2006/11/27

見る人が見ると・・  月曜:ちょっと舞台裏

昨夜メールチェックしていたら、先月末にウン十年振りに共演した松山のジャズドラマー堤宏史さんが「ホームページを立ち上げた」との連絡メールを発見。

クリックすると元のサイズで表示します
10月29日@砥部・彩美画廊コンサートにて

堤さんはプロのジャズドラマーであり、またプロのマジシャンでもある。

W・B・G・O(堤宏史Home Page)

最初のページに写るカード、実はこのカードはその筋の人(別に怪しい筋じゃありませんよ、マジック界に詳しい人という意味/笑)が見ると「お、お、ぅお〜」と思わずうなづくものらしい・・・・・・その筋ではないので残念ながら解説不可能、、、。
ただでさえマジックの舞台裏はみんな興味ありますね。
だいたい「絶対に騙されないゾ」と構える人ほどアッサリとトリックにハマッてしまうようです


やはりそれぞれの筋には「見る人」が見れば・・という物がいっぱいあるんだろうなぁ。。

そんな事を思いながら今夜車で走っていたら、ふと気が付いたんです。

それは




いつ、信号機はメンテしてるんだろう?


車を運転するようになってかなりになりますが、そう言えば信号機が故障して困った経験がありません。。。。。

これだけ周りに溢れる信号機。
人の命と直結する機械だけによっぽと精度の高いパーツを使っているのでしょう。
でも、壊れない機械なんて無いのです。

そう言えば、最近信号機は表示灯の殆どが発光ダイオードのものに替わっていますが、あれも気が付かない間に取り替えられていますね。

きっと信号機業界?の人がこんなブログを読んだら、
「バッカだねぇ。夜中にソロリと取り替えてんのに決まってんだろ」
ってツッコミ入れられそうですが、、、、、

いつの間にか周りを見ると「見る人が見ないと」わからないもので溢れた社会になっているような気がします。
それぞれの舞台裏も、もう少し証してほしいものですね。

おしまい




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ