2017/10/14

【本日放送】ジャズトゥナイトと【本日発売】ジャズライフ11月号、そしてタイトだけどスムース。  ■Produce Notes レコーディングルポ

【本日放送】
本日午後11時からのNHK-FM【ジャズ・トゥナイト】(ナビゲーター:児山紀芳)でニューアルバム『SYNONYM(シノニム)/赤松敏弘』(9月29日発売)収録の曲が注目の二ュ―ディスク・コーナーで紹介されます。チェキラ!
クリックすると元のサイズで表示します
http://www.nhk.or.jp/radio/

【本日発売】
Jazz Life 11月号。ニューアルバム『SYNONYM(シノニム)/赤松敏弘』(9月29日発売)インタビュー掲載。お近くの書店で。チェキラ!
クリックすると元のサイズで表示します




実家(松山)ショートステイ最後の最後はマイクの前で・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
2017年10月13日(金)午後5時過ぎ @JOEU-FM(FM愛媛)にて

今回は10日(火)の夜の寝台特急で岡山へ。

クリックすると元のサイズで表示します

狭いながらも楽しい(一夜の)我が家。

クリックすると元のサイズで表示します

三ヶ月振りの寝台特急移動。やっぱりベッドに転がって寝ている内に移動出来るというのはありがたいと、つくづく思う。僕が長距離を車で移動するのを聞いて、「よっぽど運転がお好きじゃないと出来ませんよね」とおっしゃる方もいらっしゃるのだけど、その実は全く逆。運転するのが好きと言っていられるのは三時間程度まで。それを超えるとひたすらこの苦痛を早く解放する事だけしか考えていない。
なので、寝台特急に乗ると、移動中にいろいろと出来る事も楽しみになって来る。

クリックすると元のサイズで表示します
深夜に個室でシアター列車!

普段なかなか見れない動画をこの機会にまとめて観たりする絶好の場所に。
しかも個室だからプライバシーはパッチリ守られる。
この日は先日の「横濱ジャズプロムナード2017」の様子を観て過ごした。



10月11日(水)
岡山駅昼過ぎの特急「しおかぜ」号に乗る直前にFM-FUJIでオンエアーされている小川もこさんの番組【GOOD DAY】をラジコで聴く。「昼ジャズ」のコーナーにゲスト出演している。
ラジコって全国何処に居ても番組が聴けるから便利なツールだ。

クリックすると元のサイズで表示します

その昔、中学生の頃に四国の松山で真夜中になると東京のニッポン放送や文化放送、TBSラジオなどを聞いてたいた頃を思い出す。AM波は深夜になるととんでもなく遠方で聴けるのだ。太陽が昇ると徐々に聴けなくなるのだ。

っあ、って事は、この夜型人間のルーツは「長距離AM波」って!?
まぁ、ジャズにしろ、夜型生活にしろ、中学の頃にはこの街でもう今の生活の下地が揃ってたわけだ。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方松山の道後「山の手ホテル」で打ち合わせ。赤松・ハクエイのデュオツアーで11月29日にここのヴィクトリアホールで開くディナーショーの件で。主催のセイズストリートの八木さんと、ホテル担当のMさん、そしてシェフと。今回松山では道後温泉ではディナーショー・スタイル、松山市内では翌30日に老舗ジャズクラブのモンクでガッツリとライブ。二種類の違った環境で赤松・ハクエイDUOを楽しんでいただく予定だ。

道後で打ち合わせが終わると松山市内のFM愛媛に直行。ニューアルバム広報行脚でプロデューサーの吉本さんと。そう言えば昨年大変お世話になったIさんは何処へ(昨年でリタイヤすると御本人から聞かされていた)と問うと、「いますよ、ほら、あそこに!」「っえ〜っ!?」って事で早速御挨拶。なにはともあれ現役でお元気そうでよかった。

この日はそのまま局の目の前のバス停からバスに乗って滞在中にお世話になる美容室HANAVIへ言って“剪定(せんてい)”してもらう。午後6時半だ。

午後8時に実家界隈に戻り知り合いと待ち合わせて飲みに行く。
夕飯も兼ねて。途中夕方のセイズストリートの八木さん達とも合流。なんだかあちこちで打ち合わせに華が咲いている。景気の悪い時代に、決して悪いことではない。まぁ、これが個人単位から企業単位になればだけど。
結局、ガッツリとは食べれなかったので最近実家に立ち寄った時によく行く「ハノイ・カフェ」へ。深夜でもちゃんとメニューが揃っているのでいい。ここと午前四時までの中華屋か、午後11時開店の日本蕎麦屋(今のところ立ち寄るのは三軒の中から)のどれか、というパターンに。帰ると午前1時。



10月12日(木)はさすがにお昼過ぎまで寝た。
起きて母親の用事を済ませてから帰りはニューアルバム広報行脚。
来月に開催される愛媛県主催の県民文化祭でお世話になるあいテレビに御挨拶。


第三幕で高校生とのコラボと松山のヤングキャッツとの共演コーナーをいただいている(愛媛県民文化祭総合フェスティバル/2017年11月18日(土)@松山・ひめぎんホール)

全調連(全国調味料愛好者連合/架空の実在集団)名誉会員の平繁かなえさんと。このところ皆忙しくてなかなか開催されていない「定例会」は来年に入ってから是非、とのこと(なんの打ち合わせ!?/笑)、もとい、県民文化祭の事をしっかりと打ち合わせて局を後に。

クリックすると元のサイズで表示します
流線型が走る街並み(松山・一番町通り大街道電停付近)

その後は徒歩で10分の愛媛新聞社へ。松山はマスメディアが街の西側に集中しているので徒歩や自転車で回れるので便利。そのエリアまでは僕は市電を使う。

先日の紙面でニューアルバムを取り上げていただいた感謝と正式版(CD)をお届けに。今度は22日の松山・シュガービレッジ2017に出演で来るのだけど、何と、選挙とガチンコに!
報道はそっちに駆り出されてしまうので行けそうにない、と残念そうな山口デスクだった。

午後6時半、愛媛新聞社前から市電で実家界隈に戻り、ヴィブラフォンのレッスン。
午後8時からは小中学時代の幼馴染と呑みに行く。
福井、片山、高井、赤松と、街の中心部がホームの集団で大街道アーケードを闊歩。
しかし、この並びって、子供の頃にココでは無かったのに気が付いた。皆、個別に「あそこのどこそこに」という情報を交換していたのだ。個別行動主体ってことか。
おでんやで看板まで昔話に華が咲き、その足でジャズクラブ「モンク」へ行き、ライブは終わっていたのだけどここでも看板まで盛り上がって解散。午前1時。
モンクから実家までの途中にドラムの堤さんのWBGOがあるので僕はそちらに行くので店の前出別れた。
堤さんと近況報告を交換してさすがにここではソフトドリンク一杯でフィニッシュ。
ホフク前進でも帰れる距離にセブンでアイスを買うおまけ付きで帰還。午前2時。



10月13日(金)
午前7時起床。今朝は母の病院への付き添いで早起き。診断の結果、特に異常なしで気になるのであれば、とCTの予約を取って帰った。二週間後に今度はシュガービレッジで来るタイミングがあったのでそこで。

この間、ナッツプラン二ングの岡田青年から連絡が入り、それではというので帰宅の途中で待ち合わせる事に。午後1時半、来月の愛媛県・県民文化祭の打ち合わせに。



今回はメイン会場他を彼がプランニングしているので当日の流れなどを確認。セッティングに関する要望などを出して残りは今度シュガビレッジに松山に来た時に、と。

何やら今度の松山入りもバタバタな予感が漂う・・・

実家まで送ってもらい午後3時からヴィブラフォンのレッスン。
その間にFM愛媛の吉本氏から「収録一件、午後5時からいかがでしょう?」と。
もちろんOKだけど今夜は移動日。午後6時40分過ぎの「しおかぜ」号で岡山に向かう。それに乗れるかどうか・・・を打診したら「1テイクでバッチリです」と。
でもさすがに疲れてヘロヘロなので「2テイクで許してくださしい」とメッセしたら「OK」と。

午後4時30分レッスンを終え、慌ててパッキング。
なんせこの時間から電車の時間までにのんびりと荷物をまとめようと何も準備していなかったから、さぁ大変。風の便りに東京は「寒いらしい」との情報も。

念のためにとバッグに忍ばせたペラペラのジャケットを取り出し、後は着の身着のままでタクシーに飛び乗り局へ。

午後5時、スタジオ入り。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど番組を録り終えた堤さんと和田ディレクターと遭遇。
二言三言の言葉を交わすも早速収録開始に。

今回は番組用のコメント録り。

クリックすると元のサイズで表示します

なんか、自分でも慌てて来たので、喋りも慌ててる感じなので2テイク目をお願いした。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の最後になって、「アレ? ちゃんとヴィブラフォン奏者って言ってなかったっけ?」となり、やや補正版を付け足してもらう。

クリックすると元のサイズで表示します

慌てると、ホント、ダメですね。
FM愛媛さん、ありがとうございました。

予定通りに録り終えたので、ここからタクシーは距離的にも呼んでいる時間も考えると路線バスが勝ると判断。10番のバスが局の一つ向こうの通りを走っているのを知っていたのでバス停に向かう。15分毎とわかっているので電車の時間には三便の余裕。

さて、バス停に着くと・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

っお、3分ならバッチリじゃないか。今日は全てがスムース。
それにしても見事にこの三日間動けたしいろんな人に会えたなぁ。。

クリックすると元のサイズで表示します

と、暫くしてもう一度バスロケーションシステムを見ると・・・

あれ?

クリックすると元のサイズで表示します

1分伸びてる!?

まぁ、これはGPSを使ってバスの位置を特定して表示するので距離的には3分の所に居ても渋滞しているとこういう事が時々起こるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
再び3分に・・・

何も無くて、来たのか来ているのかがわからないよりは遥かに便利だが、面白いですね。

無事に松山発の特急「しおかぜ30号」に乗り、しかし乗ったと同時に疲れが一気に押し寄せて寝落ち。。。
新型の8600系で乗り心地(椅子の座り心地)も良かったせいかも。
ラッシュ時の満席で、隣りにお年寄りが座ったまでは覚えているが・・・・

気が付くと瀬戸大橋を渡り「児島」駅に着くところだったので二時間は熟睡した。

岡山で降りてやや遅めの晩御飯を駅ナカで済ませてホームに上がると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

本日の「一夜の我が家」が到着。本日は一番先頭の14号車二階25番個室。

もうここまで来るとホームのベンダーも近くには無いのでセブンで買いこんでおいた。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの「我が家セット」を済ませて、本日はスイーツで〆に。

クリックすると元のサイズで表示します

セブンシュー、たしかに美味しくなりました!

クリックすると元のサイズで表示します

寝台特急の中でのデザートタイム終了と共に御迎え・・・・・



気が付くと雨音。
なんだなんだ、これまで傘をささずに過ごしていたのに、誰か雨女でも南下しているのだろうか?(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
静岡到着午前4時40分

クリックすると元のサイズで表示します

たしかに車内に暖房が入っている。昨夜岡山を出る時は送風か冷房だった。
外は寒いのだろうね。

さぁ〜て、東京でもバタバタが待ってるか。。。。

クリックすると元のサイズで表示します
予定通りの午前7時8分、寝台特急は定刻に東京駅に到着

クリックすると元のサイズで表示します

タイトだけどスムース。
雨、みたいだけど、僕が外を歩く時は止んでいる。
来週はコレで行きましょう!



只今絶賛発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『SYNONYM/赤松敏弘』(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント/2017年9月29日発売/VGDBRZ0067/3,000円(税抜き)
クリックすると元のサイズで表示します

メンバー:赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p,moog) 市原ひかり(tp,flh,vo) 小山太郎(ds) 酒井麻生代(fl) 佐々木優樹(g) 平石カツミ(b) 須川崇志(b)

通算15作目、渾身のアルバム登場! 新メンバー参加の赤松・ハクエイ・市原のクィンテットをはじめとした様々な組み合わせで綴るオリジナルからスタンダードまで「わくわく」「どきどき」のハイパー・ジャズ。ハクエイ・キムの名曲に市原ひかりが作詞しボーカルを披露するシーンや、新人・酒井麻生代とのデュオなど、とにかく「グッとくる」凄いのを一枚に納めました!

クリックすると元のサイズで表示します
左から:佐々木優樹、酒井麻生代、小山太郎、平石カツミ 後方:赤松 @Sound City Setagaya Studio on Jun/29/2017

クリックすると元のサイズで表示します
左から:須川崇志、ハクエイ・キム、市原ひかり、小山太郎 後方:赤松 @Sound City Setagaya Studio on Jun/30/2017

曲目: (曲名をクリックすると曲毎のレコーディング・ルポにリンクします)
1.Avenue-II / comp by T.Akamatsu
2.Synonym / comp by T.Akamatsu
3.Giant Steps / comp by J.Coltrane
4.Flash of Genius / comp by T.Akamatsu
5.Six-N / comp by T.Akamatsu
6.Pleiades / comp by T.Akamatsu
7.Reminiscence / comp by Hideo Ichikawa
8.Lost in Newtown / comp by Hakuei Kim, lyrics by Hikari Ichihara
9.Baby won't you please come home / comp by C.Williams

ライナーノーツ:
児山紀芳

録音/2017年6月29日、30日 @ Sound City Setagaya Studio

店頭で売り切れの場合はお店で取り寄せ、または各ネットショップへGO!

Amazon.jp 
Disk Union
Tower Records
HMV Records
他、でどうぞ!

★CD発売記念ライブ関連
■10/7(土)15:40-横濱ジャズプロムナード2017みなとみらいホール(小)/jazz festival
出演・赤松敏弘/vibハクエイ・キム/p市原ひかり/tp須川崇志/b小山太郎/ds

満員御礼!

■11/19(日)17:30-横浜KAMOME 25-25 presents CD発売記念&ギラ・ジルカ(vo)
赤松敏弘/vib ハクエイ・キム/p 小山太郎/ds 清水昭好/b

■11/24(金)16:30- 18:00- 銀座・三越プレミアム Jazz NIGHTS/jazz event
出演・赤松敏弘/vibハクエイ・キム/p市原ひかり/tp酒井麻生代/fl須川崇志/b小山太郎/ds

2018年 NEW!
■1/8(祝・月) 15:00- (17:30終演予定) 池袋Absolute Blue CD『SYNONYM』発売記念・別撰!フロントでライブ初め!!
出演・赤松敏弘/vib ハクエイ・キム/p 市原ひかり/tp

■3/9(金)20:00-、21:30- 南青山ボディー&ソウル CD「Synonym」発売記念ライブ
出演・赤松敏弘/vib ハクエイ・キム/p 市原ひかり/tp 酒井麻生代/fl 須川崇志/b 小山太郎/ds


CD完成記念赤松敏弘(vib)ハクエイ・キム(p)Duoツアー
■11/28(火)徳島「ギャラリー花杏豆
■11/29(水)道後「山の手ホテル・ヴィクトリアホール
■11/30(木)松山「MONK
■12/1(金)新居浜「サンジェルマン
■12/2(土)広島「カワイ広島ホールpace



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現時点のわかる範囲でニューアルバムが紹介される番組を御紹介。

■10月11日(水)FM-FUJI「GOOD DAY」
DJ:小川もこ10:00〜15:54(生放送のお昼のコーナーで)
番組HP http://www.djmoko.com/radio/goodday/index.html

ありがとうございました!

■10月14日(土)23:00〜25:00NHK-FM「JAZZ TONIGHT」
DJ:児山紀芳 新譜ディスク紹介で
番組HP http://www4.nhk.or.jp/jazz/

小川もこのMO' COOL JAZZ / ゲスト赤松敏弘(vol-1)
■11月5日(日)深夜24:00〜25:00 FM富山
■11月11日(土)20:00〜20:55 FM徳島
■11月11日(土)21:00〜21:55 FM新潟
番組HP http://www.djmoko.com/radio/mocool/index.html

小川もこのMO' COOL JAZZ / ゲスト赤松敏弘(vol-2)
■11月12日(日)深夜24:00〜25:00 FM富山
■11月18日(土)20:00〜20:55 FM徳島
■11月18日(土)21:00〜21:55 FM新潟
番組HP http://www.djmoko.com/radio/mocool/index.html

また、インターネットプログラム、J.Jazz.netの今月の新譜から紹介する番組「Pick -up October」でニューアルバム『SYNONYM/赤松敏弘』から話題沸騰のLost in Newtownがオンエアー中(11月1日まで)!
ハクエイ・キムの曲に市原ひかりが作詞し、自ら歌うという誰も予測しなかったことが実現。
チェキラ!!
演奏:赤松敏弘(vib)ハクエイ・キム(p.moog)市原ひかり(tp,flh,vo)

https://www.jjazz.net/

インターネットに接続して聴けます↓




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017.10.19(木)
jazzfes&live
○赤松敏弘(vib) meets 松井優樹(fl) トーク&ライブ
18:30開演(18:00開場)
MC:2500円(飲食物持ち込み可)
場所:びぃぷらす (兵庫・加古川)
クリックすると元のサイズで表示します
ひょんなことから知り合った二人が思い出の地、加古川でトーク&ライブ。
ジャズのあんなことやこんなことや、肩肘張らずにトーク&ライブ。
後日チョロちゃん(松井のニックネーム)の番組で放送予定。
公開録音なんて堅苦しいんじゃなくて、食べ物なんか持ち寄ったりして・・・
お申し込みは trms11@gmail.com まで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017.10.20(金)
jazzfes&live
○赤松敏弘(vib) 菊池ひみこ(p) Duo
19:30開演(18:00開場)
前売り:4000円(1 drink付き) 当日:4500円
場所:After Hours (〒680-0833 鳥取県鳥取市末広温泉町401)
クリックすると元のサイズで表示します
2015年の初共演から二年。再び鳥取の地で夢の響宴が実現。
日本を代表するピアニスト&コンポーザーの菊池ひみこさんとのデュオは
スリルに満ちつつ今の時代にグッとくるひとときをお楽しみ下さい。
問い・予約 0857-29-4447(After Hours)
http://afterhours-tottori.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ヤングキャッツguest
2017年10月22日(日) 松山『シュガービレッジ2017』
出演時間・会場:19:00、21:00(各50分セット) 松山三番町・一番ガーデンカフェ
出演:赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS
昨年のシュガービレッジで好評だった松山の若手実力派が集結した新バンド・高橋直樹The YOUNG CATSとの共演を再び! 今回は彼等のデビューアルバム『First Visit』(2017年6月発売)のプロデューサー兼ゲストプレーヤーとして、CD発売記念総集編ライブに。
愛媛の未来を担う若手とのガチンコ勝負!!乞う御期待。。
クリックすると元のサイズで表示します
出演:赤松敏弘(vib)
with The YOUNG CATS
高橋直樹(b)
武田玄也(p)
河北洋平(ds)
サポート:矢野元(g)

■松山市内各会場で18:00よりスタート。各会場50分4回ステージ(最終ステージは21:00-)
○料金:前売り¥3.000(1 day pass) 当日3.500円 前売り券は開催各店舗にて発売
★★一番ガーデンカフェ/松山市三番町3-8-4
●伊予鉄道市内線大街道駅出口から徒歩約5分●
○伊予鉄道市内線市役所前(愛媛県)駅出口から徒歩約8分○
電話番号 089-948-1005(一番ガーデン)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GPSY VIBS ゲスト
2017年 10月 27日 (金) 静岡・LIFE TIME
開演・午後7時30分 (開場・午後6時00分) 料金:前売り4500円/当日5000円(共に1drink付き)
“Gipsy Vibs meets 赤松敏弘(vib)”
クリックすると元のサイズで表示します
セカンドアルバム『Tower-誕生-』(2017年7月リリース)が好評なGPSY VIBSのCD発売記念ライブの本能寺・彼等の地元静岡での公演にアルバム・プロデューサー兼ゲストプレーヤーとして参加します。
10月1日に渋谷「サラヴァ東京」で行われたレコーディング・メンバー勢揃いの東京公演(事実上彼等の東京デビュー)も好評の内に終了。いよいよ地元での凱旋公演。今、波にのっているGPSY VIBSから目が離せません! どうぞお見逃しなく!!

出演:
佐々木優樹(g)
石川裕子(marimba)
中司和芳(b)
柴田鑑(sax)
with suport : 中筋タイキ(perc)
ゲスト:
赤松敏弘(vib)

〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町 11-1 (浮月楼)TEL : 054-250-0131 E-mail : lifetime@fugetsuro.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■只今発売中!

JaZZ JAPAN 86号 (9月22日発売号)

クリックすると元のサイズで表示します

赤松敏弘インタビュー、ニューアルバム・レコードレビュー等掲載!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

全国の書店、またはネット通販で!!



★New release(参加アルバム)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★プロデュース&ゲスト参加アルバム
2017.7.26(水)発売
○『Tower -誕生-』GPSY VIBS
クリックすると元のサイズで表示します
静岡発!独自の感性でマヌーシュジャズからブログレ、コンテンポラリーなオリジナルを自在な編成で綴るジプシーヴァイブスのセカンドアルバム登場!
プロデュース&ゲストにジャズ・ヴィブラフォンの第一人者・赤松敏弘を迎え、前作のカオスな世界からより一段と洗練されたサウンドで、想像力と情感溢れるサウンドを聴かせてくれる。 (熊谷美広)

GPSY VIBS[ Tower -誕生- ]
1. 黒衣  2. 花の野 3. 蒸し暑い日の夜 4. 洗濯機 5. SNOB 6. 夜明け前 7. All or Nothing at All 8. Tower -誕生-
佐々木優樹 (ギター) 
石川裕子 (マリンバ、ヴィブラフォン) 
柴田鑑 (サックス) 
中司和芳 (ベース)
ゲスト / 赤松敏弘 (ヴィブラフォン) 
サポート / 中筋タイキ (パーカッション)
録音 Sound City Setagaya Studio 2016年11月30日&12月1日
定価 2500円 (税抜き) 
カタログナンバー GIPV-0002
発売元 MARUKE RECORDS

好評発売中! → GPSY VIBS Amazon shop

2017年8月9日配信開始!
クリックすると元のサイズで表示します

他、2017年8月9日より(株)ベガ・ミュージック・エンタテインメントからapple music、iTunes Store他で配信開始!

GPSY VIBS WEB

★プロデュース・アルバムCD発売記念ライブ(ゲスト出演)

■10/1(日)渋谷「サラヴァ東京」GPSY VIBS ゲスト

■10/27(金)静岡「ライフタイム」GPSY VIBS ゲスト


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★プロデュース&ゲスト参加アルバム
2017.6.1(木)発売
○『FIRST VISIT』高橋直樹 The YOUNG CATS

高橋直樹(Bass)・武田玄也(Piano)・河北洋平(Drums)
Support:矢野元(Guitar)
Special Guest:赤松敏弘(Vibraphone)
定価:\ 2,000(税別)
品種:CD
商品番号:NAY-001
発売日:2017/6/1
発売元:NAY RECORDS
JAN:4589743192228 

愛媛発!次代を担う若き愛媛のジャズメンが高橋直樹のもとに集結した爽快でオリジナリティに満ちたE-JAZZ。赤松敏弘プロデュース担当。

2017年6月28日より


クリックすると元のサイズで表示します 他、より好評配信中!!

高橋直樹Web

★プロデュース・アルバムCD発売記念ライブ(ゲスト出演)

■10/22(日)松山「シュガービレッジ2017」ヤングキャッツguest

■11/18(土)松山「ひめぎんホール(愛媛県民文化祭)」with ヤングキャッツ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.12.23(金)発売
○『夢の中の夢/市川秀男デュオ』 市川秀男(p)萩谷清(guit)赤松敏弘(vib)斎藤ネコ(vl)

定価:\ 3,240(税込)
品種:CD
商品番号:UPUP-2019
発売日:2016/12/23
発売元:upup ltd.
JAN:4571131981354 

ジャズピアニスト市川秀男のDuoシリーズ第二弾。萩谷清、赤松敏弘、斎藤ネコを迎えて、それぞれのために珠玉の作品を書き下ろしての、白熱した演奏を収録。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
只今来てます! 売れてます!!

2016年9月〜 出版元ヤマハ・ミュージック・メディア内管楽器打楽器/打楽器部門売上げ1位独走中

コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体! 本邦初のジャズマリンバ本!
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)

クリックすると元のサイズで表示します


レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松敏弘著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.09.23(金)発売
○『追悼 ボビー・ハッチャーソン』 構成・文:赤松敏弘 対談:赤松敏弘、藤井寛
「JaZZ JAPAN vol-74」 9月23日発売号
発売元:(株)シンコーミュージック・エンタテインルント
発行元:(株)ジャズジャパン 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)BAND最新動画・試聴

動画閲覧はこちらをクリック↓NHK横浜放送局の公式ブログに飛びます

2015年02月25日放送 スペシャル ジャズライブ(動画)
「赤松敏弘meetsハクエイ・キムwith小山太郎+生沼邦夫」

配信曲:「The Gleaner」

音源試聴はこちらをクリック


NHK横浜放送局『横浜サウンド★クルーズ』セットリスト

演奏;:赤松敏弘(ヴィブラフォン)ハクエイ・キム(ピアノ)小山太郎(ドラムス)生沼邦夫(ベース)
2015年2月25日放送

番組テーマ・・・What Am I Here For(Duke)
1. The Gleaner (by T.Akamatsu)
2. Stella by Starlight 1964 (by V.Young)
3. Pleiades (by T.Akamatsu) /赤松 ヴィブラフォン独奏
4. White Forest (by H.Kim)  /赤松・ハクエイ ヴィブラフォン+ピアノDUO
5. Sound of Focus (by T.Akamatsu)
6. E.S.P. (by W. Shorter)
アンコール1曲 (音源未収録)

NHK横浜放送局夕方の人気生番組『横浜サウンド★クルーズ』出演の時の模様です。番組ナビゲーターは柴田浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)、司会はNHK横浜放送局の佐久川智キャスター。

【聴きどころ】
華やかなオープニング・ナンバーの「The Gleaner」(動画あり)、ハクエイ・キムのスリリングな演奏が冴える「Stella by Starlight 1964」、ヴィブラフォンにしか出来ない独奏の世界を開拓する「Pleiades」など。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各紙絶賛! ニューアルバム。好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清新の気を注ぐが如くの若手とのインタープレイと聴き手の心を揺さぶる円熟のコラボレーション。ヴァイブのクールな音色の内に表現意欲の高まりを凝縮した深遠なる音の世界が秘められている【児山紀芳/ジャズジャーナリスト】

クリックすると元のサイズで表示します
『Majestic Colors/赤松敏弘』
レーベル:VME(ベガ・ミュージックエンタテイメント株式会社) VGDBRZ-0057 ¥3.000(税別) (2014年11月26日発売)

真打ち登場! ある時はトランペット、ある時はピアノ、そしてある時は自分自身と。それぞれのミッションで真打ちが登場するかのように次々とヴィブラフォンの新しい世界が展開されて行く。通算14作目のアルバムとなる「マジェスティック・カラーズ」は一粒で二度も三度も美味しい新境地のヴィブラフォン・ジャズ!!
「出色の出来、世界水準のジャズ」・・(児山紀芳/ジャズジャーナリスト)

■演奏:
赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)

■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

■2014年8月録音/クレッセントスタジオ (エンジニア:今関邦裕) マスタリング/音響ハウス(石井亘)■解説/児山紀芳

★ネットでのお求めは
Amazon.co.jp
ディスクユニオン
山野楽器
YAHOO!ショッピング
タワーレコード
セブンネットショッピング
HMV
auショッピングモール
楽天ブックス
Neowing
DeNAショッピング
TSUTAYAオンラインショッピング
価格.com
紀伊国屋書店ウェブショップ
ヨドバシ.com
DMM.com
他で好評発売中。どうぞ御利用下さい。


海外の方はコチラでどうぞ→CDJapan
『TOSHIHIRO AKAMATSU/Majestic Colors』Catalog No.VGDBRZ-57 JAN/ISBN4571131981224 (US$ 25.39)

※全国のジャズコーナーのあるCDショップでお求めになれます。お近くのCDショップでお求めの際は予約で店頭受け取りをお薦めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ジャズライフ12月号』(2014年11月14日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/四半世紀にわたって日本のジャズ・シーンを牽引してきたヴィブラフォン奏者、赤松敏弘が吹き込んだ最新アルバムは、市原ひかり(tp)、そしてハクエイ・キム(p)のそれぞれをフィーチャーした2セッション。さまざまなチャレンジやアイデアに満ちたアルバムについて、赤松敏弘が語る・・・(インタビュアー/石沢功治)

・アルバムCDレビュー/市原ひかりとハクエイ・キムという、今最も注目の若手を迎えて制作された、ヴィブラフォン奏者赤松敏弘の14枚目にあたる新作は、意欲的で刺激的な、聴き応えのある作品としてここに結実した・・・(北原英司)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................

『Jazz Japan 52号 / 2014月12月』(2014年11月21日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/我が国にもヴェテランから若手まで、多くの有能なヴァイブラフォン奏者がいるが、その中で、現在もっとも先進的であり、オリジナリティに富んでいるのが赤松敏弘だ・・・(インタビュアー/小針俊郎)

・アルバムCDレビュー/これは、いいジャズ・アルバムだ。奇をてらわず、自分の考えるジャズを瑞々しく積み上げていく様にはほれぼれ。ここには今を生きる本物のジャズ・マンがいる・・・(佐藤英輔)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................


CDジャーナル・レビュー:『Majestic Colors/赤松敏弘』
日本を代表するジャズ・ヴィブラフォン奏者の14作目。ジャズ・シーンで注目を集める市原ひかり(tp)、ハクエイ・キム(p)の二人を迎え、白熱のインタープレイを繰り広げる。ヴィブラフォンの包み込むような優しい音色とモダン・ジャズ・マナーを踏まえた作曲で、円熟したプレイを聴かせる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【只今配信中】

ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』他配信中です。どうぞご利用下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中

Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』

2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目


★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]


★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!



只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://www.au.kddi.com/mobile/service/featurephone/lismo/lismo-music/

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

チェキラ!
#ビブラフォン #ビブラホン #ヴィブラフォン #Vibraphone #ヴィブラホン #ヴァイブラフォン #ヴァイブ #ジャズバイブ #vibraharp




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ