平和でありますように。






【配信追加情報】2013年 9月4日(火)より


ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』の配信が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中


Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

御利用ください!




今年はトップバッターです!

クリックすると元のサイズで表示します
【横濱ジャズプロムナード2013】
2013年10月12日(土)〜13日(日)
横浜市内各ホール、ライブハウス、ストリート会場など連日100ステージ超、毎年10万人を超える観客で横浜の街がジャズに染まる二日間。

今年は以下のプログラムで出演します。
出演日時:2013年10月12日(土)12:00〜13:00
出演会場:横浜馬車道・関内ホール(小ホール)
出演:赤松敏弘(vib) meets ハクエイ・キム(p) DUO

クリックすると元のサイズで表示します
 Toshihiro Akamatsu(vib)    Hakuei Kim(piano)
好評の赤松・ハクエイDUO。今年はナンとトップバッター!
二日間のべ380ステージに及ぶ日本最大のジャズフェスティバルのスタートに是非どうぞ!
クリックすると元のサイズで表示します
横濱ジャズプロムナード2013の詳細は公式ホームページ http://jazzpro.jp/でゲット!

さらに!


今年は赤松・ハクエイDUO連発!

クリックすると元のサイズで表示します
■2013年 10 月 6日 (日)
東京・大田区(鵜の木)『アトリエひらり』
開演・午後2時30分
(開場予定:午後2時)
“赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p) DUO”

クリックすると元のサイズで表示します
○会場:東京都大田区鵜の木3-4-15 “アトリエひらり”
    東急多摩川線・鵜の木駅(改札口左へ)線路沿い徒歩8分
○料金:3.000円・完全予約制(お茶とお菓子のティータイム付き)
○問い・予約:03-5482-2838(アトリエひらり担当:つちや)


良い席はお早めに!






★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム


★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ