2006/4/7

手一杯!そんな時のフィンガーダンプ  金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック

毎週金曜日はVibraphoneやMarimbaをやっている人向けのお話し。金曜第三回目の今日は補足技法のフィンガー・ダンプニングのお話しです。

今日はマリンバには無いヴァイブ独自の演奏技術の中から手を使った消音(Finger Dampning)を解説します。通常演奏で多用されるマレットやダンパー・ペダルを使ったダンプニングとは少し異なるのでよ〜く観察して下さい

マリンバでもマレットを使ったダンプニング(叉はミュート)を通常の演奏で使う事が多くなりましたが、歴史的にはヴァイブがこの分野では先行しています。
ダンプニング・テクニックを世界中に広めたヴァイブ奏者としては我が師匠ゲイリー・バートン氏が筆頭に上がります。バートン氏はバークリーの学生時代にドラマー、アラン・ドーソン氏からスティック・コントロールで多大な影響を受けたと伝わりますので、このテクニックは元々パーカッションやドラムのテクニックであったとも推測されます。(アラン・ドーソン氏は今日のジャズドラマーの基礎バイブルであるルーディメント奏法を開拓した事で有名)

通常の演奏で使われるダンプニングは二本のマレットとダンパー・ペダルを組み合わせて音のエッヂをクリアーにする事で、今日では広く一般に知られるようになったテクニックですが、今日ここで紹介するフィンガー・ダンプニングは片手でダンプニングを行う時の補足的なテクニックの一つです。

このテクニックが必要とされる状態(事態)は、おおよそ次のようなものです。

・左手は伴奏をしながら同時に右手のメロディーのエッヂをクリアーにしたい
・音が跳躍していて左手でミュートするのが間に合わない

  ・・・・・・・・・・等々

要するに、マレットキーボーダー非常事態宣言 って時の隠し技って事よ


例えば、今、コードがA♭Maj7でメロディーが短い音符でD→E♭って動くとしようよ。左手や右手を使った伴奏(comping)のサウンドは響かせつつ、メロディーを弾きたい

しかしペダルを踏んだままメロディー(D→E♭)を弾くと半音で音が濁って、ちょっとアンタ、そのセンス「どうよ」って状態になる時。
しかもペダルを上げる(消音する)と鳴らしている伴奏も一緒に消えてしまう・・・・


・・・・・・トホホ、


そんな時にこのテクニックを使うと「こうよ」っていい感じに演奏出来るんだよね


まず、伴奏があると過程してペダルを踏んだまま「D」の音を弾く
クリックすると元のサイズで表示します

そのまま(ペダルは踏んだまま)「E♭」を弾く瞬間にグリップで丸くなっている指を使って「D」をミュートする

こんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します

マレットの届く範囲なら半音じゃなくてもOK

同じようにペダルを踏んだまま「F」の音を弾き
クリックすると元のサイズで表示します

ペダルはそのままで「B♭」を弾く瞬間に指で「F」を消す

こうよ
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで比較的演奏中に他のダンプニング・テクニックと組み合わせて使うと、単調なヴァイブの音色がいろんな表情を持つようになります。

もうペダルを踏みっぱなし・・・なんて事、やらなくてもいいゾ


しかし、このフィンガー・ダンプニングは基音側から派生音側への動きには有効ですが、その逆では使えないテクニック。あくまでも補足的な技術であるので、音楽的に必要である部分にしか用いないように。

また、マリンバで試した事がありますが・・・・・・・
鍵盤に段差のあるマリンバでは、失敗すると派生音側の鍵盤を「めくってナンボ」に。。。。
あくまでもヴァイブ専用のテクニックの一つです。

最後に、テクニックはテクニックの為のものじゃないゾ 
それを必要とする音楽と歌心がある時にだけ使うベシ
それを必要とする音楽の仕組みの勉強をしっかりとしなさい

おしまい



2006/4/8  2:09

投稿者:あかまつとしひろ

え〜、みなさん。明日(土)、漁って、もとい、明後日
(日)は名古屋からです。何か名古屋らしい話題をアップ
してみますね。なので、今夜の更新は明日(いや、今
夜?)までお待ち下さ〜い。アクセスに失敗したら、、、
火曜日にまとめて報告しまーす。

>YELLさん
演奏しない人が観ても写真があれば楽しんでくれるん
じゃないかな、とも思ってます。最後の一言、格言にし
ましょうか(^,^; 音からはその人の潜在的な姿が浮かび
上がってくると言いますね。お行儀の良い音だけじゃな
いから音楽は楽しいんですね。

<sa-ki-ko
大雑把なA型とは、また変ってるなぁ。。。さすがで
す。ビロビロは正確にはビロビロ〜ンだと思うけど(ど
うでもいいですが/笑)、自分に余裕が出てきたら消音に
気を配ってみると、「おおsa-ki-ko!一段と上手になっ
たねぇ」と周りから注目される。。。かも

>まっつん
おまっとーさんでした(笑)。HPや掲示板、メールなどの
テキストではなかなか表現出来なかったのでじっくり研
究してください。音を出す側は出した音がどんな風に消
えて行くのかまで精一杯気を配ってみましょう。出すだ
けとは別の世界が開けてくるよ

http://members.aol.com/vibstation/vib-info.index.html

2006/4/8  0:56

投稿者:YELL

毎週金曜日の記事は、楽器を奏ってない私はサラサラ
サラッと読んじゃうんですが 毎回最後の一言な響き
ます。
テクだけにはしったハートの無い音は、確かに聴き易
いけれど通り抜けて行くだけです。
私がそう感じるミュージシャン、何人かいますよ。

http://blogs.yahoo.co.jp/yell0045nann

2006/4/8  0:39

投稿者:sa-ki-ko

勉強になりますです!
おおざっぱで 細かい事を気にしないA型の私は
細かい消音処理の事を気にせず ビロビロ弾いてしま
います。。。ビロビロ
反省反省

2006/4/7  6:57

投稿者:まっつん

ごっつぁんです!
これがわからなかったんだ
ライブで時々なにしてるんだろう?
と疑問のしぐさはこれだった!
さそ〜く今日帰ったらやろ〜っと

2006/4/7  4:23

投稿者:あかまつとしひろ

フィンガー・ダンプで書き忘れ(^^ゞ
二音を叩くのはダブルストロークと同じ感覚です。



http://members.aol.com/vibstation/vib-info.index.html


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ