2013/10/2

疲れもトロ〜リと溶ける決め手は烏骨鶏・・・・中央道右往左往  水曜:これは好物!


台風が接近しているみたい。

中央道を西へ進路をとる。
すると、突然のスコール。。。

クリックすると元のサイズで表示します

晴れ男も台風には負けるか、、、と思いきや。

クリックすると元のサイズで表示します

国立・府中インターに降りる頃にはすっかり上がっている。
この間約5分の事。

完全に日本の気候は亜熱帯化したな。

クリックすると元のサイズで表示します

国立市内を通過する頃には晴れ間も見える。
晴れ男現在なり!

国立の鉄道総研の横をワクワクしながら通り過ぎて向かうのは・・・

。。。

クリックすると元のサイズで表示します

本日は国立音大。

クリックすると元のサイズで表示します

国音ジャズコース、ヴィブラフォン専攻レディース(横田さん、高松さん)と野郎たち。(笑)
本日はスタンダード“there will never be another you”でin2(インツー)の中でどのようなターゲットを設けて飽きないソロを取るか、と“soulful bill”でevenの中でどのようなグルーヴとエナジーが必要かをじっくりと検証。
ベースのサポートはOBの“ケーセー”こと三浦くん(いわゆる新三浦くん)。
ドラムのサポートは新顔の室伏くん(ごめん!間違ってたら)とジャズ科二年の“ハマショー”こと濱田くん。

みっちりと演奏して、部屋の温度も湿度もうなぎ昇り。
譜面が湿気を帯びるほどの熱気でリズムセクション入りのヴィブラフォン・レッスン終了。

さぁ、では例によって・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

第一候補は定休日なので通過

。。。

第二候補!

クリックすると元のサイズで表示します
『洋菓子店マロニエ』国立駅前http://www.marronnier.co.jp/

国立で二番目に古い洋菓子店。スイーツ激戦区を勝ち抜いて来た老舗だ。

クリックすると元のサイズで表示します

新作もあるが、やはり老舗はロングセラーのオーソドックスなスイーツが光る。

クリックすると元のサイズで表示します

以前もココで紹介しているので重複するものはザーッと。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、絶対にココで外せないのがシュー。

クリックすると元のサイズで表示します

小振りなミニシュークリームなのだけど、その小振りなシューに対して溢れんばかり(いや、実際には溢れてせり上がっているのだけどね)のクリーム、これが実にウマイ!

小振りだから確実に一人二個は行く。

クリックすると元のサイズで表示します

和栗のモンブラン。
昨年の伊予中山栗のモンブランで紹介済み。
和栗独特の風味が生きててクリームがっつりなのにヘヴィーに感じない。

この二つの危険なスイーツに加えて・・・・・

今回お初!

クリックすると元のサイズで表示します
『東京烏骨鶏使用ふわとろプリン』国立マロニエ製

烏骨鶏というワードも、ふわとろというワードもキケン極まりない!!

では、さっそく・・・・・

というところで本日は再び出動の時間。。。

お楽しみは帰ってからだ。

クリックすると元のサイズで表示します

待ってろ! スイーツ達!

っあ、ちなみに、コレ、僕の分と家人の分です。一人で、じゃないからね。

クリックすると元のサイズで表示します

本日二度目の中央道。
今度は進路を東に取り首都高新宿線へ。

クリックすると元のサイズで表示します

午後6時台のラッシュ時というのに流れはスイスイ。

。。。。

実質値上げですっかり車が減った首都高という感じだ。

クリックすると元のサイズで表示します

西新宿ジャンクションで分岐して一気に奈落の底へ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

底へ・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

底へ・・・・・

奈落の底には・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

首都高中央環状線のトンネル。

合流してすぐさま地上に上がるランプを走ると・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

山手通り。

本日は目黒のスタジオでリハーサル。

クリックすると元のサイズで表示します

楽器を組み立て、マイクをセッティングし・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

午後6時45分スタンバイ!

クリックすると元のサイズで表示します

本日は今週末と来週末の赤松・ハクエイDuoのリハーサル。

クリックすると元のサイズで表示します
ハクエイ・キム(p) 赤松敏弘(vib) @ 目黒Vanryuji Studio

午後7時からみっちりと。
でも、若い頃のリハーサルと違って、今は間に十分な休憩を取りながらやる。
若い頃は限られた時間に最大限の内容を詰め込む風なやり方だった。
今は180度違う。
なぜなら、休憩時間にいろんな話しをすると、リハーサルでやった事が本当に頭にインプットされたかどうかがわかるのだ。

最後に“通し”のリハをする頃まで覚えていれば本番も大丈夫、そうじゃないと必ず“事故”が起きる。
予め“事故”を起こしておくものがリハーサルだ、という風に変った。

クリックすると元のサイズで表示します

作曲中の新曲を除いてほぼリハーサルが完了したのは日付も替わらんとする頃。
旅帰りで大荷物のハクエイくんを目黒駅まで乗せ、再びスタジオに戻り楽器を積み込んでオーナーの吉田さんと久しぶりの談義。

なんだかんだと話しの華が咲き誇った頃にポツリポツリと雨音。
台風って言ってたゾ。

スタジオを出て再び首都高中央環状線に入ったのだが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

誰もいない・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

すっからかん、だ。

クリックすると元のサイズで表示します

いくら深夜とは言え・・・・
ねぇ。。。

新宿線と合流するといつもの首都高に戻った。

。。。。

さて、帰宅後のお楽しみ・・・・

深夜なのでコチラを。

クリックすると元のサイズで表示します
再び登場『東京烏骨鶏使用ふわとろプリン』国立マロニエ製

別容器に添えられたカラメルソースを・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

スプーンですくってかけながらいただくのです。

クリックすると元のサイズで表示します

後になって底のほうから出て来るカラメルが、最初から好みで絡めていただけるのは素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

いやぁ〜、これはいいねぇ。

もっといっちゃいましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

すくって・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

頬張ると・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

この、ふわとろな食感と、絶妙なカラメルの甘さと香ばしさが、今日一日の疲れをトロトロに溶かしてくれるみたいです。

このプリンの旨味。

やはりこれはクリームではなく、卵。
烏骨鶏の卵の旨味なんですねぇ。

だから、奥深く、そのくせこんなに豊潤な味わいがあるのに、スッキリ。
くどくないのです。

へぇ〜、これは頑張った自分への御褒美にピッタリですねぇ。

お試しあれ!






【配信追加情報】2013年 9月4日(火)より


ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』の配信が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中


Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

御利用ください!




今年はトップバッターです!

クリックすると元のサイズで表示します
【横濱ジャズプロムナード2013】
2013年10月12日(土)〜13日(日)
横浜市内各ホール、ライブハウス、ストリート会場など連日100ステージ超、毎年10万人を超える観客で横浜の街がジャズに染まる二日間。

今年は以下のプログラムで出演します。
出演日時:2013年10月12日(土)12:00〜13:00
出演会場:横浜馬車道・関内ホール(小ホール)
出演:赤松敏弘(vib) meets ハクエイ・キム(p) DUO

クリックすると元のサイズで表示します
 Toshihiro Akamatsu(vib)    Hakuei Kim(piano)
好評の赤松・ハクエイDUO。今年はナンとトップバッター!
二日間のべ380ステージに及ぶ日本最大のジャズフェスティバルのスタートに是非どうぞ!
クリックすると元のサイズで表示します
横濱ジャズプロムナード2013の詳細は公式ホームページ http://jazzpro.jp/でゲット!

さらに!


今年は赤松・ハクエイDUO連発!

クリックすると元のサイズで表示します
■2013年 10 月 6日 (日)
東京・大田区(鵜の木)『アトリエひらり』
開演・午後2時30分
(開場予定:午後2時)
“赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p) DUO”

クリックすると元のサイズで表示します
○会場:東京都大田区鵜の木3-4-15 “アトリエひらり”
    東急多摩川線・鵜の木駅(改札口左へ)線路沿い徒歩8分
○料金:3.000円・完全予約制(お茶とお菓子のティータイム付き)
○問い・予約:03-5482-2838(アトリエひらり担当:つちや)


良い席はお早めに!






★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム


★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ