2006/11/18

不思議なゾロ目の縁  ■新・音楽体験記/留学の頃

何だか急激に寒くなって12月下旬の気温になってしまった東京ですがいかがお過ごしですか?こう寒いと身体がなかなか馴染みません。。
昨夜から曲作りに没頭してたらもうこんな時間に・・・って完全に朝です

日々いろんな事を書いてたらメールで「そろそろ留学の話の続きなど・・(笑)」と催促が、、。そういえば夏からずっと放置したまんま、、、、。いきます!


前回はサード・セメスター(夏セメ)に入ったところで終わっていました。ドロボーやらややっこしい人間関係におさらばして郊外のNEWTONに引っ越して心機一転。
100%音楽に没頭する体勢が整いました。

バークリーでは1学期の間にリサイタルをリーダーで1回開く事が出来ました。これはアンサンブルのクラスを受講する者であればコンサート・オフィスに企画を申請して認可されれば無料で開けるものなので入学時を除いて毎回行いました。他にパフォーマンス・センターという学内のホールでもオーディション選考で年に一回リーダーのコンサートが開けましたから、こちらも初年度を除いて行いました。

ところが・・・

ナントも不思議な事に、コンサート・オフィスが決定する開催日、これがですねぇ、、、リサイタル全6回の内2回、コンサートに至っては全2回全てが・・・



ゾロ目なんです



残っているものですね、ダンボールの中から出てきました。
クリックすると元のサイズで表示します
これは学校がリサイタル用に作成した簡素なプログラム

一回目は1月14日、二回目の今回は7月7日(開き直って“TANABATA”とサブタイ)、三回目は10月1日、四回目が2月15日、五回目は10月10日、六回目が1月28日。
まあ偶然でしょう、、、このくらいは。

ところが、コンサートの方は・・・
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
学校が作るコンサート用のプログラム 日付けにご注目!

ものの見事に一回目が3月3日、二回目が2月22日。100%の確率です。
まァ、月を数字に置き換えない彼等は何も驚きはしないでしょうが、こちらは「ヲイヲイ」と偶然にしちゃ出来すぎ(笑)。

そんな感じの「ゾロ目」との縁が始まったのがサード・セメスターでした。

その頃、ジャズの演奏に加えて指揮のクラスの先生からの紹介でなぜか現代曲のコンサートにも駆り出され始めました。「隣りのニューイングランド音楽院のナントカ・ビビッチ教授の指揮の下演奏しなさい」というものです。例によって学校からの指示(笑)。ニューイングランド音楽院はクラシックの学校なのでそちらでジャズの要請が掛かるとバークリーの学生が駆り出されるのです。が、、都合良くコイツは両方出来そうだ、と思われてしまったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
教会でのコンサートの様子(珍しくマリンバを演奏中)

この時もう一人マレット奏者が来るというので、誰が来るのかと思ったら・・
クリックすると元のサイズで表示します
ナント、共演相手はヴィブラフォン科の教授ヴィクター・メンドーサ氏だった(本番後の控室で)

リハの途中、マリンバで奇々怪々な現代曲をやっていると、ヴィクター氏がそっと寄って来て言った。「なァ、トシ。ここの部分はどうやって演奏してるんだ?」
「え?こうじゃないの?」
しばらく僕の手元を観察して言った。
「そうやるんだ〜!知らなかった。そんな手順!グレイト!トシ、それ僕に教えてくれ〜」
@@;
いつも陽気なヴィクター氏になぜか難しいパッセージの指導をやるハメに(笑)。逆だろー、立場が・・・
でも誤解の無いように書くけど、ヴィクター氏のラテンはスゴイ。僕らなんかの似非ラテンとは違う。なので「じゃあ交換に貴方のラテンのグルーヴを教えてくれる?(僕は彼のクラスを一度も取っていなかった)」と出したら、満面の笑みで「もちろん!」と、交渉成立。
本番でそのパッセージが出る度にヴィクター氏が目線で「左、左、右、左からね」と送ってくるので可笑しかった。

その後数回のコンサートの後スタジオで録音してこのアンサンブル・プロジェクトは終わった。

学校の仕事なのでスカラシップとの引き換えでノーギャラだろうと思っていたら、後日銀行のチェックが送られて来た。1曲100$で4曲録音したので合計400$。
これでも学生にとっては十分嬉しいギャラだった。
早速ニューベリー・ストリートのタイフード・レストラン「キング・アンド・アイ」でギャラの1割を使ってたらふくタイ料理のコースを食べて栄養補給(笑)。
留学生なのでお金はセーブしていたけど、当時自分で貰ったギャラの1割は自由に使って良し、と決めていたんだ。


おしまい



2006/11/21  8:18

投稿者:あかまつとしひろ

でもこんな我がままな人間はスカウトされても戻されます(笑)

2006/11/19  1:53

投稿者:YELL

17年前の赤松さんは…
15歳若かったら ジャニーズにスカウトされてたね。
……………… 多分 …………。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ