2013/10/28

物持ちはいいの? わるいの?  月曜:ちょっと舞台裏


古いファンの方から久し振りにメール。
何事かと思ったら今年の春、渋谷のライブハウス、クワトロが25周年を向かえた時の記念に発行(制作)した歴代の出演バンド名がズラリと並んだファイルだそうだ。
元のurlがあったのでネットで見れるのだろう。

渋谷のクワトロと言えばバブル景気を筆頭に日本の音楽カルチャーの殿堂だ。僕も末席に加えていただいているのだけど、まぁ、その数と歴史の長さからpdfを拡大しても一体どこにリストアップされているのやら・・・

ちょっとしたウォーリーを探せ(懐かし〜!)状態。

たぶんこのリストは出演順(初出演時基準)のようなので、順に辿ると、ああ、あった!あった!この名前のバンド! とか、ちょっとした現代音楽史気分。また当時のロックもワールドもヒップホップもジャズも新しい事を目指すバンドが混在している様は、そのバンド名を辿るだけでも興味深く、今の小さなマスとは比べ物にならないな。で、ウォーリーを探せなんてあの時期とぴったりのゲーム。僕のバンドは何処にリストアップされているでしょうか?(笑)。暇つぶしには最適ですよ〜! :-) 回答条件としては僕のバンドの次にリストアップされているバンド名を添えてね! たぶんみんなが知ってるバンドで〜す。
http://www.beeast69.com/wp-content/uploads/2013/04/25th.pdf

さて、

今年は家電系の更新年なのでしょうかねぇ。。。

エアコンに続いて今度はプリンターが怪しくなって来ました。
先月エアコンは更新したばかり。まぁ、十年超選手でしたからアチラは仕方がないとしても、プリンターは・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あっ、でも、よく考えてみるとこのプリンター、六年超選手でした。
使用頻度を考えるとよくもった部類かもしれません。
家人の部屋のプリンターよりも古いですから・・・・

僕らが一番印刷するのは譜面。
つまり五線紙。

クリックすると元のサイズで表示します

こいつがなかなかプリンター泣かせで、細い線が綺麗にプリント出来るプリンントヘッドの寿命って、意外と短いのです。
だから、他の作業、例えばテキスト印刷だとか、写真印刷などは平気でも、細い線が擦れてしまうとお役御免になってしまうのです。

そんな、、線くらい大丈夫でしょう?

いえいえ、侮ってはいけません。
五線の内の一つが擦れてしまうと言うのが、五本ある線のウチの例えば一番下だったとすると・・・

ここは普段ト音記号で「ミ」の位置なんですが「ファ」の音が書いてあるのに擦れていたらそれが「レ」に見えてしまうのですよ。
いちいち五線を何本と数えて読んでいるわけではなく、長年の感覚で線の下、上、という位置で音を覚えているので、もしも「ミ」の位置の線が消えていたら通常の「ソ」の位置の線を「ミ」と読んでしまうのです。

また、そう言う部分は神経質ですから(当たり前ですが・・・)、印刷で五線が擦れたものは全て破棄。
するとこの紙代もインクもけっこうバカにならないのですね。
信頼してプリントをスタートさせて何枚も印刷している時に席をはずして戻って来たら「あらら!?な〜んて事が勃発するのです。ちゃんと五線が綺麗に印刷されているか監視しなければならないようだと、他に何も出来なくなってしまうわけ。

何度かはヘッドクリーニングを繰り返す事で解決していましたが、さすがに最近は何度も、何度もヘッドクリーニングをする始末。
やはりプリントヘッドの寿命です。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかこのレイアウトは気に入っていたのですが、今回大更新。

課題は三つ。
現在のプリンターもまだ少しは使うつもりでセットしたい。
なるべくレイアウトは変えたくない。

そして・・・

これが一番の悩みどころなんですが、、、

クリックすると元のサイズで表示します

プリンターをA3対応にレベルアップする。

これまでのプリンターはA4対応でしたが、周辺グッズの充実度からみてもA3サイズ化は妥当な時期。
特に譜面はA3見開きが望ましいと常々思っていましたから、この時をチャンスに。

で・・・

思い立つと早いほうですから、買ってきました。A3対応プリンター。

しかし・・・

クリックすると元のサイズで表示します

これでも以前に比べるとコンパクトになりましたが、現行と比べると確実に三割肥大化間違いなし。

心配だったのは、現行のプリンターを置いている台に置けるか?

さらに、現行のプリンターを何処に置くか?

この二つの課題に頭を悩ましながら・・・・・

なんとか納めました!

クリックすると元のサイズで表示します

いや、ホント、ナントカ・・・・ギリギリ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

前のプリンターはまだまだ現役のオールド・マックのCUB専用にしました。
MACはOS9.5を境に古いデータの互換性が無くなるのでどうしてもCUBは無くせないのです。

って見ると、意外と物持ちは良い方ではないかと思えて来ましたが、どうなのでしょうね?

クリックすると元のサイズで表示します

CUBは既に12年超選手。ネットから外したら、これが軽くて実に作業が快適になったから不思議です。

そんな事言ったら、楽器は・・・・・・・、ねぇ。




★お薦めライブ情報

11月は久し振りのリユニオン。人気ピアニスト福井ともみさんのライブにゲスト出演します。お見逃しなく!

■11月20日(水)南青山・Body & Soul
Open 19:00 / 1st.20:00- / 2nd.21:45- (入替え無し)
料金3500円+od (学割あり)

クリックすると元のサイズで表示します
出演:福井ともみ(p) 俵山昌之(b) 加納樹麻(ds) ゲスト:赤松敏弘(vib)

・・ 6月のCD発売記念ライブでは当店を超満員にしたともみさん! 今回は最高のヴィブラフォン奏者、赤松さんを迎えてのステージ、また超満員か !・・(ボディー&ソウル デイリーコメント by 松本昌樹)

予約→http://www.jazz.co.jp/LiveSpot/bodyandsoul_schedule.html?num=1
又はhttp://www.bodyandsoul.co.jp/schedule/
問い・予約03-5466-3348 (ボディー&ソウル/5pm以降)






【配信追加情報】


ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』の配信が2013年9月4日より始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中


Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!






★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム


★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



2013/11/3  7:49

投稿者:あかまつとしひろ

>ricoさん、おめでとう! 一等賞です(笑)
懐かしいなー!!お元気でしたか。当時は中学校の吹奏楽部でしたね。貴女が最初に聞いてくれたアンファンからも23年ですよ。実はこの情報をくれた人も貴女と同年代で、同じように当時中学の吹奏楽部で先輩からこれを聞けといわれてアンファンを手にした人でした。多いのですよ、意外と当時の中高生の人。ちなみにその頃の人に共通すめキーワードは「ジナラブ」。みんなそう呼んでいましたね。また時々近況を教えてくださいね。ありがとう。

2013/10/28  14:34

投稿者:rico

お久しぶりです。私も毎日拝見していますよ。
目がショボショボになりながら見つけました\(^o^)/
赤松敏弘グループで後ろは電気GROOVE。
懐かしいです。もう22年も経ちましたねー。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ